夢のまた夢

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

書いている人

書いている人:振戸りく       たいていは短歌を詠んでいます。                       

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:振戸りく
ちょっぴり心配してました。
よかった、合ってて。

でもでも
火がついてるのは片方だけかもしれないですよね。
投稿者:富田林薫
正解です。
漢字で書くと「焼け棒杭に火がついた。」となりますね。
一回燃焼して、炭となっている木の棒は再び火がつきやすいことから、
かつて関係のあった男女が一度別れて、よりを戻すことのたとえなのですね。
けっこう、やけぼっくりと思っている人も多いらしいです。
あ、賞品は何もないですから。


http://blog.goo.ne.jp/maguro726
投稿者:振戸りく
18もいい悪女も天使のようなコアクマもハードルが高いですね。
……答え、間違ってるの?(汗)
投稿者:本原隆
18に。いい悪女になってください。もしくは天使のようなコアクマに。

http:// miyagara.cocolog-nifty.com/tokyoto/
投稿者:振戸りく
質問コーナー出現ですねっ!
(B) やけぼっくいに火がついた。
だと思ってこの歳まで生きてきました。
間違っていたら18歳に戻ってやり直します!
投稿者:富田林薫
そして、そこから、こんな言葉が生まれてきたのですね。
さて、そこで問題です。
●意味として正しいのはどちらでしょうか?
(A) やけぼっくりに火がついた。
(B) やけぼっくいに火がついた。

http://blog.goo.ne.jp/maguro726/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ