2018/7/26 | 投稿者: 鹿苑院

このところ、一人の故人のことばかりを考えている。週刊ファイト元編集長・井上義啓氏(通称:I編集長)。なおI編集長のことは過去にも書いた。
プロレスに哲学的・文学的意味を与え、それはそれは深い見方をする『活字プロレス』はこの人が元祖である。弟子にターザン山本、金澤克彦の両氏がいるといえばその偉大さがわかる。

I編集長が世を去ったのは2006年。K-1やPRIDEのブームの陰でプロレスが未曽有の不況に喘いでいた暗黒時代の真っ只中である。
僕のように心が狭いプロレスファンと違ってI編集長はK-1やPRIDEにも造詣が深く、それらとプロレスの良い所を融合した「プロ格」に移行せねばプロレスは生き残れないと晩年はずっと書いておられた。
先日読み終えた下記の本のタイトルにもなっている『殺し』がレスラー・格闘家にはなければならないと言うのがI編集長の口癖だった。
『殺し』とはまあわかりやすく言えば、たとえ筋書きのある試合だったとしてもいざとなれば相手を殺せるぐらいの実力に裏付けられた殺気とでも理解すればいいだろう。
一方で、昭和的な深い見方とは無縁のライトなプロレス・格闘技ファンを「平成のデルフィン」と呼んで批判的であった。


クリックすると元のサイズで表示します



今、プロレスは見事に人気を取り戻し、復興を果たした。まずは親愛なるI編集長にこのプロレスの隆盛を見てもらいたかったと惜しむ気持ちが僕の胸中を占めているのだけど、ではもし本当に今のプロレスを見たらI編集長がなんと言うだろうか──このことを最近ずっと考えているのだ。
一昔前のような乱闘も流血もなくなった今のプロレスを支持するファンは紛れもなく「平成のデルフィン」であろう。『殺し』のないプロレスが一世を風靡し、「プロ格」に移行しなくてもプロレスは生き残った一方で、K-1やPRIDEは滅んだ。
ということは最後のI予言ははずれたようにも思えるし、昭和的な活字プロレスがなくなってデルフィンが跋扈する未来を予言しておられたようにも思える。このことを考え出すと、それこそ「底が丸見えの底なし沼」にはまっていく。

実は学生時代に大阪の街を歩いていたら、I編集長によく似た人が自転車でゆっくりと目の前を通り過ぎたことがある。本人だという確信が持てなかったので話しかけられなかったし、今思っても当時のI編集長にしては若すぎるように思えるからおそらく別人だったろう。
希望するファンには喫茶店で持論を何時間でも語る、「喫茶店トーク」が有名だった。頼めば会えるチャンスはあったかもしれない。亡くなる前に会っておきたかった人である。
0

2018/7/23 | 投稿者: 鹿苑院

この人の場合は死去とか逝去とかいうより昇天というのが適切かもしれないが。

このブログでも何度か取り上げてきた、イエス・キリストの生まれ変わりを自称する政治活動家・又吉イエスさんが亡くなった。
最初は冗談かと思ったのだがあれは本気で言っていたらしく、だとするとひどい妄想に憑りつかれているというべきだが、アメリカ合衆国皇帝・ノートン1世に似た、どこか人々に愛される妄想家だったのではないだろうか。

実際に氏に接した人が口を揃えて言うのは、とにかく優しく気配りを忘れない温厚な人柄。どうやら政治活動家になる前は学習塾を経営していたらしく、その時の塾生の思い出を綴った文「僕とイエスと掘っ立て小屋」はネット上で有名である。
同じ神を自称する人間でも、ついこの前地獄に行った某尊師とはまるで違い、あくまで人間界のルールを守り、犯罪に手を染めず、どんなに選挙に落ちてもそれを逆恨みしてテロなど起こしはしなかった。これはこれで立派な人だったと思う次第である。
1

2018/7/17 | 投稿者: 鹿苑院

信じ難いほどのことだが、オウム信者でもないのに麻原らの死刑執行に対して抗議をしている連中がいるという。それは誰かと尋ねたら、日本におけるバカ発言の卸問屋ことサヨクの皆様である。
これは何も目立たないところでコソコソ言っているのではなく、テレビで堂々と言っているのだから呆れる。どサヨクバラエティとしてある意味大人気の「サンデーモーニング」などにその論調が強く、お決まりのように安倍政権批判にこじつける所までワンセットである。

僕は死刑廃止論者だった時期もある(今はそうでもない)が、それにしたって麻原と坂口弘だけは吊るしてから死刑廃止の議論を始めるべきだと思っていた。基本的には死刑廃止論者でもこいつだけは生かしておいちゃダメだという奴はいるのだ。それは死刑廃止論者ではないと言われればまあそうかもしれないが…。

で、サンデーモーニングでの論旨の根拠は「死刑廃止は世界の潮流だから」という。とんだお笑い草である。
世界の潮流に乗れというのなら、共産党の非合法化と憲法9条の改正・自国軍の保持が最優先になるが、奴らサヨクはそれには血相を変えて大反対するだろう。
世界の悪い所だけを真似せよ、良い所を真似するなとわざわざ言っているこの連中は、よほど日本が嫌いなのに違いない。


追記
麻原の遺骨を太平洋に散骨するなど言語道断である。海を汚さないでほしい。
0

2018/7/15 | 投稿者: 鹿苑院

アンゴルモア放送開始記念に。

0

2018/7/9 | 投稿者: 鹿苑院

加藤剛さんが亡くなった。報道やネットを見て、一般的には加藤剛さんの代表作は「大岡越前」だったのかと知ったぐらいなもので、僕にとっては誰がなんと言おうと「風と雲と虹と」の平将門公である。書籍で将門公の活躍を辿る時、思い描くイメージでは将門公の姿は加藤剛さんで脳内再生される。
生前のインタビューを見ると、大意で「みんなが笑って暮らせる世の中にしたい」というようなことを言っており、まさしく将門公じゃないかとジンときてしまった。



この動画での将門公の演説は、やはり製作された年代の制約なのか、戦後左翼の共産主義の影響を少し嗅ぎ取ることができる。しかしそれを差し引いても、最高にカッコイー将門公の勇姿が凝縮された名シーンである。
0

2018/7/6 | 投稿者: 鹿苑院



ホーガンの勇姿を見られる日はもうないと思うが、一度の過ちで埋もれさせるにはあまりに惜しい。
0

2018/7/4 | 投稿者: 鹿苑院

アンゴルモアというアニメがもうすぐ始まる。歴史物アニメといえばほとんど戦国か幕末と限られている中、なんと珍しくも元寇がテーマである。なお、我らがみかこしも出演する。これは見るしかない!
0

2018/7/1 | 投稿者: 鹿苑院

魏の五代皇帝・曹奐は晋の司馬炎に禅譲すると陳留王になった。後漢の献帝が魏の曹丕に禅譲した時には山陽公になっている。王と公では王の方が上だから、同じ前時代の皇帝でも曹家の方が手厚く扱われたことになる。陳留は後の開封のことであり要地であるから決して田舎に追いやられたわけでもない。

三国時代を日本の戦国時代に例える時、司馬懿は徳川家康にあてはめられることが多いが、両者には決定的な違いがある。家康は260年に及ぶ長期政権を築くことに成功したが司馬懿の西晋は50年で滅びている。ちゃんと責任を持って国の統治に当たっていた徳川幕府と、民のことなどお構いなしに皇族同士が帝位を巡って殺し合っていた西晋の違いである。

さて、陳留王の曹家はというと、西晋が滅亡しても続く東晋、さらにその後の劉宋の下で王位を保ち続けた。魏の滅亡から実に200年以上、要地の王であり続けたわけである。
0




AutoPage最新お知らせ