受け止められない自由  ヨーロッパ

ミラノから日本に帰る便でのこと。

経由したフランクフルトの空港でカバンを落としてしまい(しかも2回!)、中に入れてあったPCが見事に崩壊。

気を取り直して、日本行きの機内に乗りましたが、しばらくして異常に気付く。

「臭い!」

誰か足の臭いがきつい乗客がいる。しかも、強烈。。。

このままでは食事もできないと思い、意を決して、フライトアテンダントにメモを渡しました。

「申し上げにくいことなのですが、足の臭いがきつい方がいるようで、このままでは食事ができそうにありません。消臭剤か香水のようなものはないでしょうか。」

フライトアテンダントは即座に対応してくれて、私の席周辺にさりげなく、アルコールを含んだ何かを撒いてくださった。

その際、フライトアテンダントが「実は、他のエリアもかなり臭っておりまして、複数いらっしゃるようなんです」。

こりゃ大変だわ。

海外を旅していて本能的に「きたーっ!」と感じるのは、視覚的なことはもちろんですが、実はグッとくるのは匂いなんですね。

南国の香りってあるでしょ!?あれは素敵ですけど、アフリカとか強烈です。鼻腔が崩壊しそうになったことがありました。

でも、こればかりは仕方がないのです。体臭ですから。

日本のフライトアテンダントの対応は素晴らしく、空いている席に移らないかご提案いただいたり、ファーストクラスを担当されているチーフまで謝罪に来たり。

別に飛行機会社が悪いわけでもないのにね。ここが日本の会社の素晴らしいところ。

残念ながら、その対応に甘えて、横柄な態度をとる乗客もいます。特におっさん。

フライトアテンダントに対して、「おい!」とか。

以前、ファーストクラスに乗ったことがあるのですが、私の隣に座っていたどこぞの社長か会長さん風のおじさんが、アテンダントに「和食になさいますか?洋食になさいますか?」と聞かれ、

「わっ!」

ありえないでしょ。いい大人が。昭和初期の映画かと思いましたよ。

もう一つ、臭いにまつわる出来事を。

韓国から日本に帰る便でのこと。

すでに着陸態勢に入りますというアナウンスの時、通路を挟んで2つ隣にいた韓国のおばちゃんが、ど〜しても食べたくなったんでしょうね。キムチ。

自分で漬け込んだキムチを入れた容器をビニールから取り出して食べようとしました。

当然、ビニールから出しただけで辺りにキムチ臭が漂いました。

悲劇は、その直後に起きたのです。

「ポン!」という音がしたと思ったら、何かが飛んできた。

おばちゃんが容器を開けた途端、気圧で中のキムチが暴発したのです。

私のシャツにもペチャ!と来ましたが、おばちゃんの隣にいたビジネスマンはスーツが台無し。

起爆したおばちゃんの顔はキムチで覆われていました。

でも、その時のフライトアテンダントの対応も素晴らしく、まず、被害にあった人たちに対して「申し訳ありません!」

「え、なんで!?」と思いますよね。でも、徹底してその姿勢。クリーニング代まで出していただきました。

狭い機内に立ち込める足の臭い。キムチの臭い。

この自由をあなたは受け止められますか。

これも種類によっては強烈よね。

クリックすると元のサイズで表示します

いつ何時も迅速に対応してくれたフライトアテンダント。

今回のフライトもありがとうございました。快適な旅となりました。

また、来るね!ミラ〜ノ!

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ