2016/3/18

不安を解消するための  

福祉・介護系の施設の一つに高齢者生活福祉センターと呼ばれるところがあります。これは福祉・介護系の施設の中でも在宅介護系の施設にあたります。福祉・介護系の施設の高齢者生活福祉センターでは、過疎地などで介護支援を行ったり、地域の人と交流を図るための、総合的な複合施設としての役割を持っています。福祉・介護系の施設の高齢者生活福祉センターは、過疎や離島、山村地域などに住んでいる65歳以上の一人で住んでいるお年寄りや夫婦だけで生活している人を対象にして利用することができる福祉・介護系の施設です。独立して生活していることによって、いろいろと不安を抱えている人の多いと思いますが、そんな不安を解消するための福祉・介護系の施設の一つです。

福祉・介護系の施設の高齢者生活福祉センターは、介護保険の適応になります。対象となる人の収入で利用する費用は変わるのですが月々の費用は無料の人もいれば、最高額でも30000円までとなっています。これ以外に光熱費や食費などの生活費は自分で負担することになっています。過疎の地域や離島でお年寄りが孤立してしまって先行きに不安を抱える人は増えていますから高齢者生活福祉センターではそんな不安を抱えるお年寄りを対象にしている福祉・介護系の施設です。

滋賀県の看護師求人募集 転職・就職情報
0

2015/3/14

山を崇めて山籠りして修行をする巡礼  

日本にもパワースポット
と呼ばれる場所がありますが、

その中でも、
インスピレーションを高めるための
エネルギーを感じる場所、

として知られていますのが、
男体山という場所です。

日本には古くから、
巡礼という習慣があります。

それは、日本に古くからある、
宗教的要素、文化的要素、地理的要素
といったものからできてきたようです。

また、日本では古くから、
山を崇めて山籠りして修行をする
といった巡礼をしていました。

これは日本の国土が、
都市部を除いた大部分の場所が、
山岳地帯である

と言う地理的要素が
その理由ではないかと思います。

男体山は、
中禅寺湖と日光の街を見下ろすように、
そびえ立っている山です。

そして昔から
神聖なる山と言われています。

男体山は、別名を
黒髪山、二荒山とも言われていて、

日光に訪れた人が観光に行くなど
有名な場所です。

昔からの言い伝えによりますと、
強い力を持った山の精霊が、

精神修行をしている僧侶や隠者達の
手助けをしていたそうで、

また、ここは瞑想にも適している場所で、
人間のあらゆる力を刺激して、

それを目覚めさせるエネルギーを
持っている場所なのだそうです。

日光の二荒山神社では、
毎年8月初から1週間
登拝祭と言うお祭りがありますが、

この時期は、
一番エネルギーが強い時期
とも言われていて、

全国から
何千人とも言われている信者さんが
山の頂上を目指して来るそうです。

これには、もちろん、
一般の人も参加できるそうなので、

この時に、エネルギーを感じに
てここに来るというのもいいです。

松江のビジネスホテルおすすめ&格安予約
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ