2009/6/7

歩の手筋(4)  ゼロからの将棋初級講座

前回は、初心者の実戦に現れやすい「角」を狙う
「歩の手筋」を解説しました。
しかし、それは仕掛けた方が悪くなるという、要注意の展開でした。
今回は、そんな実戦では実現しない展開を含みにしながら
その後は、どうやって指していくのかを見ていきましょう。

それではもう一度、【例題−4図】を見てみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ここですぐに「角」を狙う、▲2四歩が成立しないのは
前回に解説した通りです。
しかしマゴマゴしていると、逆に後手に「角」を狙われてしまいます。
そこで考えられる、先手の手は4通り。

(1) ▲2六飛 ・・・飛車で「角」の頭を守る。
(2) ▲9六歩 ・・・「角」の自由度を広くする。
(3) ▲7六歩 ・・・(2)と同じ考え。
(4) ▲7八金 ・・・「角」の頭は「金」でしっかり守る。

それでは、順番に検証してみましょう。

(1)の場合 ・・・ ▲2六飛

クリックすると元のサイズで表示します

この手は、後手の狙いの△8六歩(▲同歩と取れる)を封じています。
しかし、△8六歩は封じることが出来ても
自分の方からも▲2四歩とは行けなくなっています。
というのも、先手の飛車が6段目から動くと
後手に△8六歩が生じてしまうからです。
これでは、一時的に「角」を守っただけで
利口な指し方とは云えません。

有効度・・・20ポイント

(2)の場合 ・・・ ▲9六歩

クリックすると元のサイズで表示します

この手は▲9七角の余地を作っただけで
直接は「角」の頭を守っていません。
しかし、△8六歩の牽制には有効な手段となります。
それでは、その後の進行を見てみましょう。

【検証−2図】から

△8六歩 ▲同歩 △同飛 ▲2四歩 △同歩 ▲2三歩  
【検証−2a図】


クリックすると元のサイズで表示します

▲2三歩までは、前回解説した通りです。
ここで後手も、お返しとばかりに「角」を取りに行きますが・・・。

【検証−2a図】から

△8七歩 ▲9七角  【検証−2b図】

クリックすると元のサイズで表示します

ここに来て、ようやく後手も事の重大さに気付きますが
時すでに遅しで、「角」の丸損となってしまいました。
▲9六歩は、かなり有効な手段であるのは確かですが
後手に▲2三歩の筋を消してから、△8六歩とされると
今度は△8七飛成の手を受けなければならず
イマイチの感は否めません。

有効度・・・50ポイント

(3)の場合 ・・・ ▲7六歩

クリックすると元のサイズで表示します

この手の意味は、(2)▲9六歩とほぼ同じですが
「角」を有効に使うという点では、コチラの方が勝っています。
(▲9六歩の1マスに対し、▲7六歩は5マス移動出来る)
そして△8六歩を牽制しているのは、▲9六歩と同様です。
さて先手の▲7六歩に対して
後手は(A)△3二金か、(B)△3四歩と指すことになります。

(A)3二金は、先手にいつでも狙われている▲2三歩を防いだ手。
(B)3四歩は、先手同様「角」の自由度を高める手。

(A)△3二金の場合

▲7七角  【検証−3a図】

クリックすると元のサイズで表示します

△3二金には、▲7七角がピッタリの手で
後手の狙いを封じつつ、▲2四歩の狙いも残しています。
以下は、△3四歩▲8八銀と進行しますが
変化が難しくなるので、今回は割愛します。

(B)△3四歩の場合 ・・・ 【検証−3b図】

クリックすると元のサイズで表示します

【検証−3b図】は、先手後手全くの同型となりました。
しかし、この局面はプロでも難しい局面で、常に乱戦の恐れがあり
余程、腕に自信がある人以外はあまりお勧めしません。
定跡の勉強や研究が、物を云う局面なのです。
ちなみに△3四歩に対しては、▲7八金(一番指されている)や
▲2四歩などが多いようです。

有効度・・・80ポイント

(4)の場合 ・・・ ▲7八金

クリックすると元のサイズで表示します

▲7八金は、「角」の頭を守り
「今度は▲2四歩と行くよ」という意味です。
それに対して後手も、(3)の場合を応用して
△1四歩△3四歩では、▲2四歩と指されて
更に▲2三飛成の手を受けるのでは、何をやっているのかわかりません。
とすれば、△3二金と受けるのが必然となってきます。
・・・ 【検証−4a図】

クリックすると元のサイズで表示します

ここから先手は当初の目的通り、飛車先の「歩」の交換をします。

【検証−4a図】から

▲2四歩 △同歩 ▲同飛 △2三歩 ▲2六飛  
【検証−4b図】


クリックすると元のサイズで表示します

▲2六飛と引くところでは、▲2八飛と引いて指す
プロで最近流行している手もあるところです。
しかし、プロが好む手は含みが多過ぎて
アマチュアには、理解し難いところがあります。
ここは無難に、▲2六飛と引いておきましょう。
現在▲2八飛が流行しているとは云え、以前はこの局面が
プロの主流だった一石四鳥の手なのですから。

【▲2六飛の効果】とは

(1)一歩を手持ちに出来た。
(2)飛車先の歩を消した(持ち駒にする)事によって
   後手の△3二金が動けなくなった(▲2三飛成がある)。
(3)▲2六飛と中段に構えることで、飛車の自由度が上がった。
(4)手順に、後手の△8六歩を防いでいる。

有効度・・・100ポイント

このように、プロやアマチュアで実戦例が多い【検証−4b図】までの
指し手の中に、前回解説した手筋が含まれているということが
実感出来たのではないでしょうか。
実戦上には現れない手筋というのは、沢山ありますが
何かの拍子(敵の過失によって)で盤上に現れて
「一局を制する」という例も多々あります。
手筋を沢山覚えて、その時が来るのを待ちましょう(笑)。
ちなみに今回、有効度をポイントで表しましたが、低ポイントだから
と云って、実戦では使えないということではありませんよ。
皆さんの棋力が上がってくれば、これらの手も使いこなせるようになりますから。
次回は、更に有効度の高い「歩の手筋」を解説しましょう。

それでは、次回をお楽しみに!!
1

2009/3/14

歩の手筋(3)  ゼロからの将棋初級講座

「手筋」の解説となると、部分図を使うことが多くなりますが
イマイチどのような場面で使えるのか、ピンとこないかもしれませんね。
・・・ということで、今回は今までとは目先を変えて
「こういう場面で手筋が使えますよ」という形式で、解説したいと思います。

まずは初心者同士だと、最初はこんな風に進むケースが多いようです。

初手から

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩   【例題−4図】

クリックすると元のサイズで表示します

先手が飛車先を伸ばせば、後手も負けじと飛車先を伸ばします。
すると・・・、こんな局面が出現します。

さて、ここで先手が初志貫徹と▲2四歩といくとどうなるか?

【例題−4図】から

▲2四歩 △同歩 ▲同飛   【参考−A図】

クリックすると元のサイズで表示します

第94話で登場した、【例題−2図】のような局面となり
先手成功を思わせます。

ここで後手の手番ですが、どう指すべきでしょうか?
盤面を反対に表示しますので、みなさんも考えてみて下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
(便宜上先後逆)

図を見ての通り、黙って△8七歩を打たせてはいけません。
この局面での考え方は2通り。

「角」の頭を守るのか?
それとも、こちらも強気に攻めるのか?

変化を解説すると難しくなるので、結論から云いますと
この場合は、後者が正解です。
・・・というのも、この局面は先手(実際は後手ですが)が良くなるからです。
では、どうするのか。
正解を見てみましょう。

【先後入替−A図】から

▲2四歩 △同歩 ▲2三歩  【解答−4図】

クリックすると元のサイズで表示します
(便宜上先後逆)

先に手を出した筈の後手が、先に「角」を捕られてしまいました。
これで先手がいいのですが、まだ皆さんは
「△8七歩と打てば、角を取り返せるのでは・・・」と思いますよね。
それでは、もうちょっとだけ先に進めてみましょう。

【解答−4図】から

△8七歩 ▲2二歩成 △同銀 ▲7五角  【変化−4図】

クリックすると元のサイズで表示します
(便宜上先後逆)

後手も「角」は取り返せますが
▲5三角成と先手だけ「馬」を作ることが出来ては
どちらが優勢かは、明白だと思います。

こんな風に、実戦で「角」を狙う「歩の手筋」が登場します。
この手筋を知っているのと知らないのとでは、雲泥の差ですね。
次回は【例題−4図】の局面を、もう少し掘り下げてみましょう。

それでは、次回をお楽しみに!!
0

2009/2/8

歩の手筋(2)  ゼロからの将棋初級講座

前回の終わりに出題してあった「意地悪な質問」、わかりましたか?
質問の内容も漠然としていたし、イマイチ答えを出し難かったかもしれませんね。

答えを導き出すポイントは、ヒントにも出した「取った相手の駒」です。
次の図を見て下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

これは「取った相手の駒」の利きを表した図です。
これで、ようやくわかりましたか?

そうなんです。
この2つの駒は特殊な動きをする代わりに、自分の目の前に進めない駒なのです。
(ちなみに、他の駒は全て前に進めます)
このように自分の前に進めない駒の事を、「頭の丸い駒」と呼びます。
「頭の丸い駒」は、自分の目の前に相手の駒が迫ってきても(例え歩であっても)
自分を守ることが出来ません。
これは前回の例題で、実証済みですね。
また敵の弱点を攻める事が勝負の鉄則ですので、この場合「頭の丸い駒」の頭が
攻めの糸口になるということが多いようです。
逆を云えば、この辺をうまくカバーすれば、容易に攻められたりはしないと云うことです。
ちょっと話が難しくなりましたが、「歩」と云えども「角・桂」相手なら
うまく戦果を挙げることが出来るということです。

それでは、次に進みましょう。
次の例題図を見て下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

前回の例題−1図と似たような図ですが、今度は「桂」の頭を「銀」が守っていますね。
その代り、先手の持ち駒が「歩」2枚に増えています。
一見、手の出しようがないようですが、これも「手筋」を駆使すれば戦果を得られます。
それでは、どの駒を狙うかということになりますが
やはりここでも、「頭の丸い駒」はターゲットとしては最適なのです。
どのようにするのか、見てみましょう。

まず▲3二歩と、目障りな「銀」にどいてもらいましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

これに対して△同銀△4二銀は、▲2二歩で大成功ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

これではダメなので、後手は△2二銀と逃げます。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで更に▲2三歩と、「銀」に働き掛けます。

クリックすると元のサイズで表示します

これは△同銀と取るよりありませんが、▲3一歩成で大成功です。

クリックすると元のサイズで表示します

▲3二歩▲2三歩「銀」取りに打った「歩」「叩きの歩」と呼んでいます。
この「叩きの歩」の手筋で、見事に「銀」が無力になるように誘導して
「桂」得の戦果を得ることに成功しました。
これが手筋の威力なのです。

次回からは、もっと色々な「歩の手筋」を解説していきましょう。

それでは、次回をお楽しみに!!
0

2009/2/1

女流名人位戦 次の一手  将棋いろいろ

大盤解説会には付き物の、「次の一手」のイベント。
今回も参加棋士(対局者を含め)の色紙や、非売品の「関根名人」の扇子などなど。
景品も、この規模の解説会にしては充実していたと思う。
では、その問題とはどんなものだったのか?
全3問を、ここで紹介しましょう。

( 問題1 )

先手・矢内女流名人の手番。

クリックすると元のサイズで表示します


( 問題2 )

次も、先手・矢内女流名人の手番

クリックすると元のサイズで表示します


( 問題3 )

またまた、先手・矢内名人の手番

クリックすると元のサイズで表示します


矢内女流名人になったつもりで、考えて下さい。

ちなみに、(問題1)は正解者・多数で景品は抽選(私はハズレ)。
(問題2)は正解者は1人だけ、(問題3)は正解者ゼロで景品は抽選。

答えはマスコミ報道を待てない人(笑)は、こちらでどうぞ 

                           報知新聞のホームページ
1

2009/2/1

第35期女流名人位戦第2局  将棋いろいろ

今回は、久々の将棋講座以外の更新です(肝心の講座も滞っていますが・苦笑)。

本日は棋友のお誘いで、野田市にある「関根金次郎名人記念館」に行ってきました。
・・・というのも、本日そこで「第35期アルゼ杯女流名人位戦第2局」が行われ
現地で大盤解説会も行われるからです。

「矢内理絵子女流名人」対「清水市代女流王将」

という、現在の女流棋界の黄金カードが行われるとあっては
ミーハーの私としては、黙ってはいられないというもの(大笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが会場となった関根名人記念館のある、野田市「いちいのホール」


今回の大盤解説会は、事前申し込みによる抽選を当選した100名前後の人々だけ
ということでしたが、申し込み無しで来場した人達にも機転を利かして
別室でも解説会をおこなっていたようでした。
ただ申し込み組(?)には特典があり、次の一手のイベント参加権や
更に事前抽選で、対局再開後(昼食休憩後)の対局室での観戦権と
タダの割には盛りだくさん。
対局室の観戦権は私は当たっていなかったのだが、主催側の配慮か
申し込み組は全員、対局室で観戦が許された。
更に、写真撮影は禁止であったが、ダメもとで主催者に聞いてみると
一枚だけという条件で、撮影を許可してもらった(私だけ・嬉)。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、残念なのは許可が下りると思っていなくて、慌てて撮ったので綺麗に撮れなかった(涙)。


大盤解説には、立会人「真田圭一七段」「古河彩子女流二段」のご夫妻。
また「青野照市九段」「谷川治恵女流四段」「伊藤明日香女流1級」「早水千紗女流二段」を始め、読売新聞社の西條耕一氏などが行った。
その他には、カメラマンと化していた上田初美女流二段(たぶん?)の姿も見られた。

肝心の将棋の内容は真田七段曰く、「170手に及ぶ大熱戦」ということで
形勢が二転三転どころか、指す度にコロコロ変わる女流将棋の象徴のような
内容でした。

まあ、私的には将棋の内容よりも、「生観戦」と次の一手の景品の「色紙」ゲットの方が
重要で(笑)、これだけでも遠くまで足を運んだ甲斐があったというものだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ