2018/3/31 | 投稿者: 鹿苑院

麻生大臣の「森友の方がTPPより重要だと考えているのが日本の新聞のレベル」という、至極真っ当な正論。それに対する中日新聞の今朝の記事がこれ。

クリックすると元のサイズで表示します



唖然呆然である。かねがねアホだと思っていたが中日新聞はここまで腐っていたのか。
百田尚樹さんの時もそうだったが、マスコミが一番怒るのはマスコミ批判らしい。「これまで多々ある暴言の域を超えている」「報道機関をおとしめるような暴言は看過できない」とはなんたる言い草か。報道機関の人間自らが言うことか。百歩譲って麻生発言が暴言だとしても、その被害を受けたのは新聞社だけなのだから会議室で内輪で話し合えばいいことで、記事に書くような事ではない。著しく公共性・公益性に欠ける。

さらに、毎日のように安倍政権への批判を散々に書いているくせに、自分たちへの批判は暴言としか思わないのか。自分たちの政権への批判はOKだが自分たちへの批判は許さんぞというわけか。
日頃は集団で誰かの陰口をたたいているくせに、メンバーの誰かが外部から何か言われると「◯◯ちゃんにひどいこと言わないでよ!」と逆上するブス女グループと同じメンタリティだ。

麻生大臣の言う通り、これが日本の新聞のレベル。麻生大臣の辞任を求めるよりもまず、これを書いた記者を新聞社はクビにするべきで、中日新聞も廃刊が検討されていい。
0

2018/3/22 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


アガサ・クリスティの名探偵ポアロシリーズの一つ。ただし本作ではポアロの目覚ましい推理はなく、巨大な国際犯罪組織に立ち向かうスパイアクション映画のような作品になっている。ゆえに推理小説を期待して読むと期待ハズレとなり、クリスティ作品の中では駄作との評価がされることが多い。

国際犯罪組織・ビッグ4は中小の事件を繰り返し、その一つ一つにポアロが挑みながら核心に近付くストーリーになっているが、元々は短編を一つの作品にするべく無理やり繋ぎ合わせたからそういう形になっているらしい。
また、この執筆前後に夫の不倫で悩んで失踪事件も起こしており、メンタルが不安定だったこともある。短編同士を繋ぎ合わせる部分は夫の兄が協力して加筆した経緯があり、純度100%クリスティの作品と言えない所も低評価の一因か。

個人的には、確かに本格推理は読めなかったものの、誰も信用できない虚々実々の駆け引きとハラハラドキドキの冒険が意外に面白く、これはこれで満足した。
0

2018/3/13 | 投稿者: 鹿苑院

稲村亜美というタレント(俺はこの人については今回の件で初めて知った)が中学の野球大会の始球式を務めたところ、数百人の中学球児が殺到したという事件。



これ、本人は何もされていないと主張しているそうだが、そもそも野球関連の仕事で世に出たタレントなので仕事に影響することを考えればそう言わざるを得ないというのがおそらく真相で、Twitterに触った自慢を書き込んでいる奴がいるぐらいなので集団痴漢であることは疑いの余地が無い。


それだけでもけしからん話だが、これが日刊スポーツのペンにかかるとこうである。

「見守った球児たちも、球速表示以上に伸びのある高めの直球に感激した様子で、登板を終えると次々握手を求めていた。」

は? 握手??

まず、新聞というものは極めて倫理感の低いメディアであって、平気で事実をねじ曲げるものだということは現代の基礎知識として知っておくべき常識である。そして新聞は擁護すると決めたものはどんな無茶な屁理屈をひねり出してでも擁護するし、批判すると決めたものは火のない所に煙を立ててでも批判する。球児というものは擁護されるものに属する。

建前上、球児とは「美しい汗をかく純粋で健全なもの」とされているから(信じがたいことだがこんな見え透いたウソを本気で信じている人が世の中には多数いる)、新聞はどういう無理をしてでもこういう工作をする。
もしこれが「握手会を終えたアイドルにオタクが殺到」だったら新聞は擁護するだろうか。絶対にしない。

一般に中学・高校の男子というものは3分に1回はエロいことを考えているものである。いや、3分に1回ならまだ控えめかもしれない。それが純粋で健全なわけがない。そういう所から最も遠い所にいる存在というべきである。
ましてやスポーツをやっていると礼儀正しくて爽やかという笑っちまうようなステレオタイプがまかり通っているが、僕の学校でも乱暴者は何らかのスポーツをやっている者と決まっていた。
人生で最高潮というべき溢れんばかりの性欲と、鍛えた腕力と、勉強しないから後先考えない暴走力を持っているのが中高生スポーツマンである。こんな世の中で最も醜悪な生き物が純粋で健全なんて悪いジョークだ。
0

2018/3/12 | 投稿者: 鹿苑院

モリカケ問題など実に、まったくもってどうでもいい。国政の場にいる者たちが9億円ぽっちでガタガタ言わないでほしい。
こんなくだらないことを理由に安倍総理が辞任するようなことになったら日本はどうなる。安倍総理でなければ憲法改正はまた遠のくだろう。喜ぶのは中国や北朝鮮である。共産党や社民党や立憲民主党がこのくだらない問題を執拗にわめき続けるのは、まさに中国や北朝鮮の代理人だからに他ならない。
0




AutoPage最新お知らせ