2011/6/28

シリーズ第10回  大好きなピアニスト

第10回目は、

アル・ヘイグ 

です。

 白人のピアニストで40年代に大活躍してチャーリー・パーカーとかのレコーディングとかでもその名前を見ることが出来る。しかし50年代になるとレコーディングの数が急激に減って、70年代になって再びシーンに戻ってくるが、82年に亡くなる。

 スイング時代からバップ期の過渡期のようなスタイルとかよく言われたり、書いてあったりするが、私的にはそんな事はどうでも良くて、聴いているととても癒される感じ。

特に好きなアルバムは、、

「Jazz will-O-The-wisp」

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


(ちなみに、両方とも同じアルバムの事です。)

1. Autumn In New York
2. Isn't It Romantic?
3. They Can't Take That Away from Me
4. Royal Garden Blues
5. Don't Blame Me
6. Moonlight In Vermont
7. If I Should Lose You
8. April In Paris
9. All God's Chillun Got Rhythm
10. Body And Soul
11. Gone With The Wind
12. My Old Flame
13. On The Alamo

アル・ヘイグ(p)
ビル・クロウ(b)
リー・エイブラムス(ds)

1954年3月13日NY録音

 どの曲の演奏も自然に押し付けがましくなく耳に入ってくるし全部好きです。こんな風に弾けたらなぁ、とかそんな事を考える事もなくよく聴いてます。

 あと私が持ってるのは、、、


「アル・ヘイグ・トリオ」


クリックすると元のサイズで表示します


1. ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングス
2. ヤードバード組曲
3. タブー
4. マイティ・ライク・ア・ローズ
5. ス・ワンダフル
6. ジャスト・ユー・ジャスト・ミー
7. ザ・ムーン・イズ・イエロー
8. ラウンド・ミッドナイト

アル・ヘイグ(p)
ビル・クロウ(b)
リー・エイブラムス(ds)

1954年3月13日NY録音


 同じ日の録音で決してイージーな演奏ではないのに(それがいけないと言う意味ではない…笑)なぜか、上記同様癒されるし、よく聴いている、ただし僕はこれは、カセットテープなのでCDにしたいなぁと思っている。

 あとは、、、

 「アル・ヘイグ・トゥデイ」

クリックすると元のサイズで表示します


1. Bags Groove
2. The Good Life
3. You Dont Know What Love Is
4. Satin Doll
5. Bluesette
6. Thrio
7. Brother Where Are You
8. Polka Dots & Moonbeams
9. Willow Weep For Me
10. Saudade

Ed DeHaas (bass)
Jim Kappes(drums)

1965年録音。

 僕はやっぱりLPで持っている。で、テープに落として実家から持ってきている。やっぱりCDにしたい。(逆の人が沢山入ると思うけど、、笑)。やっぱりどうのこうの考える事もなくただ癒されるために聴く。

 あと、2枚持っている。けどアマゾンとかで見たら7000円とか9000円とか書いてあって、(何じゃぁ!それは…と、、安いのもあるはず、、)だから簡単に紹介します(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


 こちらは、ベースのジャミル・ナッサーとのDUOとピアノ・ソロが交互に出てくる構成で、オール・ザ・シングス・ユー・アーや、煙が目にしみる等を作曲した偉大な作曲家、ジェローム・カーンの作品集。最後の曲にヘレン・メリルの歌が加わりさらに”ほっ”とする空間が流れる。

クリックすると元のサイズで表示します


 こちらはやはりベースのジャミル・ナッサーとのDUO。スタンダードばかり、私がスタンダード等の曲を覚える時によく聴いた。いや、今でも聴いている。

 今度は、、アル・ヘイグさんがサイドメンとしては、以下のアルバムに参加している(勿論他にもたくさんあるでしょうけど、、笑)のでそれも紹介してみます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


 で、最後に、、私が今ほしいのは、これ、

「アル・ヘイグ・カルテット」

クリックすると元のサイズで表示します


1. Sweet Lorraine
2. Tea for Two
3. You Go to My Head
4. You Stepped Out of a Dream
5. Undecided
6. Man I Love
7. Woody 'N You
8. Stella by Starlight
9. Someone to Watch over Me

アルヘイグ(P)
ベニー・ウィークス(G)
フィル・ブラウン(B)
テディ・コティック(ds)

1954年 9月録音

 繰り返すようですが、決して、イージーな演奏ではないのに、聴いていて、癒されるのです。だから夜、ほっとしたい時に聴くことが多いです。しかし、一旦”ぐっ”と聴き込むと、耳からはなれないですべてが勉強のように聴き入ってしまう。まぁ、一応僕もピアノを弾いてい入るので、誰を聞いてもそうなってしまうけど、研究モードでフレーズを拾って、コード拾って、、みると特にアル・ヘイグは、めちゃくちゃ上手いし、すごいし、古い感じの音の使い方だったりするけど、そんな事どうでも良い、本当に素晴らしいピアニストだと思います。

聴いたことのない方は是非、ご存知の方は、いろいろ教えてくださいませ。

それでは、、


なかにし隆(p)
4

2011/6/27

T.N.Q.のライブ無事終了!  ライブ・レポート

中区中町の”天空のライブハウス”JUKEでライブをしました。

クリックすると元のサイズで表示します


 最近はT.N.Q.のフランチャイズといえるライブハウスで、月一回のペースでさせて頂いています。

クリックすると元のサイズで表示します


 今回も定番のゲスト、サックスの福本久記さん、ギターの三浦審也さんをお迎えしてのライブでした。

クリックすると元のサイズで表示します


 おっと、顔が見えん(笑)


クリックすると元のサイズで表示します


 6月という事もあって、雨にちなんだ曲を集めて演奏しました。ジャズのスタンダードから童謡、カーペンターズにいたるまでをアレンジしました。オリジナルも勿論入れて、曲がたらなかったわけではないのですが、良い感じでアレンジが出来たジャズのスタンダードものを3曲ほど雨シリーズとは関係なく演奏しました。

クリックすると元のサイズで表示します


 今回も今録音をを聞きながらレポートしていますが、前回のこのメンバーの録音よりは落ち着いて聴けましたが、まだまだ、反省点が多いですね。僕のイメージしているのとちょっとずつ違うんですね。ゲストに入っていただいて、そのほうが良かった曲と、カルテットだけでやったほうが良い曲もみつけました。

クリックすると元のサイズで表示します


今のところやっぱり、メンバーは4人で、入れたい時だけゲストを入れてやろうかなと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します


 今後のT.N.Q.のライブは、

 7月8日(金)19:00〜尾道音楽のまちづくり ギャラリーコンサートにて演奏。場所は、しまなみ交流館(テアトロシェルネ) です。

 7月28日にドラムに吉岡洋充さんを迎えてやはりJUKEでライブをします。ゲストは、フルートの太田和孝さん

 8月15日(月)のお盆の真っ最中ですが、、名古屋から帰省中のサックスの小濱安浩さんとやはり、JUKEでライブします。

 9月22日(木)五日市の「ライフワン」にて19:00より、東京よりフルートの小島のり子さんのトリオをむかえて、T.N.Q.とのジョンとライブをします。 

クリックすると元のサイズで表示します


 今回もお越しくださった皆さま!どうもありがとうございました!
常連の皆さま本当に感謝します。近藤さん写真いつもありがとうござます。
JUKEのスタッフの皆さまお世話になりました。ありがとうございました。

今後ともどうかよろしくお願い致します。

なかにし隆(p)

15

2011/6/26

由紀ちゃんおめでとう!  

仲の良いボーカリストの因幡由紀さんが結婚されました。


クリックすると元のサイズで表示します



心にうそのない彼女のいろんな言葉や、しぐさの一つ一つに”ジーン”としました。


とても良い、結婚式でした。式に出てよかったです。


政美君と3人で演奏しました。

クリックすると元のサイズで表示します


だから、これは結婚式の仕事で3人で演奏しているのを写した写真ではないです。(笑)

お幸せに!!

なかにし隆(p)
5

2011/6/24

今日は、  ライブ等の宣伝

T.N.Q.のライブの日です! 時間は20:00〜、OPENは19:30です。

場所はライブ「JUKE」中区中町のクリスタルビルです。

チャージは¥2500-ワンドリンク付


クリックすると元のサイズで表示します



いつものメンバー、九十九清美(b)、石井聡至(ds)、宮本香緒理(Per)に、

ゲストで、三浦審也(g)さん、福山から福本久記(Ts)さんが参加してくれます。


 今日は”雨”にちなんだの曲特集です。ジャズスタンダードから童謡まで色々アレンジしました。オリジナルもあります。

 それとは別に、スタンダード曲の僕が頑張ってアレンジしたものを3曲ほど用意しています。

クリックすると元のサイズで表示します


これをご覧の方で、お時間のある方は、是非お越しくださいませ!!


なかにし隆(p)


4

2011/6/20

米子でライブ  ライブ・レポート

 広島のジャズクラブの老舗「ミンガス」のマスターでベーシスト、75歳で現役の井上博義さんのバンド、サウンドスケープで鳥取県観光事業団「夢みなとタワー4F」にある「ミラージュ」というスペースで演奏しました。

http://www.sakaiminato.net/site2/page/guide/point/history/live/

クリックすると元のサイズで表示します


メンバーは井上博義(b)さん、藤井政美(Sax)、吉岡洋充(ds)、に私。

 曲は一部は、LOVEがタイトルにつく曲ばかりを集めて演奏し、2部は私が全部選曲させて頂いて、季節を考えて”雨”をテーマに曲を集めました。私がアレンジした「てるてる坊主」をラストに演奏して、アンコールは井上さんや、藤井政美(Sax)君が即興で作ったブルースをやりました。


クリックすると元のサイズで表示します


打ち上げは、マグロ(とろ、ずけ)やイカの刺身、えび、いわがき、比内地鶏の焼き鳥、名前忘れてしまったけど、深海魚の干物を、日本酒で頂くという感じで、最高においしかったです。


クリックすると元のサイズで表示します


 鳥取県観光事業団の会長、桝田さんを囲んで、最後に記念スナップ!毎年この季節に桝田会長に招待して頂きます。この方は、「妖怪ジャズフェスティバル」とかも主催されているすごい方。井上さんとはもう20年来のお付き合いだとか。

http://www.sakaiminato.net/yo-kaijazz/


お越し頂いたお客様!どうもありがとうございました!!

 境港市観光協会会長枡田様、境港市観光協会のスタッフの皆さま、大変お世話になりました。ありがとうございました。

なかにし隆(p)
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ