2015/8/31 | 投稿者: 鹿苑院

御存知スイスは永世中立国である。永世中立国という言葉とハイジなんかのイメージから、のどかで平和な国というイメージがあるかもしれないが、国民皆兵の徴兵制であり、一般家庭にも核シェルターが標準装備されている。進学や就職で国外に出ているスイス人も例外ではなく、兵役の時期が来たら帰国して軍に入らねばならない。永世中立ということはどこの国とも同盟しないということなので、安保も集団的自衛権もないから徴兵して自国を自分たちの手で守るしかないのだ(←ここ重要)。

SEALDsと称する高校生の団体が近頃新聞やテレビでもてはやされている。「高校生も頑張っている!」と持ち上げて、やたらと「若者主体のデモ」とマスコミが強調したがるのはいかにも高校野球が盛り上がる国らしいなと苦笑いするしかない。
SEALDsを指して、「戦争に行きたくないという利己的な考え」と発言した自民党の議員がいて散々に批判された。オレもこの議員は批判されて然るべきだと思うけど、SEALDsの胡散臭さも相当なものである。まさかあれを見て「近頃の若者も捨てたもんじゃないな!」などと無邪気に感心している純真無垢な大人はいないだろうな!?

スイスの例を見てもわかるように、安保と徴兵は二律背反・二者択一である。官邸前でデモをやっているサヨクの言うような、安保が成立すれば徴兵制になるというようなセットの物ではない。どちらかを選べばもう片方は必要ない。しかもどちらも採らないというわけにはいかない(どちらも採らなかったチベットがどうなったか見よ)。
だから、徴兵制が嫌で戦争に行きたくないのなら安保に賛成して集団的自衛権を確立するしかない。
そう考えればSEALDsはじめサヨクの言っていることはまったくとんちんかんだし、「徴兵も嫌、安保も嫌」と言っているだけ。あれイヤこれイヤは子供の駄々と変わらない。そう、SEALDsは駄々をこねているだけの子供である。まあ野球をやっているだけの高校生がちやほやされる国だから駄々をこねるだけの高校生も頭の軽い大人にちやほやしてもらえるのかもしれないが。
0

2015/8/30 | 投稿者: 鹿苑院



(承前)
比較するとみかこしのなんと正統なことよ。やはりスタチャの次世代は大手門の大将はみかこし、搦手の大将はすみぺとするのが一番良いように思う。
0

2015/8/30 | 投稿者: 鹿苑院



近頃上り調子、四天王の中で最も勢いに乗っている感のあるすみぺなのに、どうしてこんなアホな曲を歌うことを断らなかったのだろう…。
ただまあ、非常に頭に残る曲ではある。これはこれで悪いというものでもない。すみぺならもっと共産趣味要素のある曲が良かったけどね(ちゃんとCD買いました)。
0

2015/8/29 | 投稿者: 鹿苑院

このブログでは今まであまり区別しなかったが、ネット上では「左翼」と「サヨク」はニュアンスがやや異なる。

「左翼」は改革派という本来の意味での左を指す。どこの国にもこれはいるが、自国や自国民のためを思った結果の改革派である。
「サヨク」は日本独特の存在で、中韓に阿る反日売国の連中を指す。この連中にとって日本や日本国民はどうでもよい。

日本には左翼がおらずサヨクしかいないと言われる(このブログであまり区別していないのはそのため)。
共産党や社会党(日本では社民党)は労働者の味方になって資本家と戦うのが本来の役目だが、それをおろそかにして売国ばかりに精を出しているためブラック企業がはびこっている現状は以前に指摘した。

だからまあ、このブログの読者で、サヨクでない左翼(日本にいる可能性はツチノコ並みだと思うが)の方がいて、オレの左翼批判にカチンときている方がいらっしゃったら御容赦されたい。
ある意味で、儒教の撲滅を願っているオレも改革派の左翼(断じてサヨクではない)と言えるかもしれないのだから。
0

2015/8/26 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


幕末の長州藩主・毛利敬親。今年の大河ドラマでは北大路欣也さんが演じているが、この肖像画を見るとムラマツキャップにそっくりだなと思う。御存命なら小林昭二さんに演じてほしかった。
0

2015/8/25 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


太平洋戦争中の日本の総理大臣だった小磯国昭は、戦後、戦犯として逮捕された。彼は朝鮮総督を務めたことがあるが、その時に「朝鮮の虎」というあだ名を付けられていた。このことがGHQの検事による尋問のタネになった。
「将軍は、朝鮮のトラと呼ばれている。トラは侵略的ないきものである。その理由をお答え願いたい」
…なんというか、虎を獰猛とか攻撃的とかいうなら話はわかるが、侵略的ってどういうことやねんと思うが(侵略的ないきものというものをもし定義するならブラックバスやアメリカザリガニを指すべきだろう)、小磯の答えがなんとも面白い。

「たぶん、歴代の朝鮮総督のうち、ご覧のとおり私が一番の醜男だ。この顔がトラに似ているからでは」

速記を取っていた女性速記者が笑い出し、検事も「よく分かった」と了解し、それ以上これについて突っ込まれることはなかった。

余談だが、オレは小磯国昭を見るとどうしても藤原組長に似ているように思えてならない。
「将軍は、朝鮮の藤原組長と呼ばれている。藤原組長は雪の札幌テロリストないきものである。その理由をお答え願いたい」と尋問したら、小磯元総理はやっぱり同じように返したのだろうか。
0

2015/8/24 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



「へうげもの」で加藤清正が今わの際に思い浮かべた記憶。あの後金(清)の初代皇帝・ヌルハチとの邂逅。史実ではおそらくこの両者が対峙したことはないと思うが、男同士の言葉の壁を越えた友情が描かれた美しいシーンである。

野暮を言えば、ヌルハチは明を滅ぼすことはできなかった。それには第三代・順治帝の時代を待たねばならず、しかも明を滅ぼしたのは清ではなく李自成の順である。清も明と交戦していたが、順が明を滅ぼすとぬけぬけと「明に弓を引いた朝敵・順を征伐する」と唱えて中華本土に進攻し、北京を占領している。

なお明の遺臣が清への抵抗運動のため日本(徳川幕府)に応援を求めたところ、「太閤の朝鮮出兵で外征には懲りたから」という理由で日本は動かなかった。その時にはむろん加藤清正はこの世の人ではない。
3

2015/8/23 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


泰平の眠りを醒ます上喜撰 たった四杯で夜も寝られず

ペリー艦隊の四隻の蒸気船にかけた狂歌で有名な煎茶・上喜撰。これがその現物である…と言いたいところだが、上(正)喜撰、喜撰というのは煎茶の銘としてはポピュラーなものであるためいろんな店がその名前の茶を出しており、今回買った上林春松のこれが狂歌の作者が指したものかどうかはわからない。なお上林には「上」または「正」がつく「喜撰」はない。
ちなみに某店では「上喜撰」という銘で袋に黒船の絵を載せた深蒸し茶を売っているが、深蒸し茶は昭和になって発明されたものなので少なくともそれではありえない。

味はかなり美味しい。
近頃のグルメ番組では肉にしろ野菜にしろ飲み物にしろ「甘い」の連発で、甘味以外の味覚は認めないような風潮があるが、さすがに伝統ある上林はそんなお子様味覚の軟弱なブームに流されはしない。しっかりと渋味もあり、最初にガツンとくるその渋味が去った後に爽やかな甘味がやってくる。渋味は排除されるべきものではなく、甘味とのバランスを持って共存するべきものだ。

渋味、甘味ともに濃厚な骨太な味であり、それゆえにゴクゴクとは飲めない。小説片手にちびちびとやりたい。オレの探していた理想の茶に極めて近い味である。
0

2015/8/21 | 投稿者: 鹿苑院

ジャイアント馬場さんの必殺技といえば16文キックが有名だが、ここ一番の大勝負ではランニングネックブリーカードロップを使っていた。馬場さんの奥の手といえるだろう。

同じく御大・林原めぐみ閣下(注:この閣下という呼称はオレが勝手に呼んでいるのではなく本当にそう呼ばれている)の代表的な曲は「Give a Reason」だが、馬場さんにとってのランニングネックブリーカードロップのごとき奥の手は「JUST BEGUN」である。



ラジオは長寿番組だが、元々人前で歌うことをあまり好まないために「動いている閣下を見れたら貴重」とすら言われる。そのためキングスーパーライブの出演も最初は渋っていたそうなのだが、ついに出演をOKした条件が「JUST BEGUN」を歌わせてくれるなら、というものだったらしい。
あの林原御大が出る!という激震の原動力となった曲…にしては、優しく、そっと力づけられるような曲である。
0

2015/8/20 | 投稿者: 鹿苑院



実在した軍歌ではなく、ゲームの挿入歌。アメリカ人がソ連をイメージして作った曲なので、歌詞は極悪。曲調はかっこいい。
0




AutoPage最新お知らせ