2014/10/4 | 投稿者: 管理者

英会話のカンニングペーパー式学習法『ネイティブスピーキング』

英会話のカンニングペーパー式学習法『ネイティブスピーキング』




英会話のカンニングペーパー式学習法『ネイティブスピーキング』


Q英語ビギナーでも、本当に英語が話せるようになりますか?

はい。

この学習法を実践すれば、英語ビギナーでも英語が話せるようになります。

あなたが、この教材ですることは、「ネイティブの真似をするだけ」です。

繰り返し、ダイアログを読むうちに、そっくりネイティブの真似ができるようになります。

ネイティブに質問されたら、普段、練習していることなので、スラスラと英語が話せるはずです。

日本語でプレゼンをする前に、練習をしますよね。練習をしないのと、するのとでは、プレゼントの成功率が大きく変わります。

英語でも、同じことで、「英会話のカンニングペーパー」を使って、事前に、自信がつくまで、繰り返しリハーサルをしておけば、いざ、英語を話す時に普段、リピーティングしているように自然と英語が口から出てきます。

私が30日で英語を話せるようになった方法を再現したのがこの教材なので、あなたもこの教材の通りに学習すれば、30日で英語を話せるようになります。


Q1日どれくらいの時間、勉強すればいいですか?

1日20分〜30分の学習をオススメします。

たった、これだけの時間を割くことができれば、最短期間で英語を話せるようになります。


Qネイティブと英語を話す時には、カンニングペーパーを見ないで話すということですよね?カンニングペーパーを見ないでも英語を話せるのか不安です

あなたが会話をしたいトピックの「カンニングペーパー」で、何度も繰り返しリピーティングをすれば、暗記をしないでも、そのトピックについて話せるようになります。

自宅で、一人で、英会話の練習をできるので、あなたが、自信を持って、そのトピックについて話せるようになるまで、繰り返し、英会話の練習をして下さい。

事前に、英会話のリハーサルを充分にしておけば、ネイティブと会話をすることになった時に、まるで、「カンニングペーパー」を見ながら会話ができるようになります。


Q英語を話せるようになるには、ダイアログの内容を暗記しないといけないということでしょうか?

暗記する必要はありません。

ダイアログをリピーティングやシャドーイングすることで、それぞれの質問に対する答え方が自然に身につくようになります。



>>ネイティブスピーキング公式サイトはこちらから














0

2014/9/21 | 投稿者: 管理者

ワーホリ英語シミュレーター(通常バージョン)

ワーホリ英語シミュレーター(通常バージョン)




ワーホリ英語シミュレーター(通常バージョン)


他の英語教材とどこが違うのですか?

他の英語教材との違いは以下の3つです。

1)この教材は実際にワーホリを経験した中川と福嶋で開発しました。

ファームやシェアハウスを探すときの英語など他の英語教材には無いコンテンツが入っているワーホリに特化した唯一の教材です。

2)この教材はワーホリを疑似体験できるように、音声、動画、テキストのすべてで学ぶことが出来ます。

通常の英語教材はテキストと音声のみの場合が多いですが、この教材は現地の人との会話のやり取りが収録された動画まで含まれています。

あたかもあなたがそこにいるような感覚でワーホリ生活を疑似体験することができるので、楽しみながら必要な英語だけを効率よく学ぶことができます。

3)巷の英語学習教材は一般化し過ぎているので、どこでその表現を使うのかイメージしにくいという欠点があります。

また、目的もなく目標も定かでない状態で学習することになるので「やらされている感」が出てしまい、学習を継続するのが困難になります。

ですが、この教材はあなたがワーホリ生活中に必ず直面する場面の英語を学習できるようになっています。

なので、やるべきことが明確になっていて、教材通りに英語をマスターすればワーホリ中に使う英語を自然と覚えられるのです。


英語学習に時間を取れないのですが効果はありますか?

この教材はテキスト、音声、動画をご用意しており、iPhoneやスマートフォンに音声や動画を入れておけば、テキストがなくても通勤途中や休み時間に5分だけ聞いておこうなど、スキマ時間を利用して学習できます。

その時は是非、あなたの頭の中で「ワーホリに行っている」というイメージを持ち、シチュエーションを思い浮かべながら音声や動画を聞いてみてください。

自分がそこにいるとイメージしながら頭の中で声に出すようにすると学習効果が高まります。


文法力や単語力が足りないので理解できるか不安です。

この教材はワーホリ中に起こるシチュエーションの「受け答え」を中心に構成しています。

あなたに文法や新たな単語を学んでもらう必要はまだありません。

テキストや音声、動画で使われている表現をそのまま使うことであなたと話し相手の会話が成立するようになっていますのでご安心ください。

ライブ会話はオーストラリアの現地で撮った動画ですので、動画とテキストを一緒に見ながら学ぶことでネイティブの使う表現も覚えることが出来ます。


本当にテキストに書いてある質問をされますか?

福嶋は4年間オーストラリアでネイティブの人と生活を共にしてきました。

シェアハウスを何度引っ越し、携帯電話も何台か買い換えていますし、ファームでの滞在経験も4か月あります。

ですので、その経験からどんな質問が来るかは分かっています。

また、ライブ会話では打ち合わせなしで撮っているので、彼らの普段使っている英語をそのまま聞くことが出来ます。

同じようなシチュエーションでは必ず同じ質問がされるのです。



>>ワーホリ英語シミュレーター公式サイトはこちらから














0




AutoPage最新お知らせ