ご挨拶  

当ブログについて:
このブログを開設して早10年になろうとしています。ネットの旧知だけでなく、未知の人のアクセスも少しずつ増えているようです。そこで当ブログと便利な使い方について、簡単なご案内を。

まず、ブログタイトルですが、コタツの評論ではなく、コタツに入ったままご託を並べるくらいの意です。

記事検索するには、左側のカテゴリのほかに、絞り込んだ検索をする場合、その下の<ブログ検索>が便利です。

書名や著者名、映画タイトルや主演俳優名、曲名や歌手演奏家名などを打ち込み、「このブログ内を検索する」にチェックを入れてから「検索」すると当ブログの該当記事が出てきます。

コメントを出す場合は、記事下の通常のコメント欄のほかに<拍手>をするとコメントができる機能もあります。ただし、管理者以外にはこのコメントを読むことができません。

お礼やお返事は掲示板・言葉の綾ですることがありますので、あらかじめご承知おき願います。

以上

3

2017/8/18  22:48

Amy を聴け  音楽

Amy Winehouse は聴いたことがなかった。若くして亡くなった彼女の伝記映画がビデオレンタルに出ていたので、何とはなしに検索していくつか彼女の歌を聴いてみた。そのなかのコメント欄に、こんな言葉があった。

People will be listening to Amy Winehouse in 50 years, not Adele. Promise.

歌謡界の女王然としてきた Adele と、比肩しうるのが Amy Winehouse だったようだ。Adele が中島みゆきとすれば、 Amy Winehouse は安田南か。こんなジャズ/ブルース歌手がいたとは知らなかった。鼻歌のように耳障りのよいジャズボーカルではなく、ときに荒々しくブルーで黒い。オリジナルと聴き比べてください

Will You Still Love Me Tomorrow - Amy Winehouse


The Shirelles
https://www.youtube.com/watch?v=9AucXslg6HU

Amy Winehouse - Someone to watch over me (Ella Fitzgerald cover)


Ella Fitzgerald
https://www.youtube.com/watch?v=OoufBasyRWc

It's my party - Amy Winehouse


Lesley Gore
https://www.youtube.com/watch?v=XsYJyVEUaC4

Amy Winehouse - All my lovin' (The Beatles's cover)


Beatles
https://www.youtube.com/watch?v=nV34Rp8iTV0

彼女のオリジナル曲のLIVEです。堂々たるビヤ樽のような Adele とは対称的に細身というより痩せっぽちです。力強い声を持ち、cover 曲では大胆なアレンジをものともしないのに、ステージではどこか怯えにも似た瞳の色を見せています。

優れた能力を持ちながら、不安定な心を持て余して、ちょっと狂気を感じさせる。そんなステージングです。前記のようなコメント発せられるのがわかる気がしました。Amy Winehouse は一種のカリスマだったようです。

Amy Winehouse - BEST LIVE - Back To Black

(敬称略)
1

2017/8/14  14:38

イソコファン  政治

「家貧しゅうして孝子出ず」ですな。役割としてもビジネスとしても「貧寒」なマスコミ家に、気立てがよく働き者の山本周五郎の小説に描かれる孝行娘が出たような。

私が菅官房長官に「大きな声」で質問する理由 東京新聞・望月衣塑子記者インタビュー
#1 http://bunshun.jp/articles/-/3766
#1 http://bunshun.jp/articles/-/3767
2

2017/8/14  0:23

茶髪になりました  音楽

当ブログおなじみの天才民謡少女歌手ソン・ソヒ(송소희 Song sohee)もすっかり娘らしくなりました。



ソン・ソヒと韓国民謡を解説した番組です。





https://www.youtube.com/watch?v=UVngG_zZ7Ng

https://www.youtube.com/watch?v=vv2uEcG0Ic4

(敬称略)
2

2017/8/13  23:12

お盆だというのに、墓参りにも行かず、何やってんだアメリカ人は  政治

米バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者のデモと反対派が衝突し、1人が死亡、負傷者多数という内戦状態に。バージニア州知事が非常事態宣言を出した。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/12/charlottesville_n_17741748.html

マコーリフ州知事の発言がキマっている。「〜したいと思います」式の空疎な言い回しにがんじがらめの日本語と比べ、なんと簡潔にして平易な言葉であることか。

なんだかんだいっても、アメリカに「自由」を感じるのはこういうところだ。制度や権利などではなく精神の自由をこそ、言葉の端々から響いてくる。



"Go home... Shame on you. You pretend you are patriots, but you are anything but a patriot"

pretend =ふりをする

日本で県知事が、デモの一方に対して、「クソして寝ろよ、バ〜カ」(@谷岡ヤスジ)と公的に発言したり、それが肯定的に扱われることなどあり得ない。

アメリカ合州国の州政府知事と日本の都道府県知事はまるで違う立場にしろ、その場所、その時間に国民や市民が生成される民主政治のリアリズムが、政治家の言葉に臨場感を与えている。

ネットを中心に跋扈して、言葉の暴力を振るう「日本人至上主義者」に対して、マコーリフ州知事のような発言をする政治家が日本では皆無だ。

国民や市民に主権者や納税者としての意識が希薄なせいで、政治家を自らの主権を代表代行する者という認識にも欠け、選挙で選ばれた公務員の一種くらいにしか思っていない。

したがって、公共サービスの提供者に、「クソして寝ろよ、バ〜カ」と言われることなど想像したこともなく、もしそう言われたとしたら、「バカとはなんだ!」とコンビニの店員に激高するクレーマー客に似た有様となる。

主権者というより公共サービスの消費者としての意識が強ければ、政治家の方も役人と変わらぬ公共サービスの提供者にとどまざるを得ず、なかには立場を利用して消費者の側に回ろうとする不心得者も出てくる。

いかなる時いかなる場所でも国民や市民が生成されることはなく、いつでもどこでも公共サービスの提供者とその消費者としての関係性に固着している。

そうした政治の停滞による閉塞感は政治家の劣化を招き、他方で、政治主導や政治改革といったガス抜きを必要とし、それによって政策が吟味される機会は失われ、さらに混迷の度合いを深めていくという悪循環に陥っているわけだ。

いったい何の話かって? だから、いまもって安倍が支持されるのだ、という話なのだよ、明智君。

(止め)
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ