レオクラシックス始動!  

あけましておめでとうございます。

2017年、レオクラシックスを始動させます。「22世紀に残る音、残す音」というビジョンを掲げ、もう一度、太鼓アンサンブルと向き合っていこうと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

このレオクラシックスには、単に自分の功績や曲を未来に残そうなんていう私利私欲はありません。先のブログにも書いたように、時代が変わり、太鼓に使われる素材が変わっていったとしても、受け継がれるものは太鼓と向き合う心であり、知恵や工夫でありたいという思いが根本にあります。

確かに1980年代に作曲した「族」や「彩」という曲を通じて、メッセージを伝えていくことを否定はしませんが、それらの楽曲はもう十分なほどの評価を受けてきましたし、これからも愛して下さる方がいれば、私が何かアクションを起こさなくても残っていくことでしょう。楽曲は世に放たれた時点で独り歩きしていくものです。

太鼓アンサンブルと向き合おうとくすぶっていた思いを後押ししたのは、2016年11月に出演した伊勢太鼓祭でした。郷土芸能はもちろん、大御所がずらりと出演された太鼓祭り。現地に入って、60代や70代の御大のキリッとした叩きっぷりと笑顔。懐の深い佇まいに心を揺さぶられました。

若い連中と叩き終えた後も率先して太鼓を片付けるその姿は、どこかの太鼓グループの俺様ぶりとは全く異なる光景でした。心と身体。そして、自分の表現を支える道具を大事に扱い、それらがひとつになったオフステージの表現と受け取りました。

クラシックという言葉は再現芸術と連想されてしまいますが、レオクラシックスは絶対進行形。世界情勢や時代の空気に私も翻弄されてしまうことがあるかもしれません。人間は弱いです。

でも、太鼓と向き合っている時は本質を見失わないし、その先には自由な表現が広がっていて、そこにこそ「22世紀の音」があると思いたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

始動と言っても、簡単なことではありません。メンバーも決まっていませんし、決定事項は何もありません。

22世紀までまだまだありますからね。じっくり考えて進めていきます。意外と!意外と!ライブ・・・早いかもよ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
写真はすべて伊勢太鼓祭より

皆様にとって素晴らしい1年となりますように。

本年もどうぞご贔屓に!!!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ