ご挨拶  

当ブログについて:このブログを開設して早10年になろうとしています。ネットの旧知や旧友だけでなく、未知の人のアクセスも少しずつ増えているようです。そこで当ブログや便利な使い方について簡単なご案内を。

まず、ブログタイトルですが、コタツの評論ではなく、コタツに入ったままご託を並べるくらいの意です。

記事検索するには、左側のカテゴリのほかに、絞り込んだ検索をする場合、その下の<ブログ検索>が便利です。

書名や著者名、映画タイトルや主演俳優名、曲名や歌手演奏家名などを打ち込み、「このブログ内を検索する」にチェックを入れてから「検索」すると当ブログの該当記事が出てきます。

コメントを出す場合は、記事下の通常のコメント欄のほかに<拍手>をするとコメントができる機能もあります。ただし、管理者以外にはこのコメントを読むことができないので、お礼やお返事は掲示板・言葉の綾ですることがあります。あらかじめご承知おき願います。

以上

3

2017/4/21  20:44

戦争にチャンスを  政治

今日では、あまりにも多くの戦争が「終わることのない紛争」になってしまった。その理由は、外部からの介入によって、「決定的な勝利」と「戦争による疲弊」という二つの終戦要因が阻止されるからだ。

押しつけられた休戦は、(その後の和平交渉がなされなければ)人為的に紛争を凍結することになり、平和につながる敗戦の否認を劣勢側に許し、戦争状態を永続化させてしまうのだ。

国連の難民救済活動においては、紛争勃発直後に発生した難民に対し、本国への送還、現地での定住、もしくは他国への移住を迅速に実現させ、半永久的な難民キャンプの設立を禁止するような、新たなルールづくりが必要だ。

NGO活動の多くは、結果的に、活動的な戦闘員を供給しているのである。彼らは、そもそも武器をもたないので、自らが支援する食糧配給所、病院、保護施設から、現地の武装した戦闘員を排除できない。

難民は、基本的に戦闘で敗れた側の人々によって構成されているので、そのなかの戦闘員は、基本的に、「撤退戦」を行っているに等しい。ところが、ここでNGOが彼らの支援のために介入することによって、敵側が決定的な勝利を収めて戦争を終わらせる、というプロセスを構造的に妨害してしまうのである。

クリックすると元のサイズで表示します

JR中央線豊田駅前の啓文堂という新刊書店に立ち寄ってみたら、分野別棚づくりに新旧話題の本を揃えていて感心した。写真は、「資本主義」のコーナーに並んだ書籍の一部である。

グローバリズム下の格差社会を喝破して話題になったピケティの大冊から、ノーベル経済学賞を受けたスティグリッツ、クリントン政権の労働長官だったロバート・ライシュなど、入門書から専門書まで幅広く「資本主義本」を並べている。昔、お世話になったマーケティングの大家コトラーの「資本主義に希望はある」に微笑んでしまった。

その「軍事」コーナーで、エドワード・ルトワックの『戦争にチャンスを与えよ』(文春新書)という書名に惹かれて買ってみた。北朝鮮や中国の脅威に対し、「開戦前夜」を煽るような便乗本を少なからず見かけたが、奇をてらったような書名ながら、大真面目な本だった。上記は、同書からの引用である。

著者はアメリカの軍事・戦略の専門家として、コソボ内戦を中心に、南スーダンやソマリアなど多くの紛争地域の戦場を直接見聞してきた。「戦争の目的は平和である」というパラドックスから説き起こし、「決定的勝敗と疲弊なくして終戦はない」という終戦の構造に踏み込み、何が誰が終戦から平和への道を阻害しているか、名指して手厳しく批判している。

外交専門誌として名高い「フォーリン・アフェアーズ FOREIGN AFFAIRS 」に掲載されて話題となった論文を中心に、著者の軍事や戦略エッセイが盛りだくさんで、日本の安全保障環境に関するトピックも多く取り上げられ、嬉しいことに信玄・家康・信長などの軍略への言及まである。

ただし、フォーリン・アフェアーズ論文には、「日本」は一言も出てこない。だが、決定的に敗北して、主要都市が焦土化し、アジア最貧国に近く経済が疲弊し、終戦を迎えるや復興と再建にいち早く取り組み、70年の平和の下、経済大国になった日本に、論文の実証を負わせていることは一読瞭然だろう。

おっと、大事なことを忘れていた。60年安保紛争で退陣した岸信介首相が敷き、その孫である安倍首相に引き継がれているという、日本の「選択的独立」という耳慣れない言葉が出てくる。

(敬称略) 


1

2017/4/17  21:51

春キャベツの千切り  食べ物

クリックすると元のサイズで表示します

柔らかくほのかに甘い春キャベツの時期である。よって、今日の晩飯の献立は、イワシのフライと春キャベツの千切りと豚肉炒めと春キャベツの千切り、である。春キャベツを中濃ソースと醤油で食べる。豚肉炒めと春キャベツの千切りは亡き母がよく作ってくれた。食べ盛りの中学生の頃は、これでご飯の3杯くらいは軽かったものだ。

豚肉炒めと春キャベツの千切りのレシピ

亡き母の思い出の料理であるが、じつは料理というほどのものではない。フルタイムで働いていた母が買い物袋を下げて急ぎ帰ってきて、雛鳥のように大口を開けて待っている私と弟に手早く突っ込む餌である。手間はかけられない。10分でできる。

材料:春キャベツ1個。豚肉細切れ200gはブランド豚ではなく安い油身の多いものがよい。カレー粉。味の素。

調理:春キャベツを千切りにする。糸のように細く切る必要はまったくない。ザクザク適当に百切りくらいでよい。炒めた豚肉を千切りキャベツの山に載せる。これだけである。間違ってもスーパーで出来合いのキャベツ千切りパックを使ってはならない。だいたいが手抜き料理なのだから、そこまで手を抜いては料理とは呼べない。

盛り付け:水を切った千切りのキャベツの上に、フライパンから熱々の豚肉をあけたら、SBのカレー粉を振る。この料理で一番高価な素材であるが、惜しみなくまんべんなく振る。ちょっとダマになっても気にしない。その上に、味の素をやはりまんべんなく振りかける。「味の素はちょっと」という人はこの料理を作らなくてけっこう。味の素は欠かせない。最後に醤油をぐるりとかけ回す。

食べ方:豚肉1に対してキャベツの千切り5くらいの比率で箸でまとめて頬張る。続いて飯を口に運ぶ。豚の油と醤油とカレー粉が混じり合い、爽やかな春キャベツの青味を引き立てる。1:5の割合で豚春キャベツと炊き立てご飯を交互に口に運ぶという幸せな作業。味の素の役割はよくわからないが、味の素抜きで作ってみたら、別物のように味気なかった。

注意点:とり分けるなんてあり得ない。ばあちゃんは小皿で、なんてダメ。父ちゃんは晩酌中止。家族それぞれが飯の入った茶碗を片手に、もう一方の手に箸を握って待つという態勢でなければならない。そこへ大皿が置かれ、カレー粉の香りが漂い。各方向から箸が伸びる。今宵の主役の春キャベツに。

そういえば、今日は母の命日だった。

島津亜矢 ★帰らんちゃよか


(敬称略)
1

2017/4/11  11:14

極東サクセスストーリー  

野村氏「日本に来られて幸運だった」
呪縛を超える(5)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO14725330Q7A330C1I00000/

日本の大学の学費はずいぶん高くなった。おかげで、大学進学をあきらめてしまう家庭の子も多い。とても大学に進むような家庭環境ではなかったところから、優れた人材が出てくる事例は少なくない。大学進学は当然のこと、周囲は東大卒ばかりという最優秀はアメリカに行くがいい。そうではない貧家の秀才や愛すべき凡才(ぼんくら)に道を開くのが本当の教育機会というものであり、それを世界に向けても開くのが日本の道ではないか。移民排斥気運が高まっているヨーロッパからなら、最優秀の人材であっても今なら獲得可能なのだが、大学や企業にそうしたグローバルな生存戦略の視点は乏しい。
1

2017/4/9  0:04

マラソンの人  

数10年前、今では西東京市となった、かつての保谷市に住んでいた頃、ちょっと変わった風体のマラソンじじいをよくみかけた。

180cmを越える長身に痩身、白くなった長髪を後ろで結び、眼鏡をかけているのだが、その顔のほとんどを覆った白い髭が人目を引く。髭の束の先は胸元まで伸びている。中国の仙人のような顎髭が向かい風になびくほど長いのだ。

夕方、保谷市の温水市民プールに通い出すと、マラソンじじいが水泳も日課にしていることを知った。肋骨が浮き出た薄い胸で平泳ぎに励んでいる。ランニングと同じく、とても達者とはいえない泳ぎ方だった。

大人になってスポーツを覚えた人はすぐに見分けられる。子どもの頃にスポーツが得意だったり、学校の部活動で身につけた人とは違って、独学したせいか、どこか無様で滑稽なところがあるものだ。

マラソンじじいは後ろから泳ぎ出したおばさんに追いつかれながらも、休みなく25mプールを何往復もしていた。保谷市の市民プールはシニア用に往復の2コースが確保されていて、間隔をあけて順番に泳いでいくのだった。

毎日、走った後に泳ぎに来ているようで、冬でも短パンのランニング姿でやってくる。いつも一人。誰とも言葉を交わす様子はなかったが、かといって、偏屈ではないようだった。子どもが、「こんばんは」と挨拶すると、驚いたように目を見開き、「ああ、こんばんは」とけっこう大きな声で返した、その瞳は意外に明るかった。

しかし、私はこのマラソンじじいにたいてい舌打ちしていた。汚いのである。最初に見かけたのが冬だったせいもある。白髭をたなびかせて、白い息を吐きながら向こうからやってくるじじいが横を通り過ぎるとき、その髭に洟がぶら下がっているのに気づいたのだ。

それから何度も見かけたが、たいていの場合、鼻髭か顎髭、ときには両方に洟が糸を引いていた。その洟垂れ髭のマラソンじじいにプールでも会ったのだ。平泳ぎするじじいが息を吸い込むために顔を上げたとき、濡れた白髭にはやっぱりゼラチン状の洟が光っていた。

(きったねえじじいだな)(そばに来るんじゃねえよ)と舌打ちしたくなるほど、しかめ面したのもわかるはずだ。もちろん、私だけでなく、じじい以外の誰もがそれに気づいていた。

その頃は、フリーライターのかたわら、虎ノ門にあるシンクタンクの下請け仕事をしていた。新設されたNPO法人のヒアリングをしたり、消費者アンケート調査の分析をまとめたり、雑誌記者の取材の延長のようなものだ。

「君はたしか保谷に住んでいたな」と上司であり、親しい先輩でもあるM氏から聞かれた。大学の先輩ではない。仕事や人生の先輩と思っていた。市民政党の政策作りに関わる在野の政治学者であり、市民運動の組織づくりや選挙運動にも通暁した実践家でもあった。

「うざわこうぶんがあのあたりに住んでいるんだが、知ってる?」「いや、誰ですか? それ」「いま、うざわこうぶんと勉強会やっていて、最近、ちょくちょく会ってるんだよ。昨夜も飲んだんだが、社会的共通資本って言葉がよく出てきてな」。と社会的共通資本について、ひとわたりレクチャーを受けた。

後日、朝日新聞にうざわこうぶんの写真入り談話が掲載されて、「あのきったねえ、洟垂れ髭のマラソンじじい」が宇沢弘文という高名な経済学者であることを知った。

休日に探してみたら、家には見覚えがあった。家の前にポリボックスが設置され、警官が一人立っていたからだ。成田空港問題の調査委員を務めていたので、過激派の襲撃に備えて、護衛のために設置されたのだろう。ポリボックスと警官の立姿がそぐわない質素な小さな家だった。

「これは僕の人生にとってとにかくやらなくちゃいけないことなんだ」(「とにかく」に傍点)

村上春樹のエッセイ「職業としての小説家」を読んでいたら、毎日一時間走るという日課について、長編小説を書くため、書き続けるため、有酸素運動がもたらすいろいろな心身の効用を並べながら、最後に村上はこう述べているのだ。

この言葉を読んだとき、白い息と洟垂れ髭を振りながら、懸命に走っていた、あの「マラソンじじい」を思い出したのである。

(敬称略)
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ