ご挨拶  

当ブログについて:このブログを開設して早10年になろうとしています。ネットの旧知や旧友だけでなく、未知の人のアクセスも少しずつ増えているようです。そこで当ブログや便利な使い方について簡単な解説を。

まず、ブログタイトルですが、コタツの評論ではなく、コタツに入ったままご託を並べるくらいの意です。

記事検索するには、左側のカテゴリのほかに、絞り込んだ検索をする場合、その下の<ブログ検索>が便利です。

書名や著者名、映画タイトルや主演俳優名、曲名や歌手演奏家名などを打ち込み、「このブログ内を検索する」にチェックを入れてから「検索」すると当ブログの該当記事が出てきます。

コメントを出す場合は、記事下の通常のコメント欄のほかに<拍手>をするとコメントができる機能もあります。ただし、管理者以外にはこのコメントを読むことができないので、お礼やお返事は掲示板・言葉の綾ですることがあります。あらかじめご承知おき願います。

以上

2

2017/2/16  21:19

おまわりと坊主と先公には近づくなかれ  

剣道ほど素人と有段者の差が大きい武術はない。川崎市少年剣道大会3位(5人出場だが)だった私は断言できる。有段者なら素人が3人がかりでも竹刀を身体のどこにも触れさせずあしらえる。にもかかわらず、初心者の小柄な女性相手に防具と道着の隙間の素肌を執拗に打ち据えるとは!

警視庁捜査1課長が竹刀で23歳美人記者をボコボコ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00001426-bunshun-soci

映画やTVや小説に登場する刑事は義憤を胸に捜査にまい進するが、捜査畑の頂点といえる捜査一課長にして実際はこれほど度し難い。また、捜査情報を漏らしてもらうために、アメリカでいう「ケツを舐める」ような真似さえ厭わぬのがマスコミ記者。たまたま女性記者だったから黙っていなかったのだろう。加虐趣味の課長のご機嫌取りに周囲が人身御供で差し出したようなもの。

私の先輩のさらに大先輩には4人娘がいた。娘たちが成長するに従い、「警官と坊主と先生、医者とは結婚してはならぬ」と常々言っていた。とくに変人でも偏屈でもなく、事業家としてかなりの成功をおさめ、衆望もある人だった。現在なら、結婚相手としては申し分なさそうな職業ばかりだが、かつてはこうした考えもそう珍しくなかったのである。娘たちはいずれも父の教えを守った。

2

2017/2/15  21:58

韓国映画の話題作続々  レンタルDVD映画

金正男暗殺のニュースを聞いて、半島も日本の植民地だった抑圧の記憶が暴力指向につながっているのではないかと思った。以前に、アメリカの植民地といえる中南米の国々に顕著なマチズモを研究した本を読んだことがある。独裁的軍事政権、クーデター、反政府ゲリラ、ギャングなどの暴行、暗殺、拉致、拷問、あらゆる暴力が渦巻いてきた。

もちろん、こうした中南米諸国と韓国はまるで異なる。日本と比べられるくらい韓国は治安のよい国だ。にもかかわらず、韓国映画の暴力性は際立っている。韓国映画といえば甘い甘い恋愛映画か、殺伐とした犯罪映画の両極端に特徴づけられるが、瞠目すべき作品は後者に圧倒的に多い。凄惨きわまる暴力場面や極悪非道な人間悪を容赦なく描く点では、たぶん世界の映画界でも突出しているはず。

韓国の代表的な映画賞である青龍賞の男優助演賞とファンが選ぶ人気スター賞を國村隼が獲得した「哭声コクソン」を皮切りに、「アシュラ」、「お嬢さん」など、韓国の猟奇・犯罪・暴力映画の話題作が今春続々公開される。

すれっからしの映画ファンでも未見ならびっくりするはず。こうした映画がヒットして次々に製作できることにはただ驚かされる。文化人類学のアプローチが必要だとすら思えるほど、ガラパゴス的な到達ではないかと思う。どの国の映画にも似ていない作品群を韓国映画界は再生産し続けている。

クリックすると元のサイズで表示します

もし時間があるなら、「世界のクロサワ」と称されているらしい黒沢清監督の近作「クリーピー 偽りの隣人」と観比べてほしい。暴力と恐怖を扱って韓国映画が独壇場であることがわかるはず。

(敬称略)


1

2017/2/5  18:46

トランプはキングかジョーカーか?  

連日、TVニュースはトランプ一辺倒にして、通り一遍の解説ばかりでうんざりだが、さすがにアメリカ本国では読むに足りるコラムが出ていた。

トランプ氏が目指す「別の政党」とは
http://jp.wsj.com/articles/SB12107231265257393585504582590280066821206

しかし、この見通しが正しいとなると、アメリカは覇権国家のみならず、国際法と自由貿易を順守する先進国の地位も降りようとしていることになる。
1

2017/1/29  20:20

山科系発見  政治

ダボス会議における中国側の代表意見とみなしてよいでしょう。いったい、こういう中国がどうして日本と戦争したがっているというのでしょう。むしろ、中国と戦争したがっているのは日本ではないでしょうか。

「米国よ、日本を見習え」アリババ会長の提言
http://www.msn.com/ja-jp/money/news/%e3%80%8c%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e3%82%88%e3%80%81%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%92%e8%a6%8b%e7%bf%92%e3%81%88%e3%80%8d%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%90%e4%bc%9a%e9%95%b7%e3%81%ae%e6%8f%90%e8%a8%80/ar-AAmfGc7?ocid=iehp

クリックすると元のサイズで表示します

中国最大の通販サイト「アリババ」のジャック・マー会長。この人も山科系の顔の人ですね。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ