2010/4/22

ワークショップの定義  修士論文 資料

・傘木宏夫(2004)『地域づくりワークショップ入門 対話を楽しむ計画づくり』自治体研究社

ワークショップの意味ですが、本書では「何らかの作業が伴う意見交換や会議の形式」とします。作業が伴うことで、緊張をやわらげ、対話を円滑にし、創造的な議論がなされることを期待した会議の方法です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ