2010/4/22

影を用いた建築や都市の密度感に関する考察  修士論文 資料

・藤本健太郎(2010)「影を用いた建築や都市の密度感に関する考察」2009年度東京大学大学院建築学専攻 修士論文

この論文は、最初「ふむふむ」って読んでて、
「なるほど。そういう考え方あるんだ」って思ってたら、
「えー!そんな展開!」って感じです。
こんな修士論文になったらいいなと思います。

目次(トウキョウ建築コレクション2010 修士論文展 梗概より)
0_はじめに
0_1_目的
0_2_仮説
1_用語の定義
1_1_「影」
1_2_「密度感」
2_分析するにあたって
2_1_対象
2_2_分析方法
4_1_アイレベルからの影像の分析(地点変化)
4_2_考察
4_2_1_渋谷
4_2_2_銀座
5_1_アイレベルからの影像の分析(時間変化)
5_1_1_渋谷
5_1_2_西新宿
5_2_考察
6_都市の密度感
7_日影規制と問題点
8_商業地域の日影規制
8_1_概要
8_2_ケーススタディ 渋谷の日影規制
8_3_ケーススタディ 渋谷の日影規制(敷地への適用)
9_結

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ