2012/10/14

つぶやき  

なが〜い愚痴というか、つぶやきです。

この立場になると、いろんな仕事をいろんな方にお願いすることが多くなります。
仕事をお願いしてみたときの反応には大きく2つあります。

「よくわかりませんが、せっかくの機会なんで、とりあえずやってみます!」と言ってくれる人と、結局、固辞されるケースです。
固辞される場合、「忙しい」や「そもそも考え方が違う」「専門領域が違う」などの理由はよく理解できますが、「私にはまだまだ」「私なんか…」などと変に謙遜される場合に、その人が教育者であったりすると寂しくなります。
「私なんかには・・・」と言うような人に教えてもらっている学生さんや部下たちはどうしたらいいんでしょう。

私は昔、恩師に「させてもらえる仕事は断っちゃいけない」と教わりましたので、未だに断りません。
まぁ、その恩師は数年前に「そろそろ仕事は選びなさい」と言ってくれましたが。。。
そして、そう言ってもらえたことで少しは評価されたのかと自分にフィードバックしたものです。
仕事には「やりたい」と手を挙げてもさせてもらえないものもあるわけで、自分を選んでくれたのであれば、何とか期待に応えなければならないと思います。

一方、Twitterで「理学療法士」などのキーワードで検索してみると、どなたが書いているのかわかりませんが、「これからの理学療法士には〇〇が必要」とか「もっとエビデンスを」とか「研究者を排出しなければ」というような内容をよく目にします。

それが、何かアクションを起こしている人の言葉なら説得力もあるし納得もできます。
もっともっと配信してくれた方が業界のためにもなるでしょう。

しかしながら、何もしていない(と思われる、していると知られていない)人がそういうことを書いているのはどうかと思う。

自分が頑張ればいいし、自分がそういう人間になればいい。
自分のがんばっている様子を配信すればいい。
知られていないなら知られるように、SNS以外にも公に発信していくべきでしょう。
なぜなら、おそらく、書いている人は評論家じゃなくて当事者なんだから。

まぁ、そもそも「つぶやき」だから、無責任なことも何でも書いていいんでしょうが。

ただ、その記載を読んでいる目下の人や学生さんがいることは少し心の片隅にでも置いておいてほしい。

「まずお前ががんばれよ」と言われないような活動、発信をしてほしいと思う。
1

2012/6/14

(無題)  教育

形式知として伝えられてきたことは本に書いてあるので,
本を読んでまとめればいい.
そんなの図書館でできる.

暗記しなくても,
どの本の大体何ページぐらいのどの位置に書いてあったか覚えておけばいい.
わからないときにすぐに調べられて解決できるから.

文献を読むのはduty以外の時間でできるし,
読むことは偉いのではなく,作法だ.


患者さんが目の前にいるときはきちんと向き合わねばならない.


指導される立場なら,
手先の技術を真似るのも大事だろうが,
何を考えているか,
何を見て何を感じているかを共有するような姿勢が必要.

しかも,説明待ちではなく,
何を見て,何を感じて,
どんな判断をしたかを説明してくれるよりも
先に自分で考えておくことが重要.

指導する立場なら,
小難しい説明をする前に,
とりあえず「してやられた感」を持たせればいい.


してやられた感を持たせるには2つのものが必要.

ひとつは「変化」

変化にはランクがある.
 自分よりも優れたセラピストにしかわからない変化
 自分にしかわからない変化(独りよがりを除く)
 自分よりも未熟であろうセラピストにわかる変化
 他職種にもわかる変化
 患者さん本人にわかる変化
 家族にもわかる変化
 小さい子どもにもわかる変化

無論,下に記載しているほど,クオリティが高い.


もう一つは「向上心」もしくは「自負」あるいは「思い入れ」

自分が担当している患者さんを
別の者に取られてしまうのではないかという感情
これは,恋愛感情と同じ中枢のはずである.
0

2012/5/29

思い入れ  仕事

自分が担当している患者を他の誰かにすごく治されたとき
自分がずっと担当していたのに,初対面のセラピストにラポールを形成されて,
今度来る日を尋ねられるような状況になったとき


悔しい
自分が担当で申し訳ない
初めからこの人が担当していたらもっと治ったのに

そういうことを思わない人がいるみたい
担当患者さんへの思い入れ,執着がないのか?

それって,セラピストとして伸びる要素がないと思う
というか,人として大丈夫なのか?


自分の彼女が初対面の男にまた会いたいとか言われたらどう思う?
って思ったけど,仕方ないって思う人もいるみたい.

その方が楽だし,自分も傷つかないから
彼女に思い入れはないのか?

人として大丈夫なのか.


あるいは,自分が歳をとってしまったのか...


そういう人が増えているとするならば,
組織の中にそういう人の割合が増えてきているならば,
どんなマネジメントをすればいいのだろう.
1

2012/2/13

やりたいこと  

「自分のやりたいこと」が
わからない
わからなくなってきた

「自分のやりたいこと」を
見つける
見つけたい


そんなことをよく聞く.

自分のやりたいことがクリアにわかっている人は幸せで,
自分のやりたいことをやっている人はもっと幸せ.

自分のやりたいことがわからないことが不安になる前に,
自分のやりたいことを見つける前に,
自分のやりたいことをやってもいいようになる前に,

自分がしなければならないことを知っているのだろうか.
自分がしなければならないことをしているのだろうか.
自分がしなければならないことを独立してできているのだろうか.
自分がしなければならないこと以上のことをしているのであろうか.


have to・・・がクリアされないところに,
want to be・・・は存在しない.

もしそんな世界があるなら,義務や責任を放棄して,
好き勝手やっているだけにすぎない.
4

2011/12/21

負荷  

仕事がいろいろ重なってしんどいということを耳にする.

「仕事が重なる」って何だろ.

「重なる」って何だ?

Aさんの治療,Bさんの治療,Cさんの治療・・・という「重なり」か?
臨床,報告書,レポート,発表・・・という「重なり」か?
病院の仕事,別の会の仕事,そのまた別の会の仕事・・・という「重なり」か?

これらは,学生時代に重ねると以下のようではないのか.
国語の勉強,数学の勉強,英語の勉強・・・という「重なり」
勉強,掃除,給食当番,係の仕事・・・という「重なり」
課内活動,課外のクラブ,塾,地元の集まり・・・という「重なり」

って考えると,何も重なっていないはずだ.

治療だけしていればいいのか?
治療もろくにできないのに.

治療もろくにできないのに,治療しかしなかったら,
何もしていないことにしかならない.

治療がろくにできないから,雑用もするし,
勉強もするし,指導も受けるし,
負荷がかかるのじゃないのか?

練習や苦労ももしないで結果が出せるようになってから仕事は選べばいい.


「仕事が重なって・・・」なんて,
しんどい理由を探しているだけとしか思えない.

「仕事が重なってしんどい」って言うのは,
自分のキャパシティが小さいことを宣言しているだけだ.

学生時代に,勉強が忙しいからってクラブを辞めて,
成績が上がった奴なんて見たことない.

自分のキャパシティが少ないことや自分のアホさは隠してほしい.


仕事が「重なって」しんどいなら適当な理由をつけて休めばいい.
クラブをズル休みするのと同じで,嘘をつき通して休んだらいい.


他によく聞く言葉に「いろいろやることがある」ってのがある.

いろいろやるのがイヤならしなかったらいい.

指示が来るので仕方なくやっているなら「無理」って言えばいい.
いろいろやるのがイヤってことは,
何もしなくていいようになることを望んでいるのだから.


何か仕事を振ったら「忙しい」とか「無理」というのに,
別なことを「やりたい」という.
あるいは「無理」と言えなくてしんどくなってしまう.

自分がやりたいことだけやってていい世界なんてあるのか?
自分のキャパシティに合った仕事を上司に振ってもらうしかできないか?


クラブで「試合に出たい」って言い続けて,
雑用をしないとかあり得なかったはずだ.
監督や先輩から言われたイヤなことや理不尽なことを無視して,
試合に出たいっていう世界なんかなかったはずだ.


しんどくなった者にやさしく手を差し伸べるのはいいが,
手を差し伸べるときには,その後の後のまた後のことまで考えているのか?
負荷を減らすだけがいいのではない.
まして,しんどくて後ろ向きになっている者と今後のプランを相談しても,
前向きな結論など得られるはずもない.

「みなさんに迷惑をかけて・・・」
迷惑をかけずにすごく貢献できるって思っていたの?

「上の人に申し訳なくて・・・」
それを今気づいたの?

「全然できなくて・・・」
できるって思ってたの?

「きちんとしたことができなくて・・・」
きちんとできるって思ってたの?


そんなことばかり.
その場しのぎの理由や言い訳なんて不要.
自分と向き合って,自分のレベルをきちんと見極めて,
自分に正直にならないと.
1

2011/10/29

小言  

■仕事も勉強もスポーツもがんばるのは当たり前だ
 「がんばります」って偉いのか?

 がんばらずに結果を出せるのが一番いい.

 がんばることを自分で表に出したらがんばっている値打ちが下がる.

 がんばっていることを評価するのは目上の人であって,
 がんばっていることを評価してもらっても喜んではいけない.

 他に評価するものがないから,
 がんばっていることを評価されているのだから.


■できないことをできるようにする
 不得意なところを減らすようにする
 悪いものを良い方向に変えていく

 それも当たり前だ

 「改善します」って偉いのか?
 改善するなら黙って改善したらいい
 改善する前から改善しますと宣言する意味は何もない
 宣言された方も困ってしまう

 努力は隠れてするものだ

■ご指導をお願いします
 ご相談させてください

 お願いも相談もしてくれていいが,
 お願いだけ,相談だけというのはいかがなものか
 報告もないし,アクションもないのにお願いや相談だけ
 お願いして指導されて,相談していろいろ教えられて,
 それで満足しているのではないか.

 指導や相談をお願いするのは,まずは動いてみてからであって,
 先にお願いや相談をするのは順番が間違っている
0

2011/10/24

常識  

当たり前のラインがおかしい.


■反省する程度
■何かを指導されたときに共有すべき物事の判断と共有範囲
■個人の意見を尊重しなければならないことと尊重しなくていいこと
■仕事を休む理由
■遅刻する理由
■患者さんが「良くなった」と判断する程度
■治療で変化したと言っていい程度
■改善が遅いと思う期間
■何かの指示に対して行動するまでの期間と完成させるまでの期間


他にもありすぎて,書けないし急に思い出せない.


当たり前のライン = 常識 で,
常識 = 大衆の感覚 であるならば,
俺がおかしいということになってきているのかもしれない.


自尊心や自立心を高めたいがために干渉を減らしてきたのが間違っていたのか,
虎の威を借りているバカばかり集まってきているのか,
それとも本当に俺の常識がおかしいのか.
0

2011/9/7

責任感と免罪符  

上の者から指導を受けたことを、
さらにその上に評価されるとき

下の者は、指導してもらったものということで、
指導してくれた者に責任を転嫁したり、
すでに指導してもらった事実を
免罪符のようにしていないだろうか。

指導した者は、自分自身が免罪符になることを
責任感と勘違いしていないだろうか。
0

2011/8/15

論理的思考  仕事

仕事柄、患者さんの問題点を抽出したり、
スタッフの研究論文や学会抄録を添削したり、
ビジネス文書のチェックをしたり、
そういう作業が多い。

大切なことは要点を簡潔に捉えて
他者に明確に伝えることができること。

それと、論理的な思考に基づいていること。


論理的思考について、最近思うことがある。

原発事故が話題になって、
脱原発の議論が盛んになっている。

原発の要否について意見を述べる気はないが、
論理的に無理はないのだろうか。

放射能漏れの事故が発生したから、
原発は不要、脱原発ということに
なっているような気がする。

放射能漏れ事故の原因が原発そのものだったら
そういう論理になるだろう。

しかし、今回の災害の原因は原発そのものではなく、
設備の強度や事故発生後の対応に起因するものが多いのではないか。

そうであれば、設備の強度や危機管理システムを精査して、
対応することが対策であるはずだ。

非行少年が多いから、子どもを産ませないようにする
というのと同じ論理になってしまう。


平野啓一郎氏の「決壊」の中に書かれていた。

精神障害だから殺人事件を起こすのか、
殺人事件を起こしたことで精神障害と診断されるのか。

新聞やテレビで大きく取り上げられた事件の犯人が
精神障害であったケースをよく目にする。

そういう事件を起こしたから、
そういう事件を起こすことが1つの症状として、
精神障害と診断されるのであれば、
精神障害の人が事件を起こすのではなく、
事件を起こすとそれを1つの症状として
精神障害と診断されるという論理になる。

このような、一見堂々巡りの論理展開は、
臨床での評価や論文、ビジネス文書の展開として、
しばしば見られる。


客観的、論理的思考を心がけねばならない。
2

2011/8/8

ツイッター  

ツイッターに小さいことをちょこちょこつぶやいてると、ブログの更新が滞ってる・・・
0

2011/6/23

カンボジア その2  

昨日は、孤児院で医療支援

今日は我々の寄付で作ってくれた小学校の視察

クリックすると元のサイズで表示します


その後、移動途中にサンセットクルージング

クリックすると元のサイズで表示します

明日はアンコール遺跡
0

2011/6/23

カンボジア  

いまカンボジアに来ている。
職場からの医療支援であるが、カンボジアの歴史に触れる場もある。

まずは国立小児病院

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


日本や韓国、ヨーロッパからの支援もあり、
設備や人員はさすが国立という感じ。
でも、実際に働くカンボジアの人たちの意識・考え方を変えていくのが大変とのことだった。
やはり、国の発展にとって教育はすごく大切だ。



続いて トゥールスレン(収容所と拷問所)

クリックすると元のサイズで表示します

それから キリングフィールド(処刑場)

クリックすると元のサイズで表示します


ポルポトは毛沢東の文化大革命を後追いしたのだろうか。
彼はカンボジアでは悪人のようである。
ただ、冷静に考えると功績もあるようだ。
0

2011/5/25

指導  仕事

後輩の指導
○○の指導

教える内容の精度やレベルは、
自分もある程度の能力を持たないと
高めることはできない。

では、若い者が若い者を指導するとき、
階層の最上位でないものが自分の下位のものを指導するとき、
精度が大切か?
精度を求められているか?

そんなことは求めていない。

いい格好をして精度や質が
高いような空気で教える必要は無く、
そんなのはむしろ悪だ。

求められているのは、精度ではなく、
自分のセラピストとしての生き様、
自分の成長過程を見せることができるかどうか。

いわゆる「自分の背中を見せる」ってやつだ。

だから、自分のバカさは隠さずに、一緒に成長すればいい。
2

2011/5/11

代紋  仕事

代紋とは、やくざの一家を表す紋章らしい。

「看板」に置き換えるのはまずいのだろうか。

職場や団体、学校など、ある組織に属している場合、
あるいは、有名なコーチや先生に師事しているような場合に、
「○○の名を汚さないように」というような場面がある。

よく見る映画がマネジメントの参考になっている。

その中で

「俺は代紋を守るが、お前は代紋を盾にする」

というセリフがあった。

これはかなり名言だ。

○○の名や看板は守るべきもの、象徴であって、
盾にして威を借りるためのものではない。
0

2011/5/2

上に立つ者  

「上に立つ者はいろいろなことを想定しておかねばならない」と書いた。

その続き。

上に立つ者は、いろいろなことを想定して、
その対応・対策をいくつも持っておいた上で、
いろいろなことに思いをめぐらせ、
スピードのある熟考をし、
そして、決断しなければならない。

スピードのある熟考には情報の収集と分析が必要となる。
そして、情報分析に基づいて自分の信念を
ぶれさせることなく決断しなければならない。

その決断には勇気が必要となる。

自分の思うところに忠実に、
曲げることなく決断することには勇気が必要である。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ