2018/4/8

気血の流れ・・・・  整体師の独り言・・

今日は朝からお天気の良い一日でした。

以前の日記にも書いたけど、人には「気」の流れというものがあります。
鈍い私にはわからないけれど、昔から「気」や「チャクラ」と言うものは言われてきているのですから、何かしらのもの?があるのでしょう!?

漢方では「気血の流れ」と言う考え方があって、「風と水の関係」?と言われています。

水は流れが無いと腐ってしまいます。川や海の水が生きている?のは流れがあるからで、池や湖など、でっかい水たまり?には流れが無いので、そのままだと水が死んでしまいます。

でも、風があるおかげで水に流れができて淀まず「生きた水?」で存在しています。

これと同じように「血」と「気」も、気の流れがあるから「血」にも流れができて、生命力を持った「血」になるけど、逆に流れが悪くなると、「血」が淀んで病気になってしまう・・・・って言う感じの考え方です。

また、その逆に「血」の流れが悪くなると「気」の流れも悪くなる・・・・とも言えるわけです。

なので、漢方などでは、「気の流れ」を重要視しているようで、その通り道の「経絡」の流れを良くするために、「ツボ」や「経穴」と言う場所を刺激して治療をするわけです。

ヒーリングでは、気の流れを阻害してしまっている、停滞している自分とは違った波動?波長?を持ったエネルギーを浄化する事で流れを良くできます。

どちらにしても「気血の流れ」って大事ですよね!?

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ