プロフィール  

ようこそ私のブログへ


私の覚え書的なブログだったりするので
あしからず。

40歳を越え、高学生・小学生の母をしています。
毎日、気持ちにも余裕が無く後悔することも
たくさんですが、少しでもポジティブに
いたいと思っています。





0

定期受診  緑内障

受診記録も滞る日々。

2月 眼圧 右14 左15

3月 眼圧 右16 左13
ハンフリー視野検査 左の中心右上の感度がおちている
都のこと

4月 眼圧 右16 左16
眼底三次元画像検査をしました。
いわゆるOCTを行いました。

赤色が危険という網膜の状態を示すのですが、
左は4ヶ所に分けた3ヶ所が赤色。
右目は2ヶ所が赤色でした。

右目は上半分が欠損してるのでずが、下側は
見えていて左目を補っているのが自覚できます。

なのに検査上は下側も危険の結果が。
ゆくゆく進行するという予測。

眼圧は高くはないが、以前行った手術以外を考えていく
話が出ました。
眼圧が下がりすぎても失明することもあるから
視野の進行もこまめに確認して決めていくと言われました。

手術は避けたい!再就職して数日、見えてない事で
危険と感じ退職も考えていたので
色々なことがパニックになって涙が出てしまいました。

今日はいつもと違う曜日指定の診察で
待ち時間もほとんどなくすみました。

ハンフリー視野検査の中心を詳しく(2ヶ月前より
細かく見える)検査でした。

左の中心は右上の一部が欠損しているけど
他がまだ大丈夫だから視力がまだ出てると
言われました。

今日の眼圧はビックリ!
右11 左9

待ち時間少なかったからか.....
他に
思いつくのが テラヘルツ のブレスレットを
6日前からつけてること。

実にそのブレスレットをつけはじめて数日で
ひどい肩凝りが治ったのです。
冗談ではなく本当に。

テラヘルツは1秒間に1万回振動している
らしいのですが血液のめぐりがよくなって
肩凝りも消え、眼圧も下がったのかなんて
思ってしまいそうです。

どちらにしても現状維持、視野を保ちたいです。

0

点眼追加  緑内障

前回の定期受診、右眼圧14 左眼圧11
眼の痒みと充血がありパタノール点眼を出してもらいました。

1月の定期受診では右眼圧14 左眼圧12でした。

眼圧自体は落ち着いているけど、右眼の点眼を追加しておきましょうとのこと。
アイファガンが右眼追加となりました。

朝 両眼 アイファガン
  左眼 コソプト
夜 両眼 アイファガン キサラタン
  左眼 コソプト

アイファガンを追加して効果を見てコソプトもいずれ右眼に増やす予定とのこと。
充血など症状は落ちついているとのこと。
追加点眼を出してもらいました。

老眼もあり不便な日々ですが、眼圧が上がってなくて良かったです

0




AutoPage最新お知らせ