今年も恒例の  時の節目にふと想う

2011年12月8日。
埼玉県大宮市にある中山神社の火渡り神事に撮影係りとして今年も参加してきた。

生憎の天気で、冷たい雨がしとしとと外套をぬらす。
毎年、少しずつ参拝者?が増えてきて、神事らしくなってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
まあ、多分、だいたいの参加者がこの行事に参加すれば何かしらのご利益が戴けるとの打算が見え隠れする中、私は順調に撮影をすすめる。

後世にある程度の記録としてこの神事画像が役立てられればいいな、位のことで参加しているのであって、”あなた、雨の中ご苦労さんだね〜。きっといいことあるわよ”
とご利益大好きババアに労をねぎられても、まったく騒音でしかない。

神社仏閣に詣でたから、珍しい神事に参加したから、沢山の賽銭を奉納したから、自分は他人より”良いこと”があるに違いない、と幾つになっても間違えちゃってる人達ばかり・・・

ご利益が無いとわかれば、一体どれほどの輩が”日々の感謝”だけを申しあげに社寺に出向くのだろうか?

今流行りのパワースポットだか何だか知らんが、日頃の摂生も一日たりともまともに出来ない奴が、そんなとこ行ったって、かえって調子が悪くなるだけなのに・・・


クリックすると元のサイズで表示します

あっ、汚ねえタオルにわんさかと、燃えカスの炭、包んで帰ってら〜
残念・・・
1


クリックすると元のサイズで表示します
12月8日、埼玉にある中山神社に参拝?してきた。
ここ数年、火渡り神事なるものが復活し、その撮影係をかってででいるための参拝記。


数年前のある日、地図を片手にこの中山神社に御参りに来た。
境内に社務所がある様な社ではなく、本殿末社がひっそりと佇んでいた。

参拝を済ませると、見回りにたまたま来た禰宜さんと遭遇し、しばし歓談。
こちらの神社の御札を求めたい旨を申し上げると、わざわざ自宅に取りに行っていただいた。

その時の雑談で火渡り神事を再開するとのことだったので、自分でも何か出来ないかと撮影係をさせていただこうと決めた故での私なりの奉仕。

一時間ほどで神事は終わり、後は地元の氏子さんと宮司と本殿での祝詞などの後半部分。


私は最後の撮影を済ませ、禰宜さんとしばし歓談。


ご利益を求めていた参拝者はとうにいなくなっており、焼け残りの木屑と初冬のからっ風が足元を駆け抜けていった・・・

2

素通り  朱の鳥居

先日、浜離宮公園の中にある稲生神社に参拝してきた。

入場料は300円。
有料だと変な人はいない。
外国からの観光客と時間が余ってる老?夫婦ぐらいしかいない。


クリックすると元のサイズで表示します

その中でも誰も参拝せず通り過ぎる稲荷神社がある。

外国人には観光ガイドに載っていない場所は全く興味が無いらしく、物置ぐらいにしか思っていなさそう・・・


おがげで心静かに参拝できた。

稲生神社の縁起は良く覚えていないが、狐の彫り物が小さく屋根裏からこちらを注視している。
うっかりしていると見落としてしまいそうだが、気づいた私に”あっ、バレた?”って振り向く姿が愛らしい。


公園内から浅草まで水上バス乗り場から、しばし遊覧船で東京見物。


クリックすると元のサイズで表示します

何種類か船があるらしく、今回乗ったのは竜馬号。

どこら辺が龍馬なのかは、全く持って不明。
45分ほどで浅草に到着。
若干の船酔いに見舞われながら、建設途中の新東京タワーへ足を延ばした。
その時の高さは既に東京タワーを越えていて、先端は生憎の天気で雲の中・・・

クリックすると元のサイズで表示します

観光客に交じっての東京見物もなかなか楽しいもんですね〜
0

お花見  雑記帳

クリックすると元のサイズで表示します

先日、立川の昭和記念公園に桜を見に行ってきた。

園内には色とりどりの草花が良く手入れされていて、とても気分がいい。

入園料を払わないと入れないので、変な人はいない。

花の種類は良くわからないけど目に楽しい。
クリックすると元のサイズで表示します
たまには自分の思考回路と全く違うことをしてみるのもいい。

盆栽園なるものがあり、見事な盆栽の数々がキチンと整列して素人の私にも楽しめる。
近くに住んでいたら、年間パスを買って休みごとにリフレッシュ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

パワースポット  思い出の参拝記

クリックすると元のサイズで表示します
高尾山に参拝したのは去年の夏前。


突然思い立ったので、ドライブがてら八王子まで。

山全体がいい感じで、登りはロープウェイで楽々。
本殿参拝してちょっと歩いて奥宮へ。

御祭神は忘れた。
気持ちよく参拝できている時は、何故か覚えていないことが多い。

山頂の展望台からは富士山がうっすらと見える。
クリックすると元のサイズで表示します

下りはせっかくなので、歩いてみた。
地元の学生が結構な勢いで上ってくる。
こっちは膝がガクガク。
若いってすばらしい・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ