2013/1/12

eワラントとデルタギアリング  

eワラントの投資取引をするにあたって、デルタだって、原資産の価格の動きと、eワラントの価格の動きと比率を表されているとかんがえられています。
その目算方式だって、デルタ=eワラントの価格の動き/(レートの動き×原資産数)という事で目算する事が出来ます。
この目算をすればコール型のポジションでは0−1という数字が出て、プット型の時には、0−マイナス1という答えが出るとかんがえられています。
eワラントで価値が低くないというものはコール型では権利行使価格は低めになっているという事になっていきますし、プット型の時には権利行使価格が高ければデルタが1やマイナス1に近くて、価値が低くなればデルタは0に近くなってしまうという事である。
デルタがeワラントで0に近いという事はどういう事なのかと言うと、投資するにはよくないという事がわかります。
eワラント投資でギアリングだって、原資産の値段と、eワラントの値段の比率を表した数字の事になっていきます。
このデルタとギアリングだってeワラント投資をするにあたっては必ず必要な情報になってくるといえますから、意味が不明という人はわかるまでしっかりと勉強をした方がいいである。
0

2012/9/24

病院で拒食症の治療をうける  

拒食症は「食べたくない」という個人のわがままではなく、立派な病気です。
そのため、病院に相談してきちんと治療をうけるだって当たり前の事なのです。
自身で拒食症であるという事を認められない人もたくさんいますが、その場合は無理をして医師に伝える必要は有りません。
検診をしたり、カウンセリングをすれば分かる事なので、医師の判断に任せていいでしょう。
この病気を克服するためには、周りのサポートが必要不可欠になるとおもわれています。
そのため、病院で治療をうける場合も、基本的には母親、または父親にも病気を理解して貰い、伴に治療をおこなう形になってきます。
まだそれほど状態が酷くない状態であれば、入院をせずに通院だけで治療出来る事もあるとおもいます。
でも、、幾ら通院しても状態が良くならなかったり、医師の指導通りに生活を改善する事ができていないと判断された場合は入院が必要です。
拒食症の状態が酷い場合、いつ倒れてもおかしくないような状態になってしまいますよよねねが、病院内であれば万が一の事があっても即座に適切な対応を取る事が出来ます。
何科を受診すればいいかというと、一般的には内科、心療内科、精神科となってきます。
病院では一定のルールはあるものの、全ての自由を奪われるという事は有りません。
許可があれば病院から学校に通う事も出来るので、拒食症の入院治療について良いイメージがない人も、一度病院で相談してみてはどうでしょうかね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ