2013/2/1

固定金利と変動金利の選択ポイント  

どうでしょう?

固定金利と変動金利の選択ポイントは、将来の経済情勢と自分のライフプランを考えておくことが必要になってきます。住宅ローンの金利は、支払い期間を長くしてある固定金利は金利が高めで、支払い期間を短く設定している変動金利の方は金利が低くなっています。この場合は、変動金利の方が当初の返済額は少なくて済みます。しかし、その後の状況によって、返済額が上下に変動しますので、将来的な金利の動きを注意すること、支払いの金額に余裕を持たせるライフプランが注意点となってきます。
固定金利と変動金利のどちらを選ぶか?選択ポイントは、将来の金利動向と自分のライフプランニングを見据えておくことが必要になってきます。住宅ローンの金利は、支払い期間の長い固定金利は金利が高めで、支払い期間を短く設定している変動金利の方は金利が低くなっているのが一般的です。この場合には、変動金利を選んだ方が初めの返済額は少なくて済みます。しかし、その後の状況によっては、返済額が変動しますので、将来的の金利の動きに注意しておくこと、支払いの金額に余裕を持たせるためのライフプランニングを立てておくことがポイントです。
0

2013/2/1

住宅ローンの金利設定  

こんな意見もありましたよ。

住宅ローンの金利設定は、金融機関によってさまざまです。webサイトでは、シュミレーションをすることができます。どの商品もメリット、デメリットがありますので、今後の金利動向の予測を怠り無く行なった上で住宅ローン申し込みの検討をすると良いでしょう。
住宅ローンの金利設定は、金融機関ごとにさまざまです。銀行などのホームページでは、返済シュミレーションをすることができます。どの支払いプランもメリット、デメリットがあります。今後の金利動向の予測を行なった上で住宅ローンの検討をするのがおすすめです。

参考にならないかもしれませんが、貴陽シェラトンメモ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ