体外受精の安全性  

体外受精を行う上で不安に思う項目に、費用の面は当然のことながら、そのほかにも、安全性やリスクの問題もあげられます。

ここでは、体外受精の安全性やリスクについて御紹介していきます。

一九七八年、イギリスで世界初となる体外受精での妊娠が成功して、日本では一九八五年に初めて体外受精が成功しました。

つまり、体外受精の歴史はまだ三十年くらいですから、100%確実な安全性が確認されているわけではありません。

また、リスクに関しては、最も大きな物に、「多胎妊娠」があるでしょう。これは、妊娠の可能性をちょっとでも高めようと、受精した卵を数多く子宮に戻してしまう事が原因となっているのです。

でも、だからって、この子宮に戻す受精卵の個数を減らしてしまうと、今度は妊娠の確率が低くなってしまうのです。

多胎妊娠のリスクについては、医師ともよく相談する事が重要になります。

それ以外にも、卵巣過剰刺激症候群や子宮外妊娠と言った母体への負担が掛かってしまうリスクも考えられるでしょうし、体外受精は自然妊娠と比べると流産率がちょっと高くなっているともいわれています。

けれど、実際に体外受精をやる方は、基本的に妊娠しにくい体だったり、高齢出産だったりと、何らかの問題を抱えていることが多いと思います。

そのため、統計的にこういった結果が出てしまっている可能性もあるでしょう。

体外受精を検討するのだったら、妊娠できる確率だけでなく、その安全性やリスクについても医師の説明をよく聞いた上で、夫婦でじっくりと話し合って決断する必要があります。


骨盤
0

体外受精と人工授精の違いは  

体外受精と人工授精の違いは何かと改めてきかれると、よくわからないという人も少なくありません。

まず、体外受精とはいっても、これは名前の通り、女性の体外で受精させる不妊治療法なのでしょうか。

以前は試験管ベイビーとも言われていた為、ご存知の方も珍しくありません。

手軽にいうと、女性の卵巣から卵子を、男性の体から精子を取り出し、専用の容器で受精させます。

そして、受精が確認されたら、再び女性の子宮内に戻して着床を待ちます。

体外受精を選択するケースには、両方の卵管が閉塞している場合の他に、乏精子症、精子無力症等、精子に原因がある不妊症の場合が多いことでしょう。

次に、人工授精とは言え、これは男性の体から取り出した精子をカテーテルで女性の子宮に直接注入して妊娠させる不妊治療方法ですね。

人工授精には2種類あり、夫の精子を使用して行っている方工授精を「配偶者間人工授精(artificial insemination by husband)」、他人の精子を使用してされる人工授精を「非配偶者間人工授精(artificial insemination by donor)」と呼んでいます。

このAIDを選択するケースとしては、夫の無精子症などが原因の不妊症の場合と言えるでしょう。

人工受精を選択するケースには、男性の精子が少ない場合やタイミング療法が上手に行かない場合に少なくありません。

また、人工受精で妊娠行うのであれば、4回以内に妊娠する確率が90%を超えているため、これを一つの目安として考えるといいかもしれません。

人工受精で妊娠できなかった場合には、次のステップである体外受精を選ぶケースが少なくないのです。


手の病気
0

体外受精でかかる費用  

赤ン坊が欲しくても、経済的な理由で体外受精をすることができない夫婦もいますよね。

よく、「体外受精は費用がかかる」と耳にすると思いますが、それでは具体的にはどれくらいの出費がかかるものなのでしょうか。

体外受精は、高度生殖医療にふくまれていて、自由診療である為に健康保険の適用がなくて、費用は全額自己負担だとか。

また、自由診療であるという事は料金に決まりはなく、大学病院や不妊専門のクリニックなど、その病院によって料金を自由に設定する事が出来ることになっているのです。

つまり、どの病院やクリニックで体外受精をするかによって掛かる費用が異なるのです。

一般的には、体外受精に掛かる平均的な費用は、一回につき30万から50万ですが、30万円と五十万円では結構な差です。

しかも、これだけの費用を支払ったとしても、必ず妊娠するといった保証はどこにもありません。もし、一回で妊娠出来なかった場合には、次の体外受精をうけるために、また30万〜50万もの費用が必要となってくるのです。

このようなことから、経済的に体外受精に踏み切れない夫婦の方がいらっしゃるのも当然だといえるでしょう。

体外受精を行うか行わないかは夫婦で決めることとは言え、女性の体への負担も大きいのですし、費用面でもかなりの負担が掛かります。

体外受精を考えるのでしたら、事前に必ず資金計画を立ててから踏み切る事が大切なんです。

また、国ではこの経済的負担をちょっとでも軽減させようと、不妊治療助成金制度を設けていますよね。

利用する為にはいろんな条件がありますが、条件が合うようならぜひ利用してください。


健康とダイエット
0

対外受精の成功率  

体外受精を考えている夫婦の場合は、その失敗率や成功率はどうしても気になるものではないでしょうか。

それでは、体外受精が失敗する確率や成功率はどのくらいなのか?

一般的には、体外受精の一回あたりの妊娠成功率は、全国平均で二十%〜三十%。

つまり、四人に一人の割合でしか妊娠できないということです。

なんとなく、高い出費が掛かる割には低い確率のように思われるかもしれませんが、自然に妊娠する確率は20パーセントくらい。

そう考えれば、体外受精を選んでしまう夫婦が多いのも頷けます。

ただし、この体外受精の妊娠率は病院によってまちまちのようですから、はっきりとした数字を表す事が出来ないのが現状みたいです。

よく、不妊治療を行っているクリニックで高い体外受精の妊娠率を謳っていることもあるでしょう。

でも、その数字はそこで体外受精を多く受けた女性の年齢層によっても変動してくるものです。

やはり、どうしても、年齢の高い女性が体外受精を受けるよりも、若くて元気な女性が体外受精を受けた方が成功率が高くなるでしょう。

若い女性が多く体外受精を受けた場合には、自ずと妊娠率も高くなっていきますから、妊娠率が高いからと言って必ずしも体外受精の技術力が高いことの証明にはならないでしょう。

以上のように、クリニックが謳っている体外受精の妊娠率はあくまでも参考程度に考えた方が無難です。

医師の説明を納得いくまで受けるようにして、体外受精の妊娠率だけで病院を選ぶようなことがないように注意して下さいね


美白・美肌ケアと食材
0

体外受精するまでの流れ  

気軽に「体外受精」と言っても、実際に妊娠するためにはしなければならないことが多数存在しています。

それでは、体外受精をするまでの流れを説明していきたいと思います。

排卵誘発
自然の排卵では、通常一個しか卵子はありません。けれど、妊娠する確率を高めるというために排卵誘発剤を使用して、複数個の卵子を採卵出来る状態にします。

採卵
指定された日時に病院での採卵を行い、状態のいい卵子を培養液の中で成熟させます。

採精
採卵と平行して男性の精液を採取して、元気な精子を選び出します。

受精
元気な精子といい状態の卵子を専用の容器で混ぜ合わせ、自然に近い状態で受精させます。ただし、体外受精による受精率の割合は6から7割となっています。

胚移植
受精した後に卵が順調に分割して良好胚した場合には、良質な物を選んで子宮内に移植します。この際、多胎妊娠を避けるために質の良いものが複数個いたとしても、3個程度に抑えるのが一般的といえるのです。

着床
受精卵が子宮内膜に順調に着床していれば、胚移植後、二週間経過した時点で妊娠が確認出来ます。もし、妊娠反応が陰性の場合にも、続けることによって採卵をする事はせず、一ヶ月程度の休息が必要となります。

体外受精の日程は病院によっても様々ですので、上記は一般的な流れとして参考にしてみてください。

また、体外受精は女性の体に負担が大きいのはもちろんのこと、時間的にも拘束される事が多いみたいですね。

男性は不妊治療のスケジュールに沿って、女性を出来るだけフォローするように心掛けた方が良いでしょう


0




AutoPage最新お知らせ