2009/5/12

小林製薬「グルコサミン&コラーゲン」の成分  

小林製薬「グルコサミン&コラーゲン」の主成分は、
商品名にもなっている、グルコサミンとコラーゲンです。

この二つの成分の特徴を紹介します。

@グルコサミン

グルコサミンは、もともと体内にあるものですが、
加齢とともに失われていくという特徴があります。

役割としては、軟骨や皮膚を再生させたり、
関節の炎症を抑えたり、機能を回復させたり、関節
の動きを円滑にするために欠かせないものです。

とはいうものの、グルコサミンは食物にはごく微量
しか含まれず、なかなか毎日の食事からでは、目安
とされている1日1500rまで摂取できないのが
正直なところです。

関節の痛みや、変形性関節症の方は、グルコサミンを
積極的に摂取する必要があります。

Aコラーゲン

コラーゲンは、改めて説明するまでもなく、有名な
成分ですね。

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、体のあらゆる部位に
含まれています。

役割は、細胞をつなげたり、臓器を支えたり、結合など
の重要な役割があります。

美容品などでは、さかんにコラーゲン、コラーゲンなど
と書かれているので目にすることが多いですね。

コラーゲンは、肌の弾力などにも関係してくるからだ
と思いますが、実は縁の下の力もちのような役割を
しています。

→グルコサミン&コラーゲンセットの購入はこちらから!



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ