巨大生物レオクラシックス(笑)  22世紀に残る音

レオクラシックス東京公演にご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

レオクラシックスは、立ち上げた当初から音の質とコミュニケーションを軸にリハを進めてきました。

そして、音という形のないものが自然体のパフォーマンスへと視覚化され、それをお客さんに観ていただけたこと。

京都公演以降、回数を重ねるごとに音が巨大生物のように成長していくプロセスは、出演者やスタッフみんなの理解が形になっていくようで幸せでした。

音と視覚の融合(自然体・笑)

クリックすると元のサイズで表示します

O-EASTのクールなステージにそびえ立つ上野雄次さんの竹の依代(神霊が寄りつくもの)。

大太鼓を叩いている時も竹を見ながら、姿勢を正し、しなやかな演奏を心がけました。

今は映画のコピーのように何万人動員とか数字を並び立て、経済のシステムをフル活用。パフォーマンスもオリジナリティはひとまず横に置いておいて、客受けのいいものにシフトする。

それが当たり前の時代。

前にも書きましたが、レオクラシックスは「太鼓に向かう心」を22世紀に残したいのであって、私はそれをど真ん中に置くことで、「なぜ、人は叩くのか。なぜ、心に響くのか。」という永遠のテーマが日々明確になっていきました。

いつ失われるか分からない切なさを伴って、LIVEに生きる。未だに族やらBANZOのリズムが身体の中でうねっていますが、レオクラシックスは、これからどうなっていくのか。

胸高鳴る♡

クリックすると元のサイズで表示します

2017年9月25日「レオクラシックス東京公演セットリスト」
演出、構成、作曲/レナード衛藤
1.奉納の舞 w/ 小島千絵子
2.パンコメレン劇場 w/ 小島千絵子
3.BANZO
4.TAMAGOMETA w/ 阿部一成(能管)、小泉なおみ(能管)
5.かつぎ太鼓ソロ
6.タンタラム
7.FULL MOON(太鼓セットソロ)
8.FIREBIRD(S) w/ 小島千絵子
9.王様の記憶 w/ 齊藤栄一(王様の踊り)
10.ZOKU w/ オールキャスト、上杉美穂、白鷗高校
11.チャッパ・シンバルソロ
12.TOUCH(大太鼓ソロ)
13.22世紀の真っ赤な大地
14.彩・前歌(作曲/長山善洋、笛アレンジ/阿部一成)
〜 彩 w/ オールキャスト、田所いおり(ダンス)、前田新奈(ダンス)

竹の依代/上野雄次
照明/小宮康生(東京・京都)
音響/木村文子(東京)
舞台監督/伊藤英一、稲葉真奈津(東京)、野崎信之(京都)
そして、フロントを手伝って下さったみなさん、ありがとう!

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ