2016/1/25

福山の横山功一さん  ライブ・レポート

と3日間の演奏 無事終わりました。


 初日は、広島市内のジャズLIVEハウス「Lush Life」

クリックすると元のサイズで表示します



 横山さんのオリジナル、僕の曲、あとは、横山さんの愛奏曲を中心に演奏しました。
 

 横山さんは初めての「Lush Life」ライフでのリーダーLIVEでした。他のメンバーは九十九清美(b)さんと吉岡洋充(ds)さん


 お越し下さいました皆様! 本当にありがとうございました!

 「Lush Life」 の店長の理恵さん、スタッフの方 お世話になりました。


クリックすると元のサイズで表示します



2日目は、倉敷のギャラリー竹


メンバーはドラムレスで、九十九清美(b)さんと3人

クリックすると元のサイズで表示します



 おいしいコーヒーと壁に展示されている素敵な写真。そして空き缶とか竹とかの素材を利用して作られた面白い作品。

 笑顔の素敵なおしゃれなマスター(歌も歌われるとか)がギャラリーと月1回のLiveを基本にやっておられるご様子。


 とにかく素敵な場所です。 また行きたい!! です。

 

 お越し下さいました皆様!本当にありがとうございました。

 マスターありがとうございました!



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



 そして福山「LOFT」でレッスンの後地元や岡山のミュージシャンの方とのセッション。岡山から素敵なピアニストの方がいらしてましたが、お話しできなくて残念でした。


クリックすると元のサイズで表示します



 

 でも大雪の影響でさすがに少ない、少し寂しい夜でした。

 
 そんな中、お越し下さいました、参加者&お聴きくださいました皆様!本当にありがとうございました!

 マスター、スタッフの清美さん! ありがとうございました!


 そして、予報通り演奏中に、外ではあっという間に大雪。

クリックすると元のサイズで表示します

  
 しかし結局、事故もなく無事に帰ることができ、ちゃんと2日間ともに行動したハスラー君をレンタカー屋さんにお返しする事が出いました。


 横山さん!! 各所のマスター、スタッフの皆様、3日間ありがとうございました。


また新しい一週間! 頑張ります!


なかにし隆(P)
1

2016/1/19

今月のLiveレポート2回目  ライブ・レポート

 まずは、ボーカリストの川本睦子さんと「Comin」でやらせて頂いているDUOのLiveです。

 選曲はいつも彼女で、今回は偉大な作曲家、コール・ポーターの曲ばかりを集めたLIVEでした。最近広島市内の人気LIVEハウス「Comin」でやらせて頂いている。ひと月に一回のペースだ。


 リハーサルもするが、実際には、間違えたり、思いついたりして、その場その場で色々形を変えながら楽しく演奏を展開していく。今回も楽しくできた。


 次回は睦子さんはガーシュインとおっしゃていた。楽しみだ。



クリックすると元のサイズで表示します


 その次は福山の僕の本拠地「LOFT」でやっているジャズピアノ教室の生徒さんの発表会。主催はアルトアックスの横山功一さん。つまりサックス教室の発表会に便乗させて頂いたわけです。


クリックすると元のサイズで表示します



 皆さん忙しくて発表会直前のレッスンには一人しか来ない状況にもかかわらず、親はなくても子は育つことを証明するような素晴らしい演奏が続き、ほっと胸をなでおろしつつ、うれしくてうれしくて、これからも皆さんとのつながりを大切にしつつ、僕からもなんか企画しようと思います。

クリックすると元のサイズで表示します



 皆様お疲れさまでした!



 そして最後に、チーム落花生(仮) の ファーストLive

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


 ピアニスト、作曲家のヴィンス・ガラルディの作品を集めてみました。スヌーピー、チャーリーブラウン、ルーシー、ライナス…で有名なチャールズ・シュルツ作のアニメ「ピーナッツ」のサウンドトラックを担当した人だ その作品「ルーシー&ライナス」という曲は広島地方では、天気予報のBGMとしても有名だ。


 アニメのいろいろなキャラクターのテーマではあるが、ほのぼのとした、シンプルな佳曲ばかりで、ウエストコーストジャズらしい、テーマ部分にも、きめや、仕掛けがあって、結構難しい(笑)

 今回やらなかった曲もやり、レパートリーを増やしつつ、一曲を短くして、アドリブよりもテーマを重視したジャズをやってみようかなぁ…と思ったりする。



 お越し下さいました皆様!本当にありがとうございました!

 各お店のマスター、並びにスタッフの皆様! 本当にお世話になりました!

 共演者の皆様これからも宜しくお願い致します。


 写真送って下さった皆様! ありがとうございました!


なかにし隆(P) 
1

2016/1/12

ポールブレー  ジャズピアノ思った事

大好きなピアニストの一人 ポールブレー 氏 が亡くなった。

クリックすると元のサイズで表示します


 ポールブレーの演奏をいろいろと聴いてきた。スタンダード曲を抽象化したような作品、BE Bopの曲を抽象化したような作品。フット・ルース、BLOOD、ZEN・PLACE、バラッズなどのピアノ・トリオの作品は勿論、ソロのピアノも何枚かある。ジミー・ジュフリー(Cl、Sax)とのユニット、エヴァン・パーカー(sax)とのユニット、ドン・エリス(Tp)との作品、チェット・ベーカー(Tp,Vo)とDUOだったり、ソニー・ロリンズ(Ts)とコールマン・ホーキンス(ts)のセッションのサイドメンとしての作品も、ジャコ・パストリアスとやっているのもある。


 フリー系のピアニストなんだけど、殴ったりけったりはしない。(笑) よく繊細でエロティシズムと書かれているが、静けさや間を大切にした感じのポールブレー独自の世界だ。


 所謂、初心者のリスナーにはお勧めしないピアニストの代表選手のひとりかもしれない。


 ポールブレーとポール・モチアン(ds)とゲーリー・ピーコック(b)のNOT TWO NOT ONE を持っていないので聴きたいと思っている。


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ