2009/12/18

交通事故「未然に」防止  交通事故撲滅を目指して

自動車メーカーや情報通信企業などが会員となっている社団法人「新交通管理システム協会」(東京都新宿区)が開発を進めているのは「安全運転支援システム(DSSS)」。運転者から見えない歩行者や車などの危険要因を、道路に設置された感知器「光ビーコン」が検知。情報はカーナビなどの車載器に送信され、画面や音声で運転者に知らされる。

光ビーコンからの情報だけでなく、自車の速度からタイミングを図り、危険な場合に限って注意喚起することもできる。危険と判断された場合、自動的に車を停止させる機能も開発中だという。また、一時停止違反や信号無視などの事故につながる交通違反を防止するため、信号機や一時停止規制などの情報も伝える。

臨海副都心地区では、交差点を右折する際に対向車の速度を見誤ったり、隠れている車両に気が付かずに発進したりした場合に対応する「右折時衝突事故防止サービス」や、前方に停止している車両や低速で走っている車両の情報を運転者に提供し、追突を防止する「追突事故防止サービス」などが実験されている。急な歩行者の飛び出しなど交差点にいる人を事前にセンサーが察知してドライバーに伝えるシステムが開発され、21日に豊田市で公開されました。

0

2009/12/18

危険察知で事故を未然防止  交通事故撲滅を目指して

自動車メーカーや情報通信企業などが会員となっている社団法人「新交通管理システム協会」(東京都新宿区)が開発を進めているのは「安全運転支援システム(DSSS)」。運転者から見えない歩行者や車などの危険要因を、道路に設置された感知器「光ビーコン」が検知。情報はカーナビなどの車載器に送信され、画面や音声で運転者に知らされる。

光ビーコンからの情報だけでなく、自車の速度からタイミングを図り、危険な場合に限って注意喚起することもできる。危険と判断された場合、自動的に車を停止させる機能も開発中だという。また、一時停止違反や信号無視などの事故につながる交通違反を防止するため、信号機や一時停止規制などの情報も伝える。

臨海副都心地区では、交差点を右折する際に対向車の速度を見誤ったり、隠れている車両に気が付かずに発進したりした場合に対応する「右折時衝突事故防止サービス」や、前方に停止している車両や低速で走っている車両の情報を運転者に提供し、追突を防止する「追突事故防止サービス」などが実験されている。
0

2009/12/18

首都高速道路の危険(見通しの悪いカーブ)  交通事故を防ぐためのポイント

首都高は他の高速道路と比べて危険要素が多く、走行する上で細心の注意が必要な道路です。先の見えないカーブが多い!万が一、交通事故や故障などでカーブの先に車などが停止していたら?あなたは安全に停止する自信がありますか?問題ないね!とい方は良いのですが、う〜ん大丈夫かなぁ…と考えてしまう方は要注意です!

横羽線や渋谷線、新宿線などカーブが多い首都高速道路の制限速度は60km/hが多いですが、この制限速度を遵守していても車は一秒間に約17m進んでいます。仮に時速60kmでカーブに進入し、前方の車線がふさがっていることを認知したとして、車が停止するまでの距離は約45m必要になります。

路面状況やタイヤの摩耗状況などによってはさらに手停止距離が伸びることも!停止距離=空走距離+停止距離さらに状況判断が遅れた場合、安全に停止することは難しくなります。夜であれば日中よりも前方での事故などを認知するまでに多少時間がかかるでしょうし。また状況を認知してからブレーキをかけるまでの時間が年齢と共に遅れる、あるいは年齢に関わらず急制動ができないなど個々の運転経験などにも停止距離は左右されます。
0

2009/12/18

首都高速道路は迷路のよう!  交通事故を防ぐためのポイント

首都高速道路を初めて走ると迷路のようで、分岐の際にどちらに行けばよいのか迷ってしまいます。たま〜にしか利用しない場合でも似たような感じです。実際問題として分岐で進む方向を間違うと全く違う方面へ流されてしまったり、この方向でよかったのかなぁ…と不安に駆られながらの運転を余儀なくされたりします。

カーナビゲーションをでルート案内を利用していても思うように進路変更できなかったりすることもあります。実際に経験した事例ですが箱崎JCTを経由して京葉道路へ進みたかったのですが、ブラインドコーナーの先(途中)に分岐があり、進路変更できずに全く違う方面へと行かざるをえなかったことも。

結局少し先の出口で降りて、下道を利用して千葉県方面へ。この他にも多々失敗事例はあります。このようにルートがわからないで「どっちだ・どっちだ」と考えながら運転するのは非常に危険です。まわりからみると危険因子的な存在に…。ということで首都高速道路を走行する時は、できるだけ情報収集してからがよいです。そんな情報収集に便利だと思うのが、動画で案内!首都高です。
0

2009/12/18

自転車対自転車の死亡事故  交通事故を未然に防ごう!

2007年5月15日午後8時10分ごろ大阪市東淀川区豊里の市道で、男子中学生が運転する自転車と71歳の女性が運転する自転車が衝突し、71歳の女性が死亡したという交通事故がありました。でも非常に多いのです!無灯火で自転車を走らせている方は。

まだ車道を無灯火で走行しているならばましなのですが、歩道上を無灯火かつ結構なスピードで走っている自転車は非常に危険!先日のことですが、実際に自転車に跳ねられそうになりました。万が一、接触して頭でも打ったならば死にいたる可能性があります。特にお年寄りが転倒した場合、受身をとれない可能性が高いので尚更です。

そして死亡事故を起こしてしまったならば、その責任は非常に重いものとなります。今回の死亡事故であれば、未成年者なので刑事的な責任はどうなるかわかりませんが、少なくとも保護者の方は高額な賠償金を支払うことになるでしょう。あなたのお子様が、もし自転車で死亡事故を起こしてしまったら支払えますか非常に高額な賠償金?でもその前に正しい交通ルールを教えてあげましょう。自転車であってもヘルメット着用は必須です。






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ