2011/3/11

村田陽一さんと  ライブ・レポート

 トロンボーン奏者でアレンジャーの村田陽一さんと共演させて頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します


 場所は、広島市南区的場町の管楽器専門店「TAO」の2階ホール。(村田さんはやりやすいといわれてました。)

 あの、福山雅治 さんのツアーが広島であったので実現できたライブでした。(10年前の時は小野リサさん…)本当は3日間あったのですが、行われたのは初日だけで「東北地方太平洋沖地震」のため福山雅治さんの広島コンサートは延期になりました。。。東北地方太平洋沖地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 ライブは、村田さんのオリジナル曲、スタンダードジャズの曲等を織り交ぜながらやりました。村田陽一アレンジのクラッシックの曲もありました。

 選曲はすべて村田さん。メロディのわかりやすい曲を選んだとの事。


 メロディはわかり易くて聴き易いけど、演奏者側がうける印象は反対で、コード進行とかとても難しくて、アドリブSOLO演奏はもちろん、バッキングのコードワークも大変でした。(笑)

 とりあえず村田さんの人気でお客様にも集まって頂きまして、私もとりあえず一安心して演奏できました。とにかく皆様に感謝です。(笑)

 でも、もっともっと村田さんのブラスバンド、ビックバンド、ジャズ等々に対しての熱い思い等々に触れてほしいです。トロンボーンプレーヤーの方はもちろん、どんな楽器の方でもかまわないと思います。

 最近僕は、来広して、演奏してくださる素晴らしいミュージシャンと直接いろいろな事を話したり、話を聴いたりする事がライブする事と同じぐらい大事な気がします。共演させて頂いてる僕達だけの話にするのはもったいない。。

 最近では、廣木光一(g)さん、天野丘(g)さん、今回の村田陽一(Tb)さん…と僕ら出演ミュージシャンだけでなく周りの皆さんがそういったミュージシャンが触れ合う姿を見ながらどんどん確信します。だから今回お客様で最後まで残ったりした方も誘って皆さんで打ち上げにいきました。

 そのミュージシャンの方が時間が取れる場合は個人レッスンとかも出来たらどんどん実現したほうが良いです。(今回何人かの方がレッスンされたみたいです。。。)でも知識や、技術ももちろん大事ですが、メンタルな部分というか、そこがもっと大事な気がします。

 そんな素晴らしいミュージシャンとの時間が僕らの周りの雰囲気をどんどん前向きな方向に変えて行ってくれるといいなぁと思います。少なくとも自分は今までそうでした。素晴らしいミュージシャンの方と、いろいろなお話をさせて頂いてきました。もちろんいいことばかりではありませでした。いやな現実に出会うこともありますが、いろいろ考えて取捨選択して音楽だけではないいろんなことを学ばせて頂きました。とはいえそんな僕はまだまだですけど(笑)

 そんなこんなを続けて周りのみんなとどんどん盛り上がって、音楽の力で地域に役に立つことが出来たらと思います。

 村田さんのブログに僕らの今回のライブの事が書いてあってとても嬉しいです


 東京近郊とかではたくさんライブされていて、大阪は2ヶ月に一度らしいのですが、その他の地域ではライブされたりするチャンスはないとの事で、大阪以外ではこうした地元ミュージシャンとのセッションは珍しいとの事。でも村田さんのブログにも書いてあるのですが、次回を考えてます。

 次回はもっといろいろな企画ができたらなあ!と思っています。管楽器プレーヤーのかたは、特にトロンボーンの方は村田さんのページは要チェックしてくださいませ!ビッグバン殿クリニックとかいろいろな企画がたっていますけど、もちろんまだ決まった訳ではないですが、決ったら真っ先にこのブログにも書きます。


クリックすると元のサイズで表示します


 お越し頂いたお客様、本当にありがとうございました。
「TAO」のスタッフの皆さま、お世話になりました。

なかにし隆(p)




 
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ