teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

gっれgれgれ  

 那智
なち
には勝浦
かつうら
から馬車に乗って行った。昇り口のところに著

いたときに豪雨が降って来たので、そこでしばらく休み、すっかり雨装束
あましょうぞく
に準備して滝の方へ上って行った。滝は華厳
けごん
よりも規模は小さいが、思ったよりも好かった。石畳
いしだたみ
の道をのぼって行くと僕は息切
いきぎ
れがした。
 さてこれから船見峠
ふなみとうげ
、大雲取
おおくもとり
を越えて小口
こぐち
の宿
しゅく
まで行こうとするのであるが、僕に行けるかどうかという懸念があるくらいであった。那智権現
なちごんげん
に参拝し、今度の行程について祈願をした。そこを出て来て、小さい寺の庫裡口
くりぐち
のようなところに、「魚商人門内通行禁」と書いてあり、その側に、「うをうる人とほりぬけならん」と註してあった。

 滝見屋
たきみや
というところで、腹
はら
をこしらえ、弁当を用意し、先達
せんだつ
を雇っていよいよ出発したが、この山越
やまごえ
は僕には非常に難儀なものであった。いにしえの「熊野道
くまのみち
」であるから、石が敷いてあるが、今は全く荒廃して雑草が道を埋めてしまっている。T君は平家
へいけ
の盛
さかん
な時の事を話し、清盛
きよもり
が熊野路からすぐ引返したことなども話してくれた。僕は一足ごとに汗を道におとした。それでも、山をのぼりつめて、くだりになろうというところに腰をおろして弁当を食いはじめた。道に溢
あふ
れて流れている水に口づけて飲んだり、梅干の種を向うの笹藪
ささやぶ
に投げたりして、出来るだけ長く休む方が楽
らく
であった。
 そこに一人の遍路
へんろ
が通りかかる。遍路は今日小口の宿を立って那智へ越えるのであるが、今はこういう山道を越える者などは殆
ほとん
ど絶えて、僕らのこの外人さん 出会い旅行などもむしろ酔興
すいきょう
におもえるのに、遍路は実際ただひとりしてこういう道を歩くのであった。遍路をそこに呼止め、いろいろ話していると、この年老いた遍路は信濃
しなの
の国諏訪
すわ
郡のもの
0




AutoPage最新お知らせ