ご挨拶  

当ブログについて:
このブログを開設して早12年になろうとしています。ネットの旧知だけでなく、未知の人のアクセスも少しずつ増えているようです。そこで当ブログと便利な使い方について、簡単なご案内を。

まず、ブログタイトルですが、コタツの評論ではなく、コタツ評論という形容です。コタツに入ったままご託を並べているわけです。

記事検索するには、左側のカテゴリのほかに、絞り込んだ検索をする場合、その下の<ブログ検索>が便利です。

書名や著者名、映画タイトルや主演俳優名、曲名や歌手演奏家名などを打ち込み、「このブログ内を検索する」にチェックを入れてから「検索」すると当ブログの該当記事が出てきます。

コメントを出す場合は、記事下の通常のコメント欄のほかに<拍手>をするとコメントができる機能もあります。ただし、管理者以外にはこのコメントを読むことができません。

コメントへのお礼やお返事は掲示板・言葉の綾ですることがありますので、あらかじめご承知願います。

以上

4

2018/2/22  0:21

チャレッソ  スポーツ

クリックすると元のサイズで表示します

「ニッポンがリードしている」「ニッポンがリード」「ニッポン、金メダルを獲得しました!」「ニッポン、金メダルうう!」

つい先ほど、スピードスケート団体パシュートの女子チームが決勝でオランダチームを破り、下馬評通り優勝した。中継したNHKアナウンサーは例のごとく叫んでから、続けた。

「これで日本が獲得したメダル数は12個、長野オリンピックの11個を越えました」

ノーベル賞とオリンピックは似ている。受賞者やメダリストが日本人なのか、獲得個数はいくつなのか。メディアの関心はそれ以外にないかのようだ。

科学技術にどれほど貢献したのか、どれほど優れた身体パフォーマンスを示したか、という興味関心より、ノーベル賞やオリンピックだから、「凄い」「スゴイ」。

ちょっと気取って、「感動を勇気をもらいました」。いや、あなたやあなたたちのことではない。メディアの話だ。

例えば、毎年のノーベル賞騒ぎの陰で、日本の学術研究がどれほど劣悪な環境下にあり、ために年々その評価を下落させていることなど、メディアが報じなければ知るよしもない。

オリンピックの憲法にあたるオリンピック憲章は、第1章オリンピック・ムーブメント」の6.オリンピック競技大会において、以下のように規定している。

「1.オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない。」

第1章6−1だけでなく、通して読むのはちょっと困難なほど長文のオリンピック憲章のどこを開いても、「国家間の競争」を越えた、人類や人間の尊厳と価値を高めるためのスポーツの祭典であることが謳われている。

NHKのTV中継を視ていると、ほとんど分刻みでオリンピック憲章違反の「国家間の競争」を煽っているとしか思えない。せめて、「日本」連呼の2/3くらいを「日本人」に言い換えるほどの配慮はないものか。

否、「日本」と「日本人」は国民感情としてはほとんど同義じゃないか、という指摘はあるだろう。「日本人として誇りに思う」というおなじみの感想はそれをよく示している。ナショナリズムの高揚に資するというメディアの目的はたいてい達成されるわけだ。

「日本の期待に見事に応えた、女子パシュートチームのインタビューがはじまります」

NHKのアナウンサーはまだ興奮が冷めやらないようだ。たしかに国としての日本は、いくつメダル数を獲れるかを期待したかもしれない。

だが、彼や彼女らをじっさいに支援してきたのは、陰日向なく物心両面で選手生活を支えてきたのは、それぞれの日本人だった。それがこの記事から伺える。日本と日本人は重ならない、重なる場合だけではないのだ。

pan style="color:blue">小平奈緒は「僕らの誇り」所属先・相沢病院理事長が現地応援へ
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20180216-OHT1T50032.html

「日本人として誇り」と「僕らの誇り」の違いがわかるだろう。つまり、日本と日本人はメダルという成果を期待するにもっぱらだが、そのプレッシャーと諸事万端については選手や周囲の人びとが負担することを期待されているわけだ。

「日本のためにメダルをとりたい」と決意を示し、結果が出た後に、「これまで応援してくれた日本の皆さんに」礼を述べるとき、選手たちにとっても日本と日本人はひとつになっているだろう。ただし、その脳裏には、それぞれの人々の顔がはっきり浮かんでいるはずだ。

金銀のメダルを分けあった小平奈緒と李相花(イ・サンファ)の「友情物語」を持ち出すまでもなく、私たちはただ隣人である。オリンピック憲章など読まずとも、選手たちにはそれがわかっている。わかっていないのは、メディアをなぞる感想しか持たない私たちかもしれない。

(敬称略)
5

2018/2/15  0:40

キムソンタク  政治

同じ「忖度」でも、日本のモリカケはご存知のような「むにゃむにゃ」なのに、韓国の場合は、懲役20年に罰金追徴金合わせて25億円という「ムチャクチャ」。どちらがマシか、貴公にはわかるか。乃公にはわからぬ。どちらもダメじゃないかは、アンケート回答の「どちらともいえない」と同じジャマイカ。正答は、日韓逆であれば良し。

国政介入:崔順実被告に一審で懲役20年、罰金180億ウォン
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/13/2018021302020.html

国政介入:ロッテ会長に一審で懲役2年6カ月、法廷拘束
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/13/2018021301992.html

(止め)
3

2018/2/13  23:19

今夜は、日本ヤバイ  経済

「経済一流、政治は三流、外交は五流」とながらくいわれてきました。先進国間でそういわれてきたのではなく、「政治や外交はダメダメかもしれないが、経済だけは一流だ」と日本人が先回りしてそういってきました。

先進諸国の政治家や官僚、政治や経済学者、経営者やビジネスマンたちから、「なにをおっしゃる、日本の政治や外交の手腕は侮りがたいものがありますよ」という声が上がるわけがない。日本人なら誰しもそうした予断を持っているし、残念ながらそれは間違っていませんでした。

日本から世界的な政治家や外交官が出たことがない代わりに、本田宗一郎や松下幸之助、井深大、安藤百福など世界を変えた革新的な企業家は幾人も出ています。彼らはみな中小企業から身を起こして、世界的な大企業をつくり上げました。

最近ではTVドラマ「陸王」が高視聴率をとったように、「匠の精神」が息づく中小企業の技術力の高さも定評を得ています。中小零細の下請け孫請会社の膨大な職工や職人たちも日本経済の広大な裾野として算入された上で、「経済一流」が「当然視」されてきたわけです。

が、それもどうやら怪しくなってきました。東芝、シャープ、日産、神戸製鋼など大企業の没落や不正事件の続発のみならず、以下のような事例から、「裾野」さえも「疑問視」の時代に入っているようです。

平昌五輪のおかげで、「下町ボブスレー」の騒ぎが続いています。

made in Japan神話は過去の話
http://blogos.com/article/277258/

納期に間に合わず、規格外で、性能に劣る。日本の会社の仕事としては考えられないことです。しかし、まあ、これは広告代理店が提灯を持って、安倍総理が入れ込んだという話題作りが先行した企画らしいので、日本の「ものづくり」も堕落したものだという事例としては適切ではないかもしれません。

しかし、下の2つは日本の工事や作業としてはあり得ないといってもよいほどのことです。たぶん、実際に夜間作業をし、架線工事をしたのは下請け業者である中小企業の社員と作業員でしょう。公共交通機関の運行にいささかなりとも影響を及ぼしてはならないというのは、「当然視」されていたはずです。

都営大江戸線、一部で運休や遅れ 夜間の作業が影響
https://www.asahi.com/articles/ASL292H4VL29UTIL001.html

京浜東北線7時間運休 架線切断 工事ミス原因
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017121702000134.html

夜間作業が延びて始発電車に影響が出たどころか、午前中の電車の半分が運休した、あるいは7時間も運休が続いた。当然、業者には莫大な損害賠償や補償が負わされそうですが、たぶん、そうはならずうやむやになるのではないかと推測しています。

もちろん、入札に当たって業者の一定期間の指名停止や末端の下請け孫請け会社の出禁などは考えられますが、そうした形式的な処罰でお茶を濁して、発注側の担当社員や責任者に類が及ぶことはないはずです。

そんな「経済一流」の弱点と課題を人民日報系の人民網の記事がうまくまとめています。

「メイド・イン・ジャパン」神話は崩壊したか
https://blogs.yahoo.co.jp/oomihuji/19597715.html

(止め)
1

2018/2/12  0:12

今夜は、黒子さん  音楽

ロゼット洗顔パスタの黒子さんと白子さん、といってもわからないかな。黒子さんのモデルが今夜ご紹介するロゼッタ・サープ、白子さんはもちろん、ジョー・スタッフォードですって、冗談ですって。

Sister Rosetta Tharpe - Didn't It Rain


「ディドットレイン」と繰り返す歌詞は次のような内容です。

Didn't it rain children
Talk about rain oh my Lord
Didn't it fall didn't it fall
Didn't it fall my Lord didn't it rain

Didn't it rain children
Talk about rain oh my Lord
Didn't it fall didn't it fall
Didn't it fll my Lord didn't it rain

Oh it rained forty days
And it rained forty nights
There was no land no where in sight
God send the angel to spread the news
He haste his wings and away he flew
To the East to the West
To the North to the South
All day all night how it rained how it rained

Didn't it rain children
Talk about rain oh my Lord
Didn't it fall didn't it fall
Didn't it fall my Lord didn't it rain

Some at the window some at the door
Some said Noah can't you take a little more
No no said Noah no no my friends
The nature got to keep you can't get in
I told you I told you a long time ago
You wouldn't hear me you disobey me
Lord send the angel a warning to you
It began to rain and now you are through

Well it rained forty days
Forty nights without stopping
Noah was glad
When the rain stopped dropping
Knock at the window knock at the door
Come on brother Noah
Can't you take any more
No no my brothers you are full of sin
God has the key you can't get in
Would you listen how it rained

Didn't it rain children
Talk about rain oh my Lord
Didn't it fall didn't it fall
Didn't it fall my Lord didn't it rain

Didn't it rain children
Talk about rain oh my Lord
Didn't it fall didn't it fall
Didn't it fall my Lord didn't it rain


グーグル翻訳してみたら、なかなかの名訳でした。

子供に雨が降らないか?私の主よ、雨について話してください。それは落ちていませんでしたか?私の主が落ちていませんでしたか?それは雨。子供に雨が降らないか?私の主よ、雨について話してください。それは落ちていませんでしたか?それは私の主が雨が降ってもらえませんでしたか?ああ、40日間雨が降った。そして40日間の雨が降った。目に見える場所はありませんでした。神はニュースを広めるために天使を送ります。彼は彼の翼を急いで、彼は飛んだ。西へ東へ北から南へ一日中一晩中雨が降り、雨が降った。子供に雨が降らないか?私の主よ、雨について話してください。それは落ちていませんでしたか?それは私の主が落ちていないか?いくつかはドアのところにある窓のところにある。一部の人は、ノアはもう少し取ることができないと言いました。いいえいいえいいえいいえいいえいいえ、Noahは私の友人はいません。自然はあなたが入り込むことができないようにしなければならない。私は長いことあなたに言ったことを言った。あなたはあなたが私に違反していると聞くことはありません。主は天使にあなたに警告を送ります。それは雨が降り始め、今あなたは通っています。まあ、それは40日間雨でした。 40日を止めることなく。ノアは嬉しかったです。雨が降ってきたとき。ドアをノックして窓をノックしてください。ノア兄弟に来てください。あなたはもう取れませんか?私の兄弟たちは、あなたがたに罪がいっぱいです。神はあなたが入ることのできない鍵を持っています。あなたは雨が降ったかどうか聞きますか?子供に雨が降らないか?私の主よ、雨について話してください。それは落ちていませんでしたか?それは私の主が落ちていないか?子供に雨が降らないか?私の主よ、雨について話してください。それは落ちていませんでしたか?それは私の主が落ちていないか?

ロゼッタ・サープはアメリカはアーカンソー出身のゴスペル/ブルース歌手です。そのギター奏法や歌いかたから、「ロックンロールの母」ともいわれています。

この動画は、ヨーロッパ巡業中にイギリスはマンチェスターの廃駅を使ったコンサートの模様です。こういう舞台装置を企画したイギリス人のセンスには脱帽します。パフォーマンスへの敬意とアメリカへの侮蔑が同居しています。

ゴスペルやブルースの歌手といえば貧乏くさいイメージがありますが、廃駅コンサートで着ていた高価そうなコートでもわかるように、ロゼッタ・サープは売れた歌手でした。ナイトクラブシーンにはじめてゴスペルを持ち込んで人気を博したそうで、次はその楽しそうなクラブ活動の一場面です。

Sister Rosetta Tharpe ca. 1941 "The Lonesome Road"


(敬称略)
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ