2018/6/1

4462:悪代官  

 小暮さんが乗り気な雰囲気を醸し出してきたので、私は詳細な情報をスマホの画面を見せながら、示し始めた。

 「プリアンプのOCTAVE HP-300SEは、人気の高い商品のようでヤフオクでの落札実績も35万円から45万円ほどのレンジで数例あります。」

 「傷はまったくなく、オプションのフォノも付いていますから落札予想価格は40万円ほどでしょう・・・」

 「パワーアンプのRE-280 MK2は、数年前のデーターですが、落札実績があり26万円でした。これもおそらく25万ほどで落札されるでしょう・・・つまりプリとパワーのセットで65万円。」

 「ORACLE Delphi5はアームとのセットで40万円から50万円のレンジでしょうか・・・カートリッジのZYX AIRYは5万円ほど・・・カートリッジもセットで50万円という予測です。」

 「難しいのはスピーカーです。これはレアなものなので、落札実績のデーターがありません。さらに現在は輸入代理店が手を引いていて、正規には輸入されていません。輸入されていたころの定価が約250万円です。その約4分の1の60万円が予測される落札価格と思われますが、競ればもう少し高くなる可能性もあります。」

 「そして以外に高く売れそうなのが、フィニッテ・エレメントのラックです。10万円は堅いでしょう・・・すると予想落札価格の合計は185万円。リスクを差し引いて160万円。買い取り業者の査定は50万円から85万円ですから、概ね合っていると思います。」

 「一番高い査定額を付けた業者はヤフオク専門の業者で購入してから概ね1週間程度で売りさばいています。」

 「予想される利益は75万円から100万円です・・・」

 私は、「悪代官」をそそのかす「越後屋」の風情で、話し終えた。

 そして、「悪代官」役を押し付けられた感のある小暮さんは「その話、乗った・・・!」と即決した。

 「乗りますか・・・」

 「ヴィンテージを扱う店だから、店には置かないけど、ヤフオクで短期で捌いて利益を確保する・・・かなり堅い取引みたいだからね・・・この店は半分趣味に近いけど、続けていくには利益も確保しないとね・・・」

 「じゃあ、引取りの日程を決めましょう・・・レコードの時は量が多かったので引取りも半日がかりでしたが、オーディオ機器の方は2時間ほどで大丈夫でしょう・・・元箱はすべてそろっていますから、搬出が楽だと思いますよ・・・」

 「スピーカーの元箱もあるの・・・?」

 「ありました・・・かなり几帳面な方のようで・・・」

 「59歳か・・・癌で亡くなったの・・・?」

 「いえ、くも膜下出血です・・・夜遅く、会社のトイレで倒れたそうです。翌朝まで気づかれずに・・・すぐに誰が気付いていれば、命はとりとめたはずですが・・・」

 「そう・・・そういうのってちょっと悲しいね・・・」



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ