2016/12/7

今年の同期会  

 恒例といえば


 今年も毎年恒例の(高校のクラブ活動)同期会の案内を貰った


 今年は一次会にボーリング大会

 2次会に会食3次会はカラオケと

 幹事さんは毎年毎年を思考凝らし我々を楽しませてくれるのである


 会食に関しては毎回自分で食しその中で特に美味しかった物をチョイスして

 我々に紹介してくれるので安心してその会場に出向く事ができる

 個人的に今わたし自身中学の同窓会の幹事をしている

 実に並々ならぬ苦労を要する

 しかし、毎年その同期会の幹事の役割をするH君は笑いながら一言

 「人数少ないし」・・・と


 高校1年からの絆を今も継続出来るのもH君のたゆみない御尽力があってこそ

 築かれてきたものである

2016/12/3

今年も恒例の  

クリックすると元のサイズで表示します

しまなみ海道を一気に

 クリックすると元のサイズで表示します

 素晴らしい絶景


 クリックすると元のサイズで表示します

 瀬戸の海は今日も穏やかである


 心ゆくまで楽しんだ 

 命の洗濯にはもってこいの場所である・・・

2016/12/1

12月です  

 昨日 俳句お仲間さんのお宅に行った帰り

 路地裏に南天の実がコロンコロンと生っていました


 南天を見掛けるとお正月が近いんだな…と、

 そのスピードが年々増してくるような気がします


 難を転じるという意味に通じる事から

 南天は縁起の良い木として知られています

 個人的に 今年も穏やかに平々凡々と過ごせたことに感謝をしています

 クリックすると元のサイズで表示します

2016/11/30

優しさに包まれて  

 昨日の記事の続きだが

 「知足」を短足と書き間違いをしたわたしは

 このまま電話でお詫びをしただけでは申し訳なく直接頭を下げたかった


 今朝わたしはその作られた方のお宅を訪ねた


 にこやかに玄関まで出て来られたその人は

 「思わず笑ったわよ」と申され続いて

 「わたしの見たまんまですよ そう思って短足と書いたのね」

 と微笑んでくださいました


 その優しさに包まれ益々気合が入りました

 帰り清々しさにスキップしたくなるようでした

  
 【知足】

 みずからの分 (ぶん) をわきまえて、それ以上のものを求めないこと
  

2016/11/29

Miss  

 二カ月に1度 皆が書いた俳句を混ぜ合わせ次に清記用紙に写し直す

 清記当番というものが俳句にある


 パソコンは使わず自筆であること

 見間違いをしないこと、俳句で無くなるから


 この係りが初めてやってきた


 実はこの係りが動力を費やすらしくあるお仲間さんは

 「体重が1kg痩せたわ」 と語っておられた


 久々に鉛筆を握り懸命に文字を書いた


 コピーをし皆さんのお宅に郵送をした、今度の句会は来月の5日、昨夜その用紙を見て、

 エッ?エエッ??

 わたしは知足を短足と書き間違えていた


 何を血迷っていたのか?

 すると汗が噴き出てきて おまけに脈が早く打ってきた

 朝が来るのが長いこと、長いこと


 朝皆さんに電話で訂正をお話した


 皆さんの優しさが心に沁みた…

 次回は間違うまい!と気合いが入った 


 でも体重の変動は無かった

2016/11/28

きのこetc,  

 偶然TVを点けたら「ラッキー」料理番組だ

 今日の料理はきのこのホットドレッシングサラダ


 しめじにエリンギ・・・しいたけ


 「くぅ〜〜」思わず自分のお腹が鳴る音が聞こえてきた


 ところで、わたしの母はこのしいたけが食べれない

 その母の姉である伯母も食べない

 そして、その二人の親であるわたしのばあちゃんもしいたけが嫌いだったらしい


 なんなんだろうね?これ

 わたしが小学生のころ父が

 「父さんが小さいころ(なば)が沢山取れていてなぁ〜」

 こう言いながら

 焼きしいたけにポン酢をかけてたのを目を細めパクパク食べていた

 一人だけでそれはそれはおいしそうに食べていた

 *なばはキノコの意味の九州・中国・四国地方の方言

 父にとってなばは松茸を意味する


 正直わたしも?・・・

 しいたけだけは箸でこっそり器の隅に逃げてもらっている

 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ