受け止められない自由  ヨーロッパ

ミラノから日本に帰る便でのこと。

経由したフランクフルトの空港でカバンを落としてしまい(しかも2回!)、中に入れてあったPCが見事に崩壊。

気を取り直して、日本行きの機内に乗りましたが、しばらくして異常に気付く。

「臭い!」

誰か足の臭いがきつい乗客がいる。しかも、強烈。。。

このままでは食事もできないと思い、意を決して、フライトアテンダントにメモを渡しました。

「申し上げにくいことなのですが、足の臭いがきつい方がいるようで、このままでは食事ができそうにありません。消臭剤か香水のようなものはないでしょうか。」

フライトアテンダントは即座に対応してくれて、私の席周辺にさりげなく、アルコールを含んだ何かを撒いてくださった。

その際、フライトアテンダントが「実は、他のエリアもかなり臭っておりまして、複数いらっしゃるようなんです」。

こりゃ大変だわ。

海外を旅していて本能的に「きたーっ!」と感じるのは、視覚的なことはもちろんですが、実はグッとくるのは匂いなんですね。

南国の香りってあるでしょ!?あれは素敵ですけど、アフリカとか強烈です。鼻腔が崩壊しそうになったことがありました。

でも、こればかりは仕方がないのです。体臭ですから。

日本のフライトアテンダントの対応は素晴らしく、空いている席に移らないかご提案いただいたり、ファーストクラスを担当されているチーフまで謝罪に来たり。

別に飛行機会社が悪いわけでもないのにね。ここが日本の会社の素晴らしいところ。

残念ながら、その対応に甘えて、横柄な態度をとる乗客もいます。特におっさん。

フライトアテンダントに対して、「おい!」とか。

以前、ファーストクラスに乗ったことがあるのですが、私の隣に座っていたどこぞの社長か会長さん風のおじさんが、アテンダントに「和食になさいますか?洋食になさいますか?」と聞かれ、

「わっ!」

ありえないでしょ。いい大人が。昭和初期の映画かと思いましたよ。

もう一つ、臭いにまつわる出来事を。

韓国から日本に帰る便でのこと。

すでに着陸態勢に入りますというアナウンスの時、通路を挟んで2つ隣にいた韓国のおばちゃんが、ど〜しても食べたくなったんでしょうね。キムチ。

自分で漬け込んだキムチを入れた容器をビニールから取り出して食べようとしました。

当然、ビニールから出しただけで辺りにキムチ臭が漂いました。

悲劇は、その直後に起きたのです。

「ポン!」という音がしたと思ったら、何かが飛んできた。

おばちゃんが容器を開けた途端、気圧で中のキムチが暴発したのです。

私のシャツにもペチャ!と来ましたが、おばちゃんの隣にいたビジネスマンはスーツが台無し。

起爆したおばちゃんの顔はキムチで覆われていました。

でも、その時のフライトアテンダントの対応も素晴らしく、まず、被害にあった人たちに対して「申し訳ありません!」

「え、なんで!?」と思いますよね。でも、徹底してその姿勢。クリーニング代まで出していただきました。

狭い機内に立ち込める足の臭い。キムチの臭い。

この自由をあなたは受け止められますか。

これも種類によっては強烈よね。

クリックすると元のサイズで表示します

いつ何時も迅速に対応してくれたフライトアテンダント。

今回のフライトもありがとうございました。快適な旅となりました。

また、来るね!ミラ〜ノ!

クリックすると元のサイズで表示します

ミラノで思う  ヨーロッパ

2年ぶりにミラノへ来ています。

文化庁文化交流使として活動した1年は、ここを拠点にヨーロッパからアフリカ、インドまで縦横無尽に飛び回っていました。

それまで月を往復するほどの距離を旅してきた自分の経験が、文化庁の絶大なるサポートを得ることで開花した1年でした。

しかし、強烈な「孤独」と自分の自由以上に人の自由を受け入れる、受け止める難しさを学んだ1年でもありました。

あるダンスカンパニーとコラボしていた時、私の作品に参加していたダンサーが感情を露わにわめき散らしていたことがありました。

状況が分からなかった私は、私とのコラボで何かストレスがあったのか呆然としていました。

その時、ある日本人の方から「彼らにとって感情を出すことは当たり前のこと。もし、それが出来なくなったらそれこそおかしくなってしまう。」といったことを言われました。

結局、作品とは全く関係ないことで納得いかないことがあり、それについて周囲に熱く訴えていたとのこと。

激しいです。男性も女性も。

でも、思ったのです。

「私に自由を!」は言えるようになっても、人の自由に対して寛容であることは難しいなあと。

日本は感情を露わにしないことが美徳ですし、なにかおかしいと感じることがあっても率先して問題提起はしません。

何となく大人な感じがしますが、要は事なかれ主義。

結局、悶々とした空気の中、声が大きい人の意見が通ってしまうという現場があちこちあります。どんな事象においても。

太鼓に目を向けても、叩くという行為は感情を露わにしたパフォーマンスが受け入れられがちですが、「お客さんに喜んでもらうため(感動させるため)」という何か対価を求めた途端にその感情表現は美しくなくなります。

その表現が自然な感情のほとばしりなのか。

表現の自由とは大きな隔たりを感じます。

あのアメリカですら、自由という概念が内向きになってきた今。

街のカフェでいろいろと思うミラノ滞在です。

カフェちゃうけど〜。

クリックすると元のサイズで表示します

太鼓も新しいお部屋にお引越し(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


11月初めに行われたオムニバス・ライブツアーを含め、この1か月に私が直面した出来事。

いずれも今後の私にとって大きな意味をもち、今も整理がつかない中、この1か月がオムニバスだったのかと思うほどです。

まず、ツアー前日に某渋谷の放送局で番組収録がありました。急遽、メンバー変更もありましたが、久しぶりのタップ・アンサンブルとのセッションはやはり楽しい!

皇太子と雅子さまがご臨席予定でしたが、喪に服されていたため、私たちのパフォーマンスを見ていただくことはできませんでしたが、ご臨席されていたらどれだけテンションが上がっていたことか。

テレビらしい制約の中、高いテンションを保ってくれたメンバーに感謝!そして、浦上雄次君や洞至君らと国内外で数々の場を踏んできた時の流れを感じました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、京都(ホール)、四日市(ライブハウス)、伊勢太鼓祭(屋外)という条件が全く異なるツアーへ!

毎回、出演者が変わっても対応できたのは、今年取り組んできた「Silently She Dances−静かなるダンス」の創作過程が糧になっているからかなと。

恒例の音響・木村氏のショット(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

いよっ!レナード!

クリックすると元のサイズで表示します

通りすがりの鼓童も参加した「彩(いろどり)」など、伊勢は大盛り上がりとなりました。

けれど、興行的には厳しい結果となった京都と四日市。パフォーマンスが良かっただけに本当に残念。

そもそも、私には「(説明しなくても)良い音は誰もが分かち合えるもの」という認識があり、ビジネス感覚に欠けているぞ!と良くお叱りを受けたものでした。

自虐ネタになりますが、それは、衛藤公雄というアーティストの遺伝子を引き継いでいるからと言えます。

と言うことで、1950年代にアメリカで活躍した父の秘蔵音源が発売されました。

それも、あのアメリカ大統領選の日に。

生まれた時からもれなく付いてきたアメリカン・パスポート。その鷲のマークの小冊子から父親が辿ってきた音楽人生を妄想し、形成された私の音楽観。

告白しますが、2000年にアメリカのダンスカンパニー、ピロボラス(PILOBOLUS)とニューヨークのジョイスシアターで3週間公演するまではアメリカにロマンを持っていたかなぁ。

そして、今のアメリカ。

一日中、頭がグワングワンしておりました。

書籍は12月5日。自分の人生と重ね合わせることはできませんが、どうしても重ね合わせてしまいます。

衛藤公雄「奇蹟の爪音」

クリックすると元のサイズで表示します

「音楽の殿堂カーネギーホールでのリサイタル、コンサートホールの最高峰リンカーンセンターで日本人初のリサイタル、全米40州を越える演奏ツアー、著名レーベルからのLPアルバム発売、ストコフスキー指揮フィラデルフィア管弦楽団との共演、ビートルズに先駆けての武道館初のコンサート開催・・・こんな空前絶後の音楽活動を成し遂げながら、人々の記憶から忘れ去られてしまった衛藤公雄・・・。」

私もコメントを添えさせていただきました。

「秘蔵音源を聴くというよりも、その時代の空気に入り込むような感覚でした。昔のジャズのような一発録りの臨場感と気迫。そして、筝とともに人生をドライブさせていた父の音楽人生を感じることができました。私も50か国以上で演奏してきましたが、音楽に自由を求め、人生をドライブさせていくこと。音楽家として最もクリエイティブな生き方を再認識したアルバムと言えます。」

関係者の皆様の尽力には心から敬意を表します。しかし、息子としては死んでから評価されても寂しいものです。

確かに死んだから蘇った音源ですが、生きているその時を表現し、その時に受け入れられた方が幸せに決まっています(例え、受け入れられなくても納得することもあります)。

私に関して言えば、今年は企画を搾取されたり、私の楽曲のひどいコピーを目の当たりにしたり、ちょっとあり得ないことが続きました。

搾取されてもアイデアはいくらでも出てくるので、私自身は何かを失われたという感覚よりも「世の中の切羽詰まった感」に胸を痛めました。

自分が表現していること。

その価値をいかに高めて伝えていけばよいのか。

経験が足かせにならないように各方面の方々と意見を交わしながら、前に進んでいこうと思っています。

Stay positive.

トゥルーズでピーン♪&キーン!  ヨーロッパ

およそ、2年ぶりのヨーロッパ。

経由したパリに着いた時点で感じましたが、とにかく気持ちが良い。

と言うか、気分がいい。

身体のどこかでピーン♪とスイッチが入るのが分かります。

今回は、文化交流使として活動していた2014年にアムステルダムのOude Kerk(旧教会)で共演したパイプオルガンのJacob(ヤコブ)さんとオルガン・フェスティバルに参加するため、フランスの南西に位置するトゥルーズへ。

クリックすると元のサイズで表示します

文化交流使の時にもよく利用したアパートメント・ホテルのベッドは、深い海にぐ〜んと沈み込むような、少し抵抗があって、とても寝心地が良いもので朝まで爆睡でした。

文化交流使の時は、1年間一人旅。しかも、長く滞在しても2週間という移動の連続でしたので、後半4か月はイタリアのミラノを拠点にして、そこから地中海を縦横無尽に飛び回っていました。

なので、ミラノへ帰る度に(ベッドは違うけれど)グーンとゆっくり沈み込むように休めるベッド。それは、もう至福の時でした。

でも、やはりそこは1年の長旅。

ベッドに沈み込んでも、さらに深いところではキーンと張り詰めた、触れたらスッと切れそうな線があって、日本に帰るまでそのキーンとした線がなくなることはありませんでした。

この張り詰めた線って、空港に着いた時にピーン♪と入るスイッチとどこが違うのだろう。

このピーンでもキーンでもない、荘厳な佇まい。穏やかな気持ちになります。

Saint Sernin(サンセルナン教会)もちろん、世界遺産。

クリックすると元のサイズで表示します

リハが何時に始まり、自分たちの演奏がいつなのかも直前まで分からないという、「ったく、も〜〜」というフェスティバルでしたが(笑)、この場で演奏できることに感謝。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、なんやかんや、本番には帳尻を合わせてくる感じ。日本とはプロセスが違うと言えばそれまでですが。まいっか(笑)

スクリーンには、パイプオルガンの中で演奏するヤコブさんや私が映し出されました。

クリックすると元のサイズで表示します

教会なのでお手洗いも楽屋もありませんでしたが、スタッフや出演者の食事を提供する場は、なんとポンコツなバスを改造した移動レストラン。

クリックすると元のサイズで表示します

こういうところが、また素敵で憎いのです。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに彩る1か月  アジア

8月の「Silently She Dances−静かなるダンス」公演までは国内に視点が向けられていましたが、終わった途端に視点が外へと向かい、あっという間にひと月が過ぎてしまいました。

まずは、サマソニで来日したドラマーのバジーと「とりあえず、録っておこうか」的なレコーディング。

クリックすると元のサイズで表示します

2日後には文化庁からの要請でブルネイのASEAN+3芸術祭に出演。

ASEANの10か国に日中韓が加わった13か国が集いパフォーマンスを披露。持ち時間は1か国10分でしたが、それでも2時間越え!

シンガポールと韓国以外はすべて踊りがメイン。

そこで、日本代表の私はなんと鼓童の小島千絵子さんと初タッグ!しっかりと日本のプレゼンスを示せたと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

日本から韓国へと続いたパフォーマンスは、「間」と静寂を活かしたとても美しい流れでした。

クリックすると元のサイズで表示します

短い時間とは言え、一度にこれだけの国々のダンスを中心としたパフォーマンスを見れる機会はそうあるものではありません。

特に中国やインドネシアの音やパフォーマンスは以前よりも洗練されており、勢いを感じました(写真は中国)。

クリックすると元のサイズで表示します

最初はぎこちなかったコミュニケーションも、2日目夜の食事会以降は自然に笑顔を交わし、最後は写真を取り合うほどの賑わいとなり、実に色彩豊かな3日間でした(写真はインドネシア)。

クリックすると元のサイズで表示します

写真撮影の勢いもスゴイ中国女子。170cmクラスをずらりと揃えておりました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

義家文部科学副大臣と小島千絵子さん

クリックすると元のサイズで表示します

9月に入ってからは、久しぶりの九州・宮崎で子どもたちとのオカリナで「彩」もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、東京に戻ってからは、文化交流使でインド滞在中に出会ったコリーナ・シャクティとのコラボ。

クリックすると元のサイズで表示します

盛大な女子会でございました。

クリックすると元のサイズで表示します

締めはこの方。ザキール・フセイン。

クリックすると元のサイズで表示します

300名のお客さんの前で演奏なんてインドではあり得ない。

2年前に私がインドでご一緒させていただいた野外コンサートは6千人だったと思います。

しかも、他の国でもそうはないタブラ・ソロ100分!

彼とヨーロッパ・ツアーをしたのは、もう25年くらい前。

以来、何度も共演し、プレイを拝見しているけれど、お会いするたびにバージョンアップという感じで果てしなく広がっていく音曼荼羅の世界。

今、この地球上で最も目に焼き付けておくべき世界。

それほどの方から「君とアメリカでプレイしたいんだよ!」なんてリップサービスとは言え、嬉しすぎる!

いつでも行きますよ!私、アメリカならビザいらないし(笑)

視点を外に向かせてくれた色彩豊かなダイナミックな流れ。

In and Out.

自分らしさを取り戻す時でもありました。

生まれて初めて日の丸を持つアメリカン。これも取り戻しているのかな(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

S. S. D. プロセス-10 まだまだ、プロセス  Silently She Dances

目に見えているもの。

演出や照明という視覚効果。そして、パフォーマンスそのもの。

クリックすると元のサイズで表示します

ダンスや太鼓演奏の経験がある人が見ていたもの。

ご来場された方に配布されたあらすじ。

クリックすると元のサイズで表示します

目に見えてないもの。

それは音。

演奏している姿が見えない袖音(影音)の効果。

クリックすると元のサイズで表示します

「太鼓と踊りの言葉なき物語」と銘打っていましたが、まだまだ、日本のダンスに対する造詣は浅いし、太鼓も思考回路が働いていないパフォーマンス流行り(笑)

今回のように自分の旅の体験を投影させたような創作の世界は、身体能力に頼ってぶっ叩いたり、飛んだり、跳ねたりするだけでは描き切れない。

しかも、自分が一番熱くなりやすい。

ゆえに、脚本家の客観的な視点と物語という設定を作ることで、自分の思いを俯瞰しながら創作を進めていくことができました。

クリックすると元のサイズで表示します

捉え方はご来場いただいた方に委ねるしかないのですが、ダンスとのパフォーマンスを通じて、知性と本能が入り混じる世界を作りたいという思いがあります。

目に見えているものと見えていないもの。それによって、高まる想像。

この作品をひとつの土台として、これからも創作してきたものを惜しみなく解体し、より色彩豊かに、より深いものを目指していきたいと思っています。

まだまだ、プロセスなんだ。

photos: Kazunori Hashimoto

クリックすると元のサイズで表示します

S. S. D. プロセス-9 パンコメレンと25年  Silently She Dances

構想25年。

今年に入り、作っては壊し、時間を費やしてきた作品「Silently She Dances - 静かなるダンス」が完全版として世に放たれました。

舞台スタッフはもちろん、制作面においても多大な協力を受け、出演者一同は高い集中力で最高のパフォーマンスを発揮してくれました。

ありがとう!

クリックすると元のサイズで表示します

そして、遠方からもご来場いただいた皆様。

どうもありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、今回の本番に向けて私は「らしくないミス」をしました。打ち上げ会場を押さえてない!とかではありません(笑)

それは、太鼓アンサンブル用に準備した太鼓の選択。

リハはともかく、本番で太鼓アンサンブルが使用した太鼓のほとんどが私の太鼓でした。

いずれも胴を薄く削ってあり、表裏の皮の種類を変えていて、ピッチが高く倍音も多め。ゆえに、鳴りも良くなっています。

つまり、ソリスト仕様になっているのですが、それらはアンサンブルで一斉に叩いたりするには個性が強すぎて、全体が馴染まないのです。

レナード衛藤は何人もいらないのと同じ ← 自分で受ける〜(笑)

日頃、アンサンブルのメンバーが叩いている太鼓は、桶太鼓などの張りが柔らかい太鼓なので、バチのコントロールが難しかったと思います。女子はスナップがどうしてもね。

会場に入ってから、その太鼓の特性とメンバーの気合いとで攻撃性が増してきていたので、こりゃヤバイなと。

ピアノが入るシーンはアレンジをし直し、タップとソロの順番を変えたりしました。

その甲斐あって、裸足のタップからフルコンタクトの平胴バットまで、音響さん泣かせの超ワイドレンジの音空間が立ち上がりました。

よーやった。音響の木村文子はよーやった♪( ´θ`)ノ

ところで、今回の公演の前に「アフリカの祭りを再現したいの!?」とある方に聞かれたことがありました。

アフリカ体験なんちゃら、こーちゃら書いてあれば、そう思われても仕方がなかったですね。

もちろん、そのようなグルーヴを「和太鼓で」叩きましたが、それ以上に静寂と音色の豊かさをみんなで作り出し、袖音も含め、音空間を豊かにしました。

そして、ラスト前の合奏で叩いた「パンコメレン・シェレンコメン」。

これはアフリカ・ガーナの村に伝わるリズムの口唱歌。

パーカッショニストの友人でガーナのシャーマンであるアジャ・アディ(Aja Addy)が、1980年代終わりのヨーロッパ・ツアーで私に教えてくれました。

ちなみに手順は、パン(R)コメレン(RLR)シェレン(LR)コメン(RL)。

相変わらず分かりにくいですが、右手は6/8拍子になります。これを猛烈な速さで叩きます。

マニアックになりましたが、このリズムが放たれた月明りのアフリカの大地でトランス儀礼を見て、私のライフワークとなる「太鼓と踊りの関係」が始まったのです。

パンコメレンと25年。ついに、結実いたしました(涙)

日本の地で亡くなったアジャ。

天国で「ヒッヒッヒッ」という独特の笑い声とチャーミングな笑みを浮かべて、一緒に踊ってくれていたと思います。

「アジャ!どうだった!?」

「ヒッヒッヒッ」(笑)

トランス儀礼:
太鼓のリズムで女性が踊っているうちに(気を失うほど意識が異次元へ行く状態=)憑依し、神様のお告げを聞くとされるセレモニー。

そして、まだまだ続くのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
photo: Ayako Kimura

S. S. D. プロセス-8 原始少年  Silently She Dances

ご存知の方も多いと思いますが、私はロック少年でした。

ガキの頃は格好良さを求めただけでしたが、次第にそのムーヴメントや背景に関心を持つようになり、その刹那的な世界に魅了されていきました。

ロックやジャズの歴史を紐解けば、それは人種差別であったり、ベトナム戦争であったり、権力や社会に対する反発や抵抗から生まれてきた音楽。

その背景なくして、その音楽は生まれてきていません。

なので、パンクは人に教わるものではありません(笑)

今の時代と自分のアフリカ体験とを擦り合わせながら、オリジナルとして作っているのが、明日から開催の「Silently She Dances−静かなるダンス」です。

昨年末から具体的に取り掛かった創作の過程で、世界ではいろいろなことが起こっています。

いつ失われるか分からない自由。そして、命。

この日本でこのような創作をする価値があるのだろうかと苦しんだ日々。

どんなに良いアイデアで、良い音を出したところで、関心がない人には何も響かない。

同時に自分の自由だけでなく、他人の自由。その多様性に自分はどこまで対応できるのか。

それでも、皮肉なものです。

公演が近づくにつれて、それまでの創作の日々を失いたくない気持ちが強くなっていきました。

脚本を依頼するというこれまでにない方法で始まり、これまで積み上げてきた時間が最も美しいのか。

これから本番だというのに、この刹那的な思いは何だ?

‘90年代初めにソロになりたての頃、大先輩のピアニストやヴォーカリストから言われました。

「レオは、原始少年だな。」

クリックすると元のサイズで表示します

今もそれは脈打っているようです(写真:インドのフェスティバルにて)。

昨日のスタジオでの通し稽古から、本日、劇場に入ってからの通しでは作品がグン!と成長しました。

とにかく、誰も表現したことのない世界へ向かう。

「Silently She Dances−静かなるダンス」明日開幕。

8/6(土)8/7(日)渋谷・大和田伝承ホール。当日券あり。

イープラス
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002189899P0030001

お問合せ
渋谷区文化総合センター大和田3階ホール事務室
tel. 03-3464-3252

作品のその先にある世界へ。意識はすでにそこへ向かっています。

クリックすると元のサイズで表示します

S. S. D. プロセス-7 たくさんの鍵  Silently She Dances

今回の作品では、たくさんの鍵を出演者に渡しています。

鍵とは、「おいしいところ」とも言えます。

静寂を破る太鼓の音。テンポとボリューム。入るタイミング。外したら台無し。

私の公演で初めて太鼓アンサンブルにそれを託すシーンがあります。

また、脚本には「鼓膜のパートナー、人工衛星の引きこもり」のDJとして存在しているストーリーテラーですが、ダンスバージョンではタップの宇川彩子さんと私がその役割を担っています。

特に、宇川さんの役割はとても高貴でありながらもポップ(笑)

あるシーンでは黒人のタップ史を凝縮したような時を刻み、あるシーンではネタバレになりますが、裸足でタップを踏みます。

そこには生きること。何かを失っても歩み続けること。

すなわち、生き抜くことを表現しています。

歩くこと。それこそがリズム。

日常、五体満足の私たちがどれだけそれを意識して歩いているでしょう。

そして、最もおいしい役目と言っても良いのが、ピアノの鬼武みゆきさん。

わずか4つの音でシーンを語ってもらうとか、ピアニストとしての仕事を奪いかねない私の「ダンスはメロディ」という発言に絶妙なカラーを添えています。

たくさんの鍵を共演者に渡し、多くの扉が開かれていく時、作った自分ですら想像できなかった瞬間が訪れるかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

イタリア・シチリアのエトナ山と射す光。3年前の文化交流使で滞在中に撮影。

それこそがライブ!

私が作品の中にライブ感を残しておきたいのも、そこなんだろうなと思います。

3年前に文化交流使として1年に渡る旅をスイスの山脈から始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからたくさんの扉が開いていったのでした。

今週末開催!「Silently She Dances‐静かなるダンス」

http://leoeto.com/news/

S. S. D. プロセス-6 抜群の吸収力  Silently She Dances

公演まであと5日となりました(8/6&8/7)。

一番集中したいところですが、8月後半に海外へ行かないとならなくなり、その準備や対応に追われ、秋の海外フェスの調整にも追われ、睡眠時間が削られています。

かなり、ギラついています。

そんな中、伊勢参りに行ってきました。もちろん、仕事絡みです。

帰りは、通り道である四日市で太鼓アンサンブルの稽古。

写真左が愛知の三浦太鼓店の至宝、史帆さん(笑)右は的場凛さん。

クリックすると元のサイズで表示します

三浦史帆さんには何度か演奏を依頼していて、国立劇場や東アフリカツアーを共にしています。

いいグルーヴをもっています。

彼女がいることで、私の公演では初めて(私が叩かないで)太鼓アンサンブルに時間を預けているシーンがあります。

そこでぶっ叩きます、彼女。イケてます。

そして、公演1か月前に投入することになったダンス・アンサンブル。

長谷部萌絵さん(右)と菅原理子さん(左)

クリックすると元のサイズで表示します

22〜23歳ゆえに振り覚えが早い、早い。

先日、前田新奈さんの振付に対して私が注文を付けて、覚えたばかりの振りをばらした時のこと。

「折角、覚えたのに〜」なんて感覚よりも次の新しい振りが入っていく感じ。

その切り替えの早さには感心しました。

そして、抜群の吸収力。

新奈さんのイメージを短期間で具現化するという役目を十分に果たしてくれています。

もちろん、それだけで舞台が通用するものではありません。

でも、良い意味で今どきの子は全く驚きだぜ。

さあ、本番まであと5日!

制作面で会館の方のご協力もあり、タイムテーブル、舞台図面、お弁当の手配、車両の確認などなども済みました。

今一度、構成を確認して今日は休みましょ。

おやすみなさい。

今週末開催!「Silently She Dances‐静かなるダンス」

http://leoeto.com/news/

伊勢神宮に入ってすぐのところに流れる川。昔は、ここでお清めをしてお参りしたそうです(遠くにキジがいます)。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ