2017/3/22  15:49

春ワイン  ワイン


春っぽいワイン入荷です

「ソワブラン」岐阜
ナイヤガラとララウエアで半分づつで醸造
いわゆる「くさい」ワインですが、それでも
するするっと飲めます、清涼感あるジュース系白です
クリックすると元のサイズで表示します


「レグランドヴィーニュ ローヌ」赤 仏
サンソー100%(わかんないよ)
するする系ですが(これも)意外と上品でございます

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/3/22  15:45

白ワイン  


お休みでした(うれしい)

南の島には行けないので
ちゃっかりと南国気分で白ワイン
裸足の季節でフレッシュふれっしゅ
桜はまだかいなクリックすると元のサイズで表示します

いい天気で嬉し
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2017/3/16  17:20

千代田線から日比谷線へ  ワイン


ワインの試飲会で外出
そろそろ試飲会もひと段落でしょうか

仕込みありますので1時間限定の外出ですが
普段、ほぼほぼ出かけないので、降り立つ街が
とても新鮮な気持ちでワイン探しておりました

しかししかし・・・・

なかなかにワインが高騰を続けております
(特にイタリア)、だからといって値上げも
したくなく、うちの店で使わう銘柄のチョイスも
ほんと厳しくなっておりますのは試練で鍛錬。

ゲスト様になんとか安くて美味しいワインを
と、まだまだ励まなければいけない春の手前でしたクリックすると元のサイズで表示します
0

2017/3/10  15:44

神田青色申告会  


確定申告が終わりました!終了!!

なんとなく1年のほんとの締めを
感じてしまうのは、なぜでしょうか?
なので、達成感と虚脱感でいっぱい
クリックすると元のサイズで表示します

融資と工事をあわせまして税金が
お安くなりましたこと、申し訳ありません
住基カードもいつのまにか用済みで残念

そして申告が終わると必ずの「山形そば」
毎年、年に一度の来店でございますです

ほっと一息・・だけどすぐに新年度
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
自動代替テキストはありません。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/3/9  16:20

居酒屋「カトちゃん」  ゲスト


六日町は新潟です、南魚沼いわゆる「なんぎょ」
その「なんぎょ」の夜をリードします
居酒屋「カトちゃん」ご来店頂きました

「きりざい丼」と「なんぎょ」の優れた食材で
心からのおもてなしをお約束(たぶん、ぜったい)

どうぞ六日町で迷った時はぜひ・・・クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/3/7  16:56

3月3日  フード


先日の雛祭り3日

お客さまの〆のゴハンにちらしをご用意したところ
キャンセルが続き、いらっしゃいましたゲストは
男性ばかりでしたので、おもいっきり女性らしくと
ふじわらが制作いたしました(丁寧に)
クリックすると元のサイズで表示します


賄いも大盛りでチラシすしの彼です
基本、ご用意でき過ぎていますと結果は
こうなるという見事な見本。
クリックすると元のサイズで表示します

レンコンが美味しくできました

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/3/4  2:13

幸運を運んで  ゲスト


引力が働きました・・・・

同級生という引力が・・・・・

二つのご予約を受けておりました昨夜
夕方6時、ご来店頂くと、しくろにしてい!

クリックすると元のサイズで表示します

あれれれれ

みいんんな同級生ばかりになる幸運。
クリックすると元のサイズで表示します

そのまま,賑やかで笑いばかりのウタゲで

たまにあるんです、こんな夜

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/2/24  14:04

神田まで歩いて10分  ワイン


この時期はワインの試飲会が多いです
「大榮産業」さま試飲会にて神田まで

シルバンパタイユをこころゆくまで

もっぱらの醸造コンサルとしての成功で
名を馳せておいでですのでほんと素敵ですね
特に白ワインそしてロゼでした
赤はクリアです。とてもシンプル・・・でした
白ワインに軍配を上げたい感想で

クリックすると元のサイズで表示します

ロゼはもう芸術品のような見事の一言
ピノのたおやかな伸びがすー〜と
そして複雑な酸が続きます
熟成したらそりゃあもう、かなり凄いです

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり14年に間違いありません
どれもきちんとしておりました
弟の「ローランパタイユ」は逆に赤が秀逸
飲み応えある旨みがとても美味しく感じられます

クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ高騰の予感のブルですが
ご褒美に最適な1本となりますでしょう






0

2017/2/22  14:36

昆布泥棒のワイン会 新進気鋭で!  ワイン


ブルゴーニュに心奪われた気の毒な方々が
今夜もこっそりとお集まり頂きまして
秘密のワイン会を開催いたしました

お店に入ります際には合言葉を唱えますのが慣わし
そっと、囁くように発音いたします

「こんぶどろぼう (Combe d’Orveau)」と 

毎回テーマを決めましてそれにあわせてのワインなので
今回は、ぐっと趣向凝らしまして

「新進気鋭の造り手」でどうぞ!というレアパターンでした

ブルゴーニュのワインを語ります際に
あの狭い地域で長年栽培、醸造を生業といたします各農家も
それぞれのお家どうしで、姻戚関係が続き、名壌地も醸造家も
収斂されていますブルゴーニュ。

なので、愛好家は家系図をにらめっこしながらのワインです
すると、代々受け継がれてきました畑が、ワインがきちんと
存在してきました、この地域、するとそこには新しい血が
入ることで、また新たなワインもできます新陳代謝と革命

なので新進気鋭で攻めまする今宵


まずはシルヴァン パタイユのロゼからです
クリックすると元のサイズで表示します

33歳で、元来は醸造コンサルタントです
そちらで成功を収めていますので、ワイン造りは
きめの細かい手作業にてテロワールの表現にすべてを
注いでいるかのようでした。
12”なので熟成感ある落ち着いた紅茶のような
滑らかな酸味が特徴でした!


バシュレモノ 「ピュリニモンラッシェ プルミエレフレ」

クリックすると元のサイズで表示します

バシュレ兄弟(30歳くらい)二人でつくってます
綺麗で端正な表情を魅せますモンラッシェは見事です
アカシアの蜂蜜、上品な酸、旨みがすーっと続きました
14ヴィンテージは間違いないそうです(ブルゴーニュ)

アリス オリヴィエ夫妻の「シャブリ」
クリックすると元のサイズで表示します

08”の熟成を存分に楽しました
ロワールと地続きのシャブリなのか、まるでシュナンブランの
ような落ち着きと、ゆるやかに滑ります酸味
アフタのかなかな苦味がとっても心地よかったです

オレリアンヴェルデ 「ヴォヌロマネ 14」

プルミエのレヴォーモン(畑)
クリックすると元のサイズで表示します

まだ20代の若者です、以前はモータースポーツの仏代表!
お父さんの畑を継ぎました。
生産者であることは栽培農家でもあり畑仕事がその大半
やさしい風味を好んでいるみたいです
そして複雑でナチュラルは、これからの志向でしょうか


オリヴィエ バーンスタイン「シャンボールミュジニ」

プルミエのラブロット10
クリックすると元のサイズで表示します

もともとは音楽家の家系だそうです(バーンスタイン?)
まさに女性的といわれるミュジニを上品にソフトに!
香りがまさに「白い花」きめの細かい酸がとても素敵
新進気鋭ですね、これは!

ラストは泣く子も黙る1964年です
クリックすると元のサイズで表示します

アルマニャック 「モンタル」

52年の眠りから覚めた、琥珀の液体

嗚呼・・・その深みはとても暗く底なしの恐怖のように
溜息と感嘆を繰り返しながら、ずっと唇を漬けていたい欲望

何もいえず、黙ってしまいました・・・・恐ろしい酒です

0

2017/2/22  13:52

渋谷で12時  ワイン

そして・・・渋谷で迷子になります

クリックすると元のサイズで表示します

基本的に田舎の人間ですので
繁華街は基本的に迷います
まして工事中の渋谷なればなおのこと
行ったり来たりをちゃんと繰り返して
汗だらだらで、やっと到着
ワインの味もなかなかな判らずに残念

クリックすると元のサイズで表示します


「コノスル」の最上級キュヴェを楽しめず・・・


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ