押尾学被告が激怒  

大阪地検特捜部の押収資料改ざん事件には、塀の中からも怒りの声が出ている。
声の主は、保護責任者遺棄罪などで懲役2年6月の実刑判決を受け、
控訴した元俳優、押尾学被告(32)。「なぜ検察が証拠の改ざんを行うのか」とキレて、
1審で自身を保護責任者遺棄致死罪に問うた東京地検への怒りを再燃しているというのだ。

弁護士に差し入れされた週刊誌を見て激怒しているらしいが、自分のした事について全く反省
していないかのような発言ですね。

押尾被告は現在、保釈の為に抗告中。保釈金約1000万円と想定し、その費用は弁護団が
工面するみたいです。判決は4日あたりにでるらしく「保釈されないのはおかしい」と
色々ゆってるみたいですが、でてきても誰にも相手にされず好奇の目にさらせれ、犯罪者として
しか生きられないのだから、大人しく罪を償ってほしいものです。

はたして彼は出て来れるのでしょうか?




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101002-00000002-ykf-ent
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ