バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2017/12/31

「逃亡刑事」 中山七里  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

身長180cmの超武闘派美女警部、アマゾネスこと高頭冴子。汚職と同僚殺しの証拠をつかんでしまったために、その罪を着せられ8歳の現場の目撃者と共に逃亡する。何とか反撃をと虎視眈々と機会をうかがうも、敵はもっか全警察官?成り行きで、いや戦略的に巻き込んだヤクザの助けも借りつつ・・・ってな感じですか。

デカい美女が超武闘派で強くそのお供は不幸な環境下で強く賢く生きようとしてる8歳の子供って・・・その時点で卑怯だ(笑) そして期待通りの大暴れシーンも別の角度からやってきて、追い込まれた分、痛快爽快。ひねりよりは正しい骨格にこだわった作品?よって正しく快作。楽しめました。

非常に面白かったです。
タグ: 小説 警察小説 汚職



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ