2013/8/16

東日本大震災でさらに注目を集める太陽光発電  太陽光発電

2011年3月11日、まだ記憶に新しい東日本大震災。
福島原発の多大なる被害をテレビを通して見ていた人、現場近くで目の当たりにした人など、多くの人が不安を抱えたことと思います。

原子力発電は、日本の電力元として活躍していましたが、東日本大震災以降、多くの原子力発電所が封鎖される事態にまでなりました。
そのため、十分な電力が供給できず、計画停電や節電促進などの方策がとられてきました。

そんな中、注目を集めているのが自然エネルギーを活用した太陽光発電や風力発電です。
中でも太陽光発電は一般家庭でも設置できることから、より一層注目を集めています。

その反面、太陽光発電で大規模な電力を作るためには、それだけ多くのソーラーパネルを設置する必要があり、設置するための多くの土地が必要となります。
その土地を確保することが困難なため、海上に実効的な場所を作り、そこに太陽光発電を設置するという案もあります。

自家発電としての太陽光発電だけではなく、事業規模としての太陽光発電がより普及してくるものと予想されます。

【関連サイト】
太陽光発電の導入を検討中
http://wind.ap.teacup.com/e8yhm2j4/
0

2013/8/16

地上だけではなく衛星にも使われるソーラーパネル  太陽光発電

太陽光発電で光を集めるために使われている、ソーラーパネル。
太陽光発電の中で、最も重要な部分でもあり、よく目にすることがある部分でもあります。

このソーラーパネルですが、実は人口衛星にも利用されていることをご存知でしょうか?

人工衛星に生えた羽のような部分は、ソーラーパネルでできており、そのパネルに太陽の光を集めて電気を作り、地球の周りをぐるぐる回っています。
このようなタイプの人工衛星は、常に太陽の方向を向き、太陽の光を集めるような姿勢を取っています。

実際に宇宙に行ってみることはできませんが、地球上以外でも使われているということを知っておくと、宇宙への興味もわくのではないでしょうか。

太陽光パネルを搭載することで、大規模バッテリーを積むよりも重量を軽くすることができるというメリットもあるのでしょう。
様々な情報を地球上へ送ってくれる人工衛星にも、太陽光発電が利用されているということを知っておきましょうね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ