2017/2/24 | 投稿者: ふぁみ助

バンドメンバーにも
ライブに呼んでくれる方にも
そしてもちろん、
お客様にも。

本当に申し訳ないけど
おれはほとんどギターの練習をしない。

ギター上手くなりたいと
たまにやってみるのだが
三日坊主どころか2日も続かない。

バンド練習、曲作り中
それがギターの練習時間。

でもそろそろ本気で取り組まなければならない。
上手くないのがいいところなんて言い訳も通用しないブッキングが来てる。
いや、今までも来ていたけど、残念ながらダメだった。

でも今回ばかりは本気だ。
おれは凄腕プレイヤーになる。
もう全世界に発信してしまったからやるしかない。

とりあえず日曜のライブは
白石才三という凄腕ギタリストがゲスト。
それをみることから始めよう。

そして仕事の落ち着く金曜から練習を始めよう。。。

クリックすると元のサイズで表示します





0

2017/2/23 | 投稿者: ふぁみ助

以前、パーティをやってたら
お客さんの1人に
『バラバラでやってないで、一緒にやって行った方がシーンが盛り上がるんだから、一緒にやればいいのに』
と言われた。

確かにわかる。

色んなジャンルやコンセプトが
お互い見えるところで活動して
影響しあっていけたら最高だろう。

でもそれぞれの状況や
箱のスタイル、機材。

そもそも
オーバーグラウンドでやりたくない。

とか。
その思いは様々で、
妥協したり我慢するぐらいなら
別々にやった方が面白い。

それに自分ほど色んな現場を
見たり参加してるやつは
久慈にはいないという自負もあった。
特定のスタイルやジャンルではなく
音楽やその現場を好きだから。
影響されるのは大歓迎。

一緒にやろうという人は
統合するけど
いまの自分流は変えない場合が多い。
他人からの影響は受け付けない。

人数を増やしたいだけ
っていうのはいけ好かない。

いま、
自分史上最も多い人数で
イベントを作り上げようとしている
それぞれミュージックラヴァー、パーティピープル、音ジャンキー。
お互いを活かし合おうという思惑しかない。
それぞれの思惑が組み合うことによる高みしか想像できない。

ライングループは大盛り上がり。
もちろんいいことばかりではないかもしれないが、それぞれやりたいことが、他のメンバーがいることで更にいい方向に向かっているのがわかる。

人とイベントやるってめちゃ楽しいやん。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/2/22 | 投稿者: ふぁみ助

初めてラビラビのライブを体感したのは
2008年久慈市ハーヴェスト。

始まる前から大騒ぎの観客
アウェー感!
と思うのも束の間
最前列モッシュの中に。

よくわかんないけどすごかったな。
っていう印象。


そして2009年ハーヴェスト。
フライヤーデザインと
ライブPAをやってた。
オペレーターとして
冷静にラビラビを観た。

全てが完璧だった。
即興で繰り広げられる
グルーヴ。
会場のテンションを
押し引きして、グイグイと引っ張ってゆく。
まるで観客と相撲を取っているようなライブだった。


さらにその年、
決定的なラビラビ体験をする。
三沢でのルーフトップライブ。
近隣住民への配慮で音響機材はなし。
大きな音も出せないという、
躍らせるバンドとしては
大きな制約の中、その夜は始まった。

観客の端と端からカリンバの音。
パーカッションを担当する2人、
徐々に2つの音が中央に向かっていき
その真ん中で2つのカリンバが合流した。

ゆっくりしたテンポから
カキンカキンッと激しくなり、
2つの微妙に違う音色が交錯して
とても小さな音なのに、込み上げるものがあった。

2人を囲むように向けられた目線。
激しさも極まったころに
突然ストップするカリンバ。

その瞬間ステージに残っていた
ボーカルAzumiさんが語り始める。

不意を突かれ
はっとして一気に目線はステージへ。

今日はなぜ音響がないのか、
主催者の想いといきさつ、
そうこうしている間に
いつの間にかゆるいビートが刻まれている。

客席に語りかけながら少しずつ熱を帯び
いつものように、いや、
やはり少しだけ優しく、
歌とも叫びともつかない
声がビートと一体になってゆく。

気づけばビートもテンポアップ
しっかり心は掴まれているから
音量は小さいのに踊ってしまう!

最終的には愛だ!
ここに集まる全ての愛がエネルギーになる。

one love 即興から
ボブ・マーリーの One Love
合唱してるじゃないか!

まじか!
タイムトリップしていた。
時間制限のためアンコールもなしで
すごく暖かい空気に包まれた。

終わってから1時間半も経っていたことに驚いた。


そうだ。
この空気感を久慈の人にも体感させたい。
そう思って2011年3月12日に久慈ライブを企画した。
もちろん音響なし。照明もキャンドルだけ。

ところがライブ前日、大変なことが起きた。
もともと電気は使わない予定だった。
しかもラビラビは八戸まで来てる。

今思えばガイダンスだったのかもしれない。
やろうと思えばできたんだ。

でも
状況と心情を考えればできなかった。


あれから6年。
想いとタイミングが交錯して、
3月11日、久慈でのラビラビのライブが決まった。

もうノンPAとかそんなことは言わない。
溜まった分の空気をぶっ放してもらおう。

クリックすると元のサイズで表示します





0




AutoPage最新お知らせ