男の「精力がUPする」夏の食べ物3つ

2017/4/13 
■お疲れ気味の彼には「ウナギ」

昔から精がつく食べ物として有名なウナギ。夏は、土用の丑の日に鰻を食べることで夏バテを防止する、スタミナ食として知られています。

天然ウナギは秋から冬にかけてが旬ですが、国内で出回っているウナギのほとんどは養殖ウナギ。通年食べることができますが、需要が増える土用の丑に向けて出荷量が増えるといわれ、夏が旬ともいえます。

ウナギには抗酸化力があるビタミンEのほか、男性ホルモンの生成、分泌を促す亜鉛が豊富に含まれています。

ちょっとお疲れ気味の彼には、スタミナUP&精力UPのウナギで元気回復してもらいましょう♡



■美容に無頓着な彼には「トマト」

1年中手に入りますが、露地物は6〜8月が旬。初夏と秋が最も美味しい季節です。

健康や美容に良いといわれるトマトですが、実は「食べる精力剤」ともいわれています。男性不妊の予防・改善にも効果があるとされ、トマトジュースでも効果があるそうです。

また、トマトに含まれるリコピンには体の酸化を防止する作用があり、老化を防ぐアンチエイジング食材。その作用は「アンチエイジングのビタミン」とよばれるビタミンEの100倍以上! 女性にとっては美白やシミ・シワ予防にも嬉しい効果があります。

お肌のお手入れに疎い彼も、トマトの抗酸化力が助けてくれそう。いつまでも色々男らしくいてもらうために、トマトを使ったレシピを広げたいですね。



■夏バテ気味の彼には「スイカ」

夏といえばスイカ。その90%は水分ですが、残り10%に含まれる豊富な栄養素の中に、シトルリンが含まれています。

シトルリンは体内でアルギニンに変化、血流を良くする効果があり、強壮剤にも含まれる成分です。効果を発揮するためにはスイカ半分くらい食べないといけないようですが、夏バテ・回復効果もある夏に嬉しい果物です。

夏バテ気味の彼も、水分の多いスイカなら食べやすいはず。ついでに精力UPも期待しちゃいましょう♡



バランスの良い食生活が大切ですが、夏が旬の精力UP食材を意識的に取り入れて、彼に元気になってもらいましょう♡
0


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ