2013/4/28

ハートの形のCELUX LOVER WEDDINGのダイヤモンドにあこがれて  

ダイヤモンドのアクセサリーは、もっともオーソドックスなラウンドブリリアンカットにしておくのが無難。そんな風に聞いたことがありますが、高価な宝石なのでそれもなんとなく理解できます。しかし、CELUX LOVER WEDDINGのダイヤモンドの中にハートシェイプのリングを見つけたときはそんな常識的なキブンなどほぼ皆無となりました。ハートの形は非常にポピュラー、そしてオーソドックスとは言いがたいちょっと遊びの効いた形でもあります。なので、ブランドによってはやや安っぽいイメージになる心配も。しかし、さすがは、CELUX LOVER WEDDINGです。ハートシェイプは、その型の持つ魅力、ロマンチックなイメージを深く可愛く演出していました。そして、もちろんそこはかとなく醸しだされる高級感も、当然ながら健在。ただし、この形、カットが可能な原石が稀少で、無駄になる部分も非常に多い、実はかなり贅沢なカット法なので、お値段のほうはそれなりを覚悟しなければなりません。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ