2017/10/21

サントリーニ島観光  

いやー、お腹いっぱいです。

本日10/20はアイランドツアー初の1日フリータイム。サントリーニは見所が多いにもかかわらず交通の便が悪いので、48ユーロ出してバスとボートの1日ツアーに参加しました。

朝はエリアス修道院から、オイアの日没まで、約11時間半のフルコースでお腹いっぱい。ただメインの街であるフィラを観ていないので、明日朝の空き時間に訪問するかどうか検討中。

明日午後発のフェリーで約8時間かけ、深夜にアテネ着の予定です。
0

2017/10/20

サントリーニ島に到着  旅行

全く勘弁して欲しい。

旅行会社のミスで、ミコノス島からサントリーニ島へのフェリーの船名が間違って表記されていた。

ミコノス島ではOld PortとNew Portの二つの港があり、船名が違うと出航する港が違う。

私は表記された船が出るNew Portに行ってしまい、危うく乗り過ごすところだった。他に二組間違ってNew Portに来てくれたおかげで状況がわかり、私の旅行会社のミスが発覚した。

そのタイミングでNew Portにはタクシーは一台もなく、たまたま一時間に一度のOld Port行きの水上タクシーがあったため助かった。

まあ、間に合ったので結果オーライだが、行きのタクシー代と戻りの水上タクシー代合計17ユーロ余計にかかってしまった。

旅のネタとしては面白いが、他に犠牲者が出るのは忍びないので、旅行会社には後でクレームすることにする。
0

2017/10/19

ミコノス島に滞在中  旅行

シロス島からフェリーで約一時間、有名なミコノス島にやって来ました。

なかなか面白いところですな。スペインのイビザと張り合うくらいパーティーピープルが集う場所ですが、夜遊びするかどうかは考え中。

明日朝はサントリーニ島に移動します。フェリーとホテルだけアレンジしてくれて一人で周るツアーなんですが、一島一泊ずつはちょっとせわしない。


0

2017/10/18

シロス島に滞在中  旅行

アテネからフェリーで4時間半のところにあるシロス島(Syros)というところに来ています。

あまり有名な島ではないですが、落ち着いていてこれはこれでいいところです。あまり歩きたくない気分だったので、カフェでのんびりと過ごしていました。

明日は昼過ぎにミコノス島に移動します。
0

2017/10/17

アテネに到着  旅行

無事アテネのホテルに到着しました。

シャワーを浴びてベッドで一眠りしたら、蚊の羽音で目が覚めた。気付くと数ヶ所刺されていて痒い。部屋が暑かったので不用意に窓を開けたから入って来たのかわからないが、非常にうっとうしい。

明日は朝早くシロス島行きのフェリーに乗りこみます。
0

2017/10/16

チューリッヒに到着  旅行

トランジットでスイスのチューリッヒ空港に到着しました。チューリッヒは以前観光で訪れて以来10年振り。

スイスもギリシャもシェンゲン協定に加入しているため、チューリッヒで入国審査。先に更新したまっさらなパスポートのスタンプ第1号はスイスになりました。

あと二時間程でアテネ行きのフライトに乗り込みます。
0

2017/10/16

ギリシャ旅行  旅行

ようやく荷物を積めました(笑)。まあ、観光、かつ寒いところでないので30分もあれば準備できますが。

10/15 シカゴ
10/16 アテネ
10/17 シロス島
10/18 ミコノス島
10/19-21 サントリー二島
10/22 アテネ
10/23 コリントス、ミケーネ、エピダウロス
10/24 オリンピア、アンティリオン
10/25 デルフィ、カランバカ
10/26 メテオラ、アテネ
10/27 シカゴ

結構移動が激しいスケジュールになりました。後半はバスツアーですけどね。

それでは行ってきます!
0

2017/10/15

本当に終了  アメリカ生活

本日10月14日(土)は役員を務める非営利団体の反省会&打ち上げ。

イベント終了後も引き続き会計報告のアップロードや、オークションの落札者とスポンサーへの連絡、お礼のメッセージ作成などの作業が発生していたが、本日にて私の担当するイベント関連の業務がすべて終了。

懸案の税理士試験も科目合格し、明日からのギリシャ旅行は心置きなく楽しめそう。まだ荷物、詰めていませんけどね。
0

2017/10/14

個人税制 合格  趣味

無事合格した。

趣味で勉強している米国税理士(Enrolled Agent)の1科目Individuals(個人税制)を本日10月13日(金)受験。

Uberを使って早めに近くの試験会場プロメトリックに行くと、これまでにないほどの受験者が居て、30分近く待たされた。各々受ける試験は別だが、プロメトリックがこれだけ混んでいたのは初めてではなかろうか。

公認会計士(CPA)試験の際のように写真撮影や指紋認証はなかったが、相変わらずポケットの中のものはすべてロッカーに預け、ポケットを裏返したり、裾をまくったり、金属探知機などでボディーチェックを受ける手続きは同じ。ただメモパッドと鉛筆に加え、小さな電卓を渡された。

試験内容は選択式で100問。3時間半あるが、私は約1時間で一旦すべて回答し、その後約1時間半使ってすべての答えを確認する、という手法で約2時間半で終了。部屋を退出する際に合否結果を渡され、合格していることが確認できた。CPA試験と違ってその場で結果がわかるのが良い。

スコアは教えてくれないが、5つの項目が3段階で評価されている。私の場合、3つの項目で一番高いレベルのレベル3、残り2つの項目がレベル2、ということでまずまずの結果だろう。いずれにしても合格することが重要。

さて、次の科目は3科目中最難関のBusinesses(事業税制)。ちなみに最初の科目に合格してから2年以内に他の2科目を合格しないと、最初の科目合格が失効してしまう。

2年間あるとはいえ、来年2月末までに3科目合格できないと試験内容が変わる上に、受験料が1科目当たり70ドルアップすることが発表されている。また転職してしまうと、なかなか勉強できなくなる。

ということで、次の科目の事業税制はできれば来年1月上旬、最後の科目は2月末に合格したいと思っているが、さて如何に。
0

2017/10/13


懐かしい名前を久しぶりに見た。

SNSのLinkedInというサイトに登録しているが、知り合いと繋がり、たまにメッセージをやり取りする程度で、積極的な使用はしていない。ただプロフィールが閲覧されるとアラートが出てくるので、一応誰が見たのかを確認している。

昨日10月11日(水)同アラートが出たので確認すると、二つ目に勤めた会社の本社社長Oさんだった。何年か前に人づてで東北の企業に転職したと聞いていたが、引き続きこの企業で役員をされているよう。最後に退職の挨拶をして以来、約9年半ぶりのコンタクトだ。

「いやー、懐かしいな」と思い、繋がるようリクエストすると承認してくれて、「その節はお世話になりました」と丁寧なメッセージを送ってくれた。こちらも「こちらこそ大変お世話になりました」と返信した。

彼こそ、アメリカの現地採用である私をヨーロッパの所長として抜擢し、フィンランドに送り込んだ張本人。2007年初頭にはすでにマーケットの変化で会社の雲行きが怪しくなっており、私もアメリカで転職しようとしていたところ、この異動があったため会社に留まった経緯がある。

その後、ヨーロッパの状況を確認したが、マーケットの変化には抗しがたく、このOさんと見解が異なった私は2008年3月にフィンランド駐在途中に退職。その後Oさんもこの会社を去った。

Oさんが居なくなった後、この会社から私を再雇用すべく連絡があったが、丁重にお断りしたという経緯もある。その後、残念ながら会社はなくなったが、アメリカ・ヨーロッパで良い経験を積ませてもらい、人生が数段面白くなったので、Oさんには大変感謝している。

SNSについては思うところがあり積極的に使っていないが、こういうことがあると実に楽しい。いつかこの会社の元社員の集いでもあれば、是非Oさんにお会いしてお礼を述べたいと思う。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ