2009/8/20

「遠い街角」で「素敵な夢を叶えましょう」  

まいど。
帰省はそれほど酷く無いのに、Uターンは必ずもみくちゃ。
こんばんは。きよせただひろです。

同級会に出てきました。
このところ、地元の旧友とはとんとご無沙汰だった。実に、20年という時間がそこには横たわっていたのである。
そうなると、容姿から雰囲気まで大変貌を遂げている人(女性は多いね)は当然大多数いるワケで、それにもまして、20年という時間は記憶を曖昧にするには十分すぎる。結果、集まったメンバーの大半の、顔と名前が合致しない。
きよせただひろ、緊張しっぱなしです。
ただ、アルコールが入ってくるとそこは無礼講、記憶力の弱さを歳のせいにして名前を聞きまくるのであった。みんな、すまんかったf^_^;
いろんな人と話したかったが、ワシの話しの濃さのせいか、一人辺りのトーク時間が長いもんで、話しが出来なかった人もいたのである。ちょっと残念。
ちなみに、いつの時代の同級会かというと、中学時代である。
…察しの良い方は(つか、ワシの作品をちゃんと読んで下さる読者、というレアな方)、もしやと思うのでは。
そう、小説「スピリット・オブ・サマー」に登場する市立北中学校のモデルになった中学校である。
きよせただひろ、他の参加者には味わえない、特殊な感慨に浸りつつ、タイトルにある2曲を熱唱したのであります。
ただし、「素敵な夢を〜」は、うろ覚えのために赤っ恥だったことも付け加えておきます( ̄○ ̄;)

追伸:昔の濃ゆい友人に見せびらかしたろうと思って、「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」を持っていったのだが、担任教師に「今も活動しているのか」と聞かれて、即座に「これです!」と差し出してしまった。
…センセ、酔っ払っちゃってたから(ワシもだが)何ですけど、あれで良かったのだろうか(^。^;)
微妙だ。
クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ