夢のまた夢

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

書いている人

書いている人:振戸りく       たいていは短歌を詠んでいます。                       

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:振戸りく
ありがとうございます。

交通安全の標語とか七五調だと覚えやすいですよね、なぜか。(川柳にしてありますよね)
他の言語にも特有のリズムとかあるのかもしれませんねー。

タイトル下に表示してある文章も
「この数日の/暖かさで/ようやく梅が/咲きました」
やっと梅が……ではなく、ようやく梅がと書くのが日本人の血なのでしょうか。
暖かさは余ってますが(笑)。
ハーフなのかも。
投稿者:新井蜜
やはり57577ぴったりだといいですね。
不思議なんですが字余りや字足らずは何故か変な感じがします。特に字足らずの場合。昔から5・7のリズムに慣れているということなんでしょうが、個人としては千年も生きているはずがないので、昔からの日本語の性質だと言われてもよく分かりません。
生まれてから今までに聞いた日本語のリズムが5・7調だということなんでしょうか。歌や俳句は確かにそうでしょうが普通の話し言葉は別に5・7調で話しているわけではないのに。

http://trenton.exblog.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ