サドバビッチな詐欺師たち〜SAD-BAD-BITCH★FAKERS 

【OUT】vo.【如月アキラ】のブログ
官能妄想大暴走の夜露死苦!哀愁!

 

カレンダー

2016
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

『ハナタラシ』

ギャハッ!
遂に10月は初のブログ0回更新達成!
デトログが最近売れているので、
アチラは日刊、コチラは月刊のノリで
〜んだねぇ〜
判り易く言えば、
デトログ=東スポ コチラ=宝島みたいな・・・(笑)


後の二つはほぼ廃刊に近いDeAGOSTINI デアゴスティーニ!
其れは売れてるよ!
「・・・違うかぁ?(笑)」 by 吉田サラダ

〜んでもって
今回はバリッとDEEPでHEAVYな内容でお届けします。
嗚呼!デトログのブログが楽でいいねぇ〜
アイツ頭いいねぇ〜流石!
写メと知恵遅れのコメントでOKだもん!(爆)


では久々の猛爆サブカルブログ本編行くぜ!!!


【ハナタラシ】


クリックすると元のサイズで表示します

出ました!遂に!
VIVA!山塚アイ!
このハナタラシで反応した貴方は流石!
いい感度のアンテナ持ってますよ!
「何?其れ?オレ知らないよ?」
君はバンドマンではなく、バイト君でしょ・・・
嗚呼〜勿論世代が違えば知らなくて当然!


80年代の壊し屋!解体ロック!
・・・でも何処かで計算している
   トリッキーな天才!山塚アイ!

1983年に結成された日本のハードコアバンド。


・・・ってか、凡人には理解出来ない
犯罪と紙一重のパフォーマンス!
【ハナタラシ】のLIVEは
入場する前に誓約書を書かされる異例のLIVEスタイル!
誓約書の内容は簡単に言えば
「死んでも保障いたしませんので・・・」みたいな〜



ハナタラシ伝説の数々
* ユンボでライヴハウスの壁を壊しながら登場する。
* チェーンソーで猫の死骸を切り刻み、客席へ投げつける。
* ビール瓶をステージ上で割り、客席に投げつける。
* 金属スクラップを大量に持ち込み、チェーンソーで切る。
* チェーンソーを振り回し、誤って自分の太ももを切る。
* ガソリンを床にぶちまけ、火炎瓶を投げ込もうとする。
   止められたために未遂だが、
   山塚自身は完全に投げ込む気があった。
* 壊したライヴハウスの弁償代と称し、
  マリファナ吸い放題の入場料10万円のライヴを決行するが
  観客はゼロだった
  (この一連の行為自体がネタだったとも言われている)。
* 「当該コンサートの開演中にいかなる事故が発生し
   危害が加わろうと主催者側に何ら責任がないことを
   誓約いたします」と観客に誓約書を書かせた上で
   ライヴを行う。
* サイキックTV来日の際のフロントアクトに選ばれるが、
  ライヴ当日会場にダイナマイトを持ち込み、
  ライヴは中止となる。
* ボアダムスとして長年活動を共にする
  山本精一が店長を務めていたライブハウス、
  難波ベアーズでさえも
  ハナタラシのライブは禁止されていた。


何だかんだ言っても、山塚アイの凄いところは
楽器が弾ける訳でもなく、歌が歌える訳でもなく
何の芸があるわけでもない。
単に、普通の人がしないことを
ライブの最中に平気でしてしまうことで、
見る者を圧巻させてしまう表現者である。
コノ、山塚アイはハナタラシの後の【ボアダムス】として
世界的に海外でも有名なのである。
ある意味天才的な策士!


ホントこのな映像が手軽にPCで傍観出来る
君達は羨ましい・・・
まっ!それも良し悪しあるね!
ではでは・・・異次元空間のハナタラシの見世物小屋へ〜


HANATARASH
http://jp.youtube.com/watch?v=T3kworqbeqw&feature=related

Hanatarash - Live 1985
http://jp.youtube.com/watch?v=5qyRW_gRrZ4&feature=related

HANATARASH Live 1988
http://jp.youtube.com/watch?v=TPuf2adIwZ8&feature=related


クリックすると元のサイズで表示します
1
投稿者:如月

卵終了

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

卵終了です。
いやいや〜久しぶりのブログ更新!
気分を変えて卵終了です。


OUTの各メンバーのブログを見て
ワロタ(爆)
更新しよるばい!それぞれに・・・
デトログの更新率超UPもさることながら
デトログの姉妹系タイトル『グチログ』(笑)の
ブログネタもハイカルチャーのフェチ的な内容で
『中々、お主やるではないか!』(爆)


・・・んでもって、
昨夜、それぞれの近況報告の後
ボチボチ何らかの形でブログ更新を・・・
タイトルは決定していた。
『卵終了』(爆)


流石!グチログ!
イチハヤク、参りました!(爆)
サキコサレタ・・・
んで、予定は変更せず『卵終了』でお届け致します。


?????
何っすか?〜卵終了って・・


いや〜此処最近・・・
■‘○×▼‘@:□な感じで
色々な悪玉的不満ストレスの卵たちが
ワタクシが経営している工場から量産されていまして
その卵のパック詰めが1パック1パック急速な形で
大量生産されていて、何時でもセールOK!
の売り出し準備が出来ています。
『卵終了!”』


コノ卵カナリ、熟してます!危険です!
中からはどんな凶暴な奴が産まれてくるのかは、
生産者であるワタクシも判りません。


書けば書くほど、難解になるね〜(笑)
判る範囲でそれぞれの自分にあてはめて
読んで下さい(汗)


あ〜それとは
別に新しい工場では
『善玉的サブカル卵』が計画されています。
残念な事にコチラの卵は開発中でありまして
新たな野望を目論む悪徳経営者であります。
噂では、今話題の三笠フー○と提携して
純粋汚染米100%混入の卵だとか・・・
更なる、ジャンクなサブカルロックをアナタに〜
ではでは・・・


SEE YOU NEXT!



0
投稿者:如月

【Sadie Sads 】

クリックすると元のサイズで表示します
【Sadie Sads 】

日本のインディーズ/ポジティブ・パンク史における
唯一無比の存在、【サディ・サッズ】


メタル・パーカッションを大胆に取り入れた
その無機質で硬質なインダストリアルサウンドや、
アート嗜好の強い異端的パフォーマンスは強烈な個性を放ち
何処にも属さない類を見ない独特の世界観である。


サディ・サッズは
1982年にヴォーカルのサッドを中心に結成。

サッドの創作言語による無国籍風唱法、
スライドを用い舞踏的な要素を取り入れた
ステージパフォーマンスと独特の世界観で
ファナティックな存在感で際立っていた。


邦楽?洋楽?とかそういうレベルでなく
前衛的なアート感覚の実験音楽的を奏でる
無機質で斬新な呪術的異端児【サディ・サッズ】

ビジュアル的にもカッコヨク、
クールでシュールでカッコヨカッタ!


クリックすると元のサイズで表示します
『Box With Little Doll』
Released 1985

01.Day Dream / 02.Japana / 03.Junk College / 04.W.S.D.G. / 05.L.H.O.O.Q. / 06.Glas Brugh / 07.Psi-Tech House U.N.O. / 08.Holding Eazy / 09.Ai Thought / 10.Box With Little Doll


『ボックス・ウィズ・リトル・ドール』
このアルバムの装丁の異様さと言ったらなく、
複数のデザインから成る3000枚限定の箱入り仕様、
2枚組のLPは面によって33回転と45回転が混在するという
極めて異質な当時の自主制作盤では
考えられぬ豪華さであった。


今現在、こういう貴重な映像が見られるというのは
個人的に信じられない現実である。(画像は悪いですが・・・)
ただ、2,30年前のアングラ映像が
新世代の人達にどう映るかは別として・・・
サブカル全盛の一つの貴重な欠片です。

↓【Sadie Sads 】"Angora"
http://jp.youtube.com/watch?v=NC5c_4rk0to&feature=related





1
投稿者:如月

『ALLERGY/アレルギー』

クリックすると元のサイズで表示します
【アレルギー】


前回のマダムエドワルダと甲乙つけ難い
【アレルギー】

マダム同様コアの中にもキャッチーな
シタタカナ知的な計算・・・流石!

この時点でお気づきの方も
いられるであろうが、
De+LAXのVO.宙也 が在籍したアングラ時代のポジパン!
『アレルギー』!


個人的には・・・
『アレルギー』は『De+LAX』の100倍カッコイイ!



クリックすると元のサイズで表示します
【アレルギー作用(アレルギープロセス)】
1983年4月6日発売  CITY ROCKER RECORDS

『金SIDE』
WAKE UP
インポテンツ
嘔(ゲロ)吐

『銀SIDE』
Tokyo フラストレイション
ドブネズミ
Da-Tu-La
doll OR man

2,000枚限定で、自主制作レーベルである
シティーロッカーより発売された45回転の30cmEPである。


どちらかと言えば、このアルバムは
ドロドロしたコアなアレルギー的なアルバムである。
勿論イイ!!

クリックすると元のサイズで表示します
【El Dorado(黄金郷)】
1985年4月25日発売  徳間ジャパン

『Studio Act Side』
ポーカー・フェイス・シティ
追放者
バーニング・エンジェル
エル・ドラド
ジョーカー

『Live Act Side』
Our Time
Tokyo フラストレイション
二重思考(ダブルシンク)
J.B.の夢
プラスティック・トーイ

彼ら初で最後のメジャー発売LPは、
片面が解散後のスタジオ録音作、
もう片面が1年近く前の日比谷野音ライブという
変則的なスタイルだった。
スタジオ面の各曲は、前作までと違いかなりポップな部分が
前面に押し出されており、
アレルギー解散の理由のひとつとして
CHU-YA&De-LAX結成間もない86年頃のインタビューで宙也が語っていた「もっと単純に歌が歌いたかったし、
ダンサブルな曲をやりたかった。」
という発言もうなずける。


個人的にはこのアルバムが大好きだ!
視界ゼロ的なメジャー&マイナーの境界線


宙也の存在感は勿論カッコイイのだが
アレルギーはベーシストのU子様様である。
バンドはやはりベースが底から物言う!
バンドとはベースが超大事なのだ!
バンドが生きるも死ぬもベース次第なのだ!マジで!


クリックすると元のサイズで表示します
『The Last Live at Shinjuku Loft -1984.10.27-』
2007年7月25日発売  SS RECORDINGS

このDVDは未だ購入しておらず
見ていないのである。
超見たい!!!
世の中便利になったものだ!
一昔前なら考えられないDVDである。


音楽業界も配信配信で
一生懸命で配信小僧の量産を目論む毎日に明け暮れる。

今現在,配信小僧がハビコル利便的世の中に
なって良い事もあるが悪い事も沢山あるのだ!
配信小僧は常にバーチャルセックス的なオナニストである。
『ライブはライブハウスで見ろ!このアホ共が!(怒)』
何なら、オマエのオナニー手伝って
歯立ててフェラしてやろうか?


『配信は背信行為なのである!』
巧い!座布団10枚!
円楽さんも、歌丸さんも太鼓判!


チトバカリ、話が脱線しましたが、
今日はこの辺で・・・

因みに宙也 氏は
今現在、LOOPASというBANDで活動中!
ではまた・・・


1
投稿者:如月

『MADAME EDWARDA・マダムエドワルダ』

クリックすると元のサイズで表示します
【MADAME EDWARDA・マダムエドワルダ】(Vo.ZIN)


本日も先日に引き続き、
ワタクシが18歳〜20代前半に
強烈にインスパイヤーされた
サブカルなアンダーグランドバンド紹介します。
題して
『GO!GO!ポジパン80's★JAP』(爆)


ホント、この時期
世の中、舐めてたね(汗)
頽廃的な気だるさを身にまとい病的に振る舞い
無駄に伸ばした前髪の隙間から世の中を斜め見る・・・
ファッションも悪趣味とよく言われた。
(本人は最高級のファッションつもりなのだが・・・)
そんなフザケたワタクシをつくりだしたのが
80年代のポジパンである。


当時インディーズとよく持てはやされた時期なのだが、
世間一般的にはモットモットアングラなインディーズである。


先日、紹介させてもらった、
【AUTO-MOD】が別格的ジャパニーズ・ポジパンなのだが、
その80年代のポジパンムーブメントは
AUTO-MODだけでなく、その他強烈なBANDが
表現者として異彩を放ってた。


【マダムエドワルダ】
オートモッドの次によく聴いていたのが、
【マダムエドワルダ】である。
1980年 10月結成
ジョルジュ・バタイユの作品から名づけられた
『マダムエドワルダ』〜エロティシズム文学
ボードレールやバタイユといったフランス世紀末趣味を
コンセプトニ独創的ナ世界観を放っていた。

クリックすると元のサイズで表示します
『ヒステリックな侯爵夫人』【1984年 1st Album】

INTRODUCTION
Opera
NOSFERATU
The Horror CAVE!
NOSTALGIA
Le SABBAT Trench Coat
悪の華
メッキII
White-Darkness
Never Say Good-night


クリックすると元のサイズで表示します
『LORELEI』【1985年 12inch Single】

LORELEI
ETRANGER
HELIOGABALE

クリックすると元のサイズで表示します
『La Vie En Rose』【1985年 12inch Single】

ARABIAN NIGHT
SOIREE
PAINTED BIRD


クリックすると元のサイズで表示します
『Illumine』 【1986年 Cassette Book】

混声合唱
 Carnival
 夜間飛行
 夜想曲〜ノクターン〜
 幻惑
 回転木馬〜メリーゴーラウンド〜
 青い悪魔
 大観覧車
 サーカス 恋歌〜ロマンス〜
 Le Chateau
 Honey
 コクトーの剣
 Marionette
 La Nuit
 夢想
 Emeralde


ビジュアル的にも一目見ただけで、
誰に影響させてたかがわかるよね(笑)
ケバクて知的・・・
シャンソンをロックしたような感じ〜
『美輪明宏のロック版』・・・って言えば言うだけ
オカシクなっていくね。
いや〜美輪様もリスペクトの一人なので個人的には
問題無いのですが、ジェネレーションギャップのある人達には
『オーラの泉〜の美輪さん』しかイメージされないので
伝わり難いかもね(笑)
でも、『美輪明宏のロック版』コレが一番的を得てるかも〜(笑)


当時はフランスかぶれて、ボートレール、バタイユ
読んだなぁ〜意味ワカンナカッタケド・・・
元々、ニーチェをこよなく愛するワタクシなので・・・
難解なモノには慣れています。
勿論ニーチェも完全に理解出来ません。(爆)


そんな感じでよく無意識に口ずさんでいたのは
『LORELEI〜ローレライ』だった。
今でもイイねぇ〜


とにかく、雰囲気と世界観が超カッコイイ!
今現在、マダムの音源は殆んどがアナログ版(廃盤)
中古市場(高額取引)なのだが、
2曲「PRINCESS RETA」「LOW」だけなら、
クリックすると元のサイズで表示します
『時の葬列 』オムニバス

1. 時の葬列(AUTO-MOD)
2. グラス・プラハ(SADIE SADS)
3. プリンセス・リータ(MADAME EDWARDA)
4. Kの葬列(G-SCHMITT)
5. ペアー・ドッグ(SADIE SADS)
6. カソリック(G-SCHMITT)
7. ロウ(MADAME EDWARDA)
8. ワォンダリング・チャイルド(AUTO-MOD)

で聴く事が出来ます。


ポジパンを日本で最もキャッチーな形で
輸入した功績は大きい。

残念な事に、この動画の最後のZINのインタビューの
一言で、世の中を敵にまわしてしまう。何故だ!
陰謀か?・・・そんな噂が当時囁かれていた日本の世紀末!

↓『Madame Edwarda』 - Lorelei live clip
http://jp.youtube.com/watch?v=a_pohCCBlwA&feature=related



『GO!GO!ポジパン80's★JAP』(爆)
・・・・って題して
書き出したが、マダム一色で本日はイッパイになってしまった。
次回、『GO!GO!ポジパン80's★JAP』(爆)と題して
色々なポジパン紹介します。まだまだあるのだ!(笑)
ではでは〜
5
投稿者:如月
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/11 
 
AutoPage最新お知らせ