2017/10/16  0:27

体の不調  メッセージ

クリックすると元のサイズで表示します



また婦人科に行かなくてはいけない事態になってしまいました。

明らかにおかしい状態と、痛みが続いていて。

正直とてもこわいです。



どうして、って思ってしまうけど、よくよく内省してみると、

やっぱり積もり積もった自分の考え方に原因があるのだと

わかりました。







(体の不調)


何も恐れなくていい。

あなたの体の変化は、

あなたが思っているよりも深いレベルで進行しているため、

一時的に不調となって現れてくることがある。


あなたの心の変化に伴う重大な知らせは、

あなたの心の内に確かな確執を生んだ。


それはいずれは溶けて流れていくものだが、

今は しこりとなって、体内に病素として留まっている。


何も恐れず、ただ体と心を労っていなさい。



私が心配しているのは病気ではなく、

いつもあなたの心の有りようだということを知っていなさい。




 * * *





ミステリー小説で、おそらく最悪の選択をしたであろう

不幸な女性の結末を知ったとき、彼女に対して、


「それでもいいと思ってくれる人を探すべきだった」


と強く思いました。



私自身も、たとえ女性としての機能が薄くっても、

「それでもいいよ」って言ってくれる人を探したいと思います。



くっついて眠るだけでうれしいよ、って人が欲しいです。

(あんまりいないとは思いますが、笑)




逃げたり怖れたり、早く還りたいって思うのはやめにして。

こういう心身なのはもうしょうがないとしてあきらめて。




はいつくばってでも生きていこうと、

生きていきたいと、今は思っています。






0

2017/10/8  23:33

欲しいもの  メッセージ

クリックすると元のサイズで表示します


休日のオフィス街が好きです。
すっきり広々としていて、街路樹もあって、
人が少ない(笑)

新しいきれいな空間に休憩用のいすとかトイレとか、
わりと空いてるステキな飲食店街(貴重)とかを見つけられたので、
たくさん考え事ができました。

散歩もたくさんしました。






(欲しいもの)


何も心配しなくていい。

ゆったりとして、心を広く、豊かに構えていなさい。


あなたの欲しいものは、天はよくよく知っている。

知っているからこそ、

努めて広域な意味で欲しいものを与えられるよう、

準備を進めている。



あなたの欲しいものが何なのか、

もう一度よく考えてごらん。


あなたの内側にある欲求を満たすものは、

あなたが望む形では現れないことがある。


だからといって落胆しないように。

あなたの声をよく確かめなさい。

何と言って叫んでいるのかを、よく聞きなさい。



声を遠くまで届けることと同じように、

深くまで聞き取ることも重要だ。

いつも、ほがらかでいなさい。



愛しているよ。

天の声を知ってくれてありがとう。

何も恐れず、声に従って生きていきなさい。

必ず道は、あなたを導くだろう。





 * * *



相変わらず、日本語翻訳ムズカシイ。。

続けて次に聞いたやつは、
ちょっといつもとは違う存在からのイメージ。

いつもは男性ぽいけど、
この方は女性な感じでした(あくまでイメージ)。

 ↓




(欲しいもの2)


あなたに必要なものは、すぐに与えられている。

ただそのことに“出会う”までに、少し間隔が必要なだけ。


声を信じて進んでいれば、自ずと道がつくられ、

開けていくのがわかる。


声を、よく耳を澄まして聞きなさい。

あなた自身の声も、相手の声も。


望んでいるものが何であれ、その“奥”にあるのは

愛以外にはないことを、いつもわかっていなさい。



あなたが想うことの素晴らしさは、

あなた自身の力となり、

他の存在の力ともなる。

それを知って、何も恐れないようにしていなさい。



心を澄まして、信じる力に委ねなさい。

愛を知って。







 * * *




私が望む形では、欲しいものは、得られないんだそうな。
まあ仕方がない。(でもちょっとサミシイ)

「何と言って叫んでいるのか」というフレーズが気になったので、
よく聞いてみました。

私の内側は、本当は、何が欲しいのか。





それは、きっと「夜明け」です。


「目覚め」とも。







0

2017/6/11  13:44

胎動  メッセージ

クリックすると元のサイズで表示します



(胎動)


胎動という言葉を聞くと、誰もが畏れ、敬う

母の力を感じることができる。


何より新しいものが生まれる力の源に、

畏怖と尊敬を感じられる。


だが時として、それは心をつんざくような動きでもありうる。

心を引きちぎるような唸りの先には、

見たこともない地平とわずかな希望と、

何もないことへの恐れが入り交じっている。



胎動を感じなさい。

ただただそこに在るものとして、

生命の畏怖と驚嘆の境地を感じていなさい。


恐れるのではなく畏れをもって、

大きな動きを飲み込んで受け入れていきなさい。



愛しているよ。あなたは今や愛を知った。

何も必要なものはない。








0

2017/6/11  13:25

好きなこと、好きなもの  メッセージ


クリックすると元のサイズで表示します


ゴーサインがでた(ような気がした)のでブログを再開いたします。
(2年もたってた!!)


ちょこちょこ、聞いていたメッセージ。
誰かに伝えないともったいない。


気になる点があるなら、心惹かれる部分があるなら。

それは「あなた」へのメッセージです。






(好きの指標)


好きさ加減の基準は常に自分の内にあって、

外側にある絶対的な指標ではない。


そのため自分の内にある指標が揺らぐことで、

相対的にそのものの価値が変わったように見えることがある。


だが価値自体は不変かつ恒久的なもののため、

矛盾を生むことがしばしばある。



あなたが思う“好きさ”と

他の人が感じる“好きさ”はもちろん異なるが、

異論を認めない風潮には風通しが必要だ。


あなたが感じる良さを人に伝える時、

心にあるすべてを述べるようにしてみなさい。


そのことにより、伝わり方はずいぶん違ってくる。



あなたが好きと感じることを、

臆することなく人にも伝えてよい。


ただし、心の全てを伝えることで、

違った意見の人にも良い影響を及ぼすことができる。


意見の違い、認識の違い、心の捉えようの違いを楽しみなさい。


あなたに与えられたセンス(感覚)、感性の全てを受け入れなさい。



愛しているよ。全てを愛していきなさい。







…日本語のおかしなところは、
メッセージをくれる人の問題ではなく、私の問題です。

「イメージ」としてある言葉を、どう翻訳していいのかで詰まることもしばしば。

厳密な意味ではなく、ある程度幅をもった“印象”として捉えていただければ幸いです



0

2015/7/18  9:18

「DANGER」  メッセージ

クリックすると元のサイズで表示します

-----DANGER---DANGER---DANGER-----




…冗談です。


この猫ちゃんを見つけた時に嬉々として写真を撮って、上記の内容でツイッターに乗せようと思ったのですが、ガラケーから写真投稿ができなくなったため めんどくさくなってやめました。

おかげで今使える。。




昨夜の大雨&土砂災害の避難勧告でこわくなって、
ちょっとだけ取り乱してしまいました。

大丈夫だろうという平穏な心と、沸き上がる根拠のない不安とが、入り交じった状態。

最終的に眠気が全てに打ち勝って普段通り眠りにつきましたが、寝る前にわりと久しぶりに「メッセージ」を聞いてみたので、ここに記しておきます。


ゆうべは途中でうまく聞けなくなり、一旦筆を置いて眠りにつき、今朝目覚めてから続きをがんばって捻出しました。

最近職場で毎日のように眠気覚ましのコーヒーを飲んでいるから、インスピレーションが湧きづらくなってしまったのかな。。

(アルコール・カフェイン・タバコがよくないらしいです)




 * * *



(台風や、政治の問題について)



聞く耳のあるものは聞きなさい

あなたがたに与えられた “試練” は、あなたがたが選んだものだ

それは災害でもなければ、国家の謀略でもない

あなたがたが自ら招き、引き寄せたものだ


私の声が届くなら聞きなさい

声を鎮めなさい


怒りの声を、

不安・不満の声を



不平を唱えず、押し殺さず、

安らかでいなさい



何も恐れないで、声を鎮めて静かにしていれば

必ず理解できる


人の世の情けや 優しさやあたたかさ

人のつくった 温もりや心安さ



何も理解しないでいるままで 心の声には近付けない

心の内を覗こうとする時はいつでも、

心が平安である状態を望みなさい


平安が第一であると心に決めたら

それを動かさないよう

強い意志でもって貫いていきなさい





あなたの心は、あなたの思いがつくる無限の調べ

何も怖がらないで、目を開いていなさい

見えてくるものの中に、いつも自分自身を感じていなさい




声を届けなさい

心からの声を





 * * *







以前ここでご紹介した

『神との対話』

という本を、最近また読み返しています。

数年前に読んで衝撃を受けたきり飾ってあったのですが、おすすめした手前、もう一度内容を把握しておこうと思って読み始めたら、

また衝撃でした。


以前は読んで理解しきれなくて放置していた部分も、今ならするすると入ってきます。

時を経て、身につけて来れたものが確実にあるんだなと思います。

血肉にしたい。




この世界の謎を解明したい、苦しみの原因を知りたい、という方には本当におすすめ。

もう何人かは読んでくれたのではないかな、と勝手に期待しているのですが、

どうかな。。


今回のメッセージの冒頭の部分も、本を読めばきっと理解できます。
わたしもいつかわかりやすく説明ができるよう、
そして納得してもらえるよう、
まずは自分自身で実践していこうと思います。


政治の問題に関しては、難しいけれど、
望まない方向への国の暴走を止めることはもちろん必要だけれど、「怒り」でそれを行おうとすることは、むしろ逆効果のような感じもするのです。

できれば「戦争反対」ではなく、
「平和な世界を」というプラカードでもって歩きたい。

争いを強く意識することは、逆にそれを呼び寄せてしまうのです。



だから望むものを、イメージする。

いま大好きなものを、

これからこうであって欲しいと願う、明るい世界を。










0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ