2012/2/10

いじめ、カッコ悪い。(BY前園真聖)  MOVIE

平成4年、
つまり今から20年前に連載が開始され
それ以降、アニメ化は云うに及ばす
テレビドラマ化に到っては海を渡って
台湾、韓国でも制作された
超人気少女マンガといえば
みなさんもお判りですね。

あれですよ、
あれ、
「花より男子」。

日本一売れた少女マンガですので
それはもちろん、
実写映画化だって2回されています。

で、今回見たのはそのうちの古いほう
フジテレビが制作した
「ぼくたちの映画シリーズ」第1弾

クリックすると元のサイズで表示します

「花より男子」でございます。


カッコ悪いと云えばやめさせられるとか
好きな子だからいじめただとか
「いじめ」にまつわる詐欺めいた話は
いろいろございますが
本作もかなり
「ありえねえっつーの!」なストーリーとなっております。
 
 


「花より男子」というとやはり
松潤のドラマ→映画というコンボになるとは
思いますが、
ドラマの第1話を見たところ
F4という輩ども(とその取巻き)が
とっても胸糞悪かったので
以後見ておりません。

「ぼくたちの映画シリーズ」第1弾のほうは
牧野つくし役、内田有紀
道明寺司役

クリックすると元のサイズで表示します
王様のブランチ谷原章介

花沢類役は

クリックすると元のサイズで表示します
おしゃれイズム藤木直人


となっております。

この配役からも判るように
映画化にあたって
いろいろ改変がなされていますが
一番大きく変化したのが
舞台が高校ではなく大学と云うところ。

クリックすると元のサイズで表示します
F4とは云っていますが後の2人はこの映画では空気です。

ただでさえ見苦しいF4による
牧野つくしにたいするいじめが
更に痛々しくなっております。
(いい年して…と云う意味で)

なかでも道明寺司の言動がバカすぎです。
親の笠に着ての弱いものいじめなんて
高校生でもどうかと思いますが、ここでは大学生。
しかも、彼はヒロインつくしより2歳年上の3年生。
つまりは成人。飲酒もOK。

しかし、いくら当時、バブル期末期で
大学生のレベルが低かったとは云え
この大学3年生(成人)ときたら
取巻きの男衆に
「牧野つくしにいたずらしろ。」と、命じておいて
真に受けた連中がつくしを襲って強姦まがいのことをすると
「ばかやろ!いたずらっていうのはな
ソフトクリームで顔グリグリってやるとか
寝てる間に鬚を描くとか。」
と怒り出す始末。

はい!
そうなんです。
この道明寺は
「見た目は大学生(おとな)、頭脳は小学生(こども)」
な男だったのです。
たったひとつの真実も見抜けない代わりに
学力の方も小学生並み。
性格は「俺様」、
ついでに重度のシスコン、
並びに童貞疑惑あり(大学3年という設定のおかげでせつなさ倍増)。
素肌に赤と黒の縦縞のヘビ革のベストを纏い、革パン革靴と云う

クリックすると元のサイズで表示します
センス0

奇抜なファンションセンスを加えると
いくら金持ちでイケメンとは云えども
もう目も当てられぬ状態に…。

ご自身のファッションがこれですから
つくしに択んでやったドレスも
「赤くて無駄なフリルがいっぱいついている奴」

クリックすると元のサイズで表示します
センス0

と、かなりお子ちゃまな好みとなっております。

どこをどう取ったら
これを好きになるというのだ、牧野つくし?!

自ら自分たちF4のファンクラブを立ち上げ、
自ら部員募集しているような奴らだぞ、こいつら?!

しかも、映画だけだと、
道明寺にとってのつくしって
結婚しちゃった姉ちゃんの体のいい代用品みたいな感じなんですけど
いいのか、それで?!


もちろん、いい訳がなく
つくしが最初にポーッとなる相手が同じくF4の花沢類(金持ち)。

かなりの偏食。ていうか、食べられないもの多すぎ。
道のど真ん中で広告看板にキス→頬ずりするような天然さん。

クリックすると元のサイズで表示します
…ちょっと怖い。

イケメンさんじゃなかったら
怪しさ爆裂で職務質問必至ですよ。

でも、こんな2人に恋心ゆれまくる牧野つくしさん。




…なんでやねん!

さっきまで、道明寺のことなんて
蛇蝎の如く嫌っていたじゃないですか、あなた?
「俺の女だ。」宣言がそれほどまで効いているのでしょうか?
だとすれば、世の愛に悩む男性の皆様!
うぶい女の子を落とすのには
これですよ、
「○○は俺の女だ」。
この言葉を、あたりかまわず吐き散らかしたほうの勝ちです。

F4のメンバーなんて「赤札」というゲームを考案し、
それを実行させている時点で
どいつもこいつも願い下げだと思うのですが、
縁は異なもの 味なものと云いましょうか。


にしたって
こんな道明寺司と花沢類。
見た目が谷原章介と藤木直人であろうが
究極の選択ですね、悪い意味で。


所詮、女にとっての男は「財力」と「顔」というのが
このマンガの売れ行きで嫌でも判ります。 
 
 

 
0
タグ: 花より男子



2016/3/11  14:59

投稿者:あゆか

七誌様

コメントどうもありがとうございます!!!
同じように(漫画も含め)この作品が苦手な方からのコメント嬉しいです。
自分ではフェミニストとは思っていませんが、井上真央さんのドラマ放送をきっかけに女性が好きなマンガNo.1のような扱われ方をしていてとても不思議でした。
「f4の中で誰が好き?」なんて訊かれたら…と思うと私もぞっとします。

2016/3/10  7:10

投稿者:七誌

女だってこの漫画なんて手にとるのも汚らわしいと思ってる人は大勢いますってばよ。
身の回りに「これ面白いから見てごらんよ」「f4の中で誰が好き?」とか言ってくるのがいなくてほっとしてる。

2012/2/25  9:14

投稿者:あゆか

松雪泰子さんの「白鳥麗子でございます」と同時上映されていましたが、ちょっと食指が伸びないシリーズですよね。

谷原ファンはもちろん、藤木ファンにとってもちょっと消化不良になる映画です。

これ見るくらいなら、井上真央ちゃんの「花男」の方がいくらかマシかも。

2012/2/25  7:37

投稿者:せー吉

自称アイドル映画好きなんですが、この頃のは見てないんですよね汗

藤木さんってましゃ(福山雅治)のポジションになれなかった人というレッテルを僕は貼ってますパー

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ