2012/12/30 | 投稿者: 鹿苑院

歯学部の学生は実習の一環で技工士の真似事をする。蝋を捏ねたり、金属を溶かしたりして銀歯や入れ歯を作るのだ。ある日、不器用なオレにしては珍しくイメージ通りの物を作ることができた。自信を持って先生に見せると、「なんだこりゃ?」と言われてしまった。
先生の反応も無理は無い。勉強不足で、最初に思い描いていた完成イメージが間違っていたのだから、その通りにできたところで合格するはずが無かった。いかに上手く経過を運んでも、最初の目的を間違えていたら成功しないという良い例である。

この時期になると新聞やニュースでは「今年の10大ニュース」なんてのを選んで載せていたりする。日中・日韓関係の悪化がそれに選ばれていたが、ここで知っておいて欲しいことがある。
関係悪化と言われるとつい「どうにか改善しなきゃ。仲良くしなきゃ」と思ってしまいがちだが、外交の目的とは仲良くすることではなく、交渉によって自国の利益を得ることである。だから、対立している方が国益になるなら対立したままの方が良いし、時には椅子を蹴って「わしゃ怒っとんねんで」という態度を明確にするのも必要だ。

日本が米英に宣戦した時、イギリスのチャーチル首相が友人への手紙でぼやいている。

日本人は無理な要求をしても怒らず、反論をしない。笑みを浮かべてこちらの要求をすんなり受け入れてくれる。しかし、これでは困る。
反論する相手を説得し、ねじ伏せてこそ政治家の業績になるというものだからだ。そこで今度はさらに無理難題を要求してみると、これもまた呑んでくれる。
こうなると議会は、『今まで以上の要求をしろ』と言ってくる。無理を承知でそれを言うと、突然、日本人はまったく別人のような顔になって、『これほど、譲歩に譲歩を重ねたのに、こんなことを言うとはあなたは分からない人だ。事、ここに至っては、刺し違えて死ぬしかない』と言ってつっかかってくる」


結局、イギリスは日本の軍事力を見誤っており、イギリス東洋艦隊は日本軍の前に壊滅してしまうのだけど、チャーチルはこう言う。

日本人が最初からこれだけの実力と覚悟を持っていることをこちらにそれとなく教えてくれていたら、妥協する余地はいくらでもあったのに、それなのに日本人は黙って何も言おうとしないから、我々は大変な目に遭った


愛国者のオレでもチャーチルさんすいませんという気にさせられる。外交の手順とはまずお互いが100%自国にとって有利な手前勝手な条件を出し合い、そこから双方納得できる妥協点を探っていくものなのだ。

韓国の朴新大統領は「日韓関係なんてすぐ改善できるよ。日本が韓国の言い分を全部受け入れれば良いだけ」と発言した。傍若無人だし腹は立つけど、実は外交の定石通りの第一手であって、特にとんでもない発言というわけではない。日本としては呑む必要が無いし、先方ももしまともな外交感覚を持っていたらこのまま呑ませようとは思っていないはずである。
0

2012/12/28 | 投稿者: 鹿苑院

絶対公平でも中立でもないでしょこれ。

クリックすると元のサイズで表示します


・七亜丙邁函法 屬修弔覆・泙箸瓩討澆泙靴親盂奸ラ
松本哉 「まぐれ敗者復活内閣」「期待度ゼロ内閣」
椎名千恵子 「福島圧殺内閣」
金子勝(慶大教授) 「逆戻り内閣」
大田昌秀(社民党、元沖縄県知事) 「改憲内閣」
北原みのり(エッセイスト) 「ネトウヨ内閣」
宮崎学(作家) 「国防軍オタク内閣」
森田実(政治評論家) 「極右はしゃぎすぎ内閣」
辛淑玉(人材育成コンサルタント) 「厚化粧内閣」
国分功一(高崎経済大准教授) 「学力低下内閣」



北原みのりを出すとかもう新聞じゃないでしょこれ。報道機関たることを放棄してるでしょ。単なるバカ左翼の落書き。朝日や毎日でもなかなかここまで露骨にやらないよ。政治部長が岡田克也の実弟だからか?
聞いてみたいが、安倍支持じゃない人でもこれを見たらなんかおかしい新聞だなって思わないか? 大新聞がこんなことを堂々とやってるんだから、そりゃ子供のいじめもなくならんわ。
1

2012/12/27 | 投稿者: 鹿苑院

12月27日だから大勢至菩薩の話をしよう。阿弥陀如来の2番弟子で午年の守り本尊である(ちなみに1番弟子は彼の兄である観音菩薩だ)。

この師弟で「阿弥陀三尊」という3人ユニットを組んでいたりするが、観音菩薩はソロ活動でも大活躍しているのに対して、勢至菩薩はソロで祀られていることがほぼ無い。オレの知る限り、知恩院の勢至堂くらいのものである。なぜ知恩院にそれがあるのかといえば、法然上人を勢至菩薩の化身とする信仰があるからだ。
なお、浄土真宗では阿弥陀如来をソロで祀ることになっていて、阿弥陀三尊にはしないという建前なのだけど、ちゃっかり左右に観音菩薩の化身たる聖徳太子と勢至菩薩の化身たる法然上人を配していたりするので、これも形を変えた阿弥陀三尊と断定して差し支えあるまい。

ちなみに観音菩薩が慈悲の菩薩なのに対して勢至菩薩は智慧の菩薩である。知性派なのだが力もなかなかなもので、経典には「ひと踏みで三千世界や大魔王の宮殿を揺るがす」と書いてある。賢い上に強いなんてステキだ。
0

2012/12/26 | 投稿者: 鹿苑院

今日は徳川家康公の誕生日。そんなことを大事に思っているのはオレだけかと思いきや、こんなイベントが行われていた。同じサイト内に生誕370年と470年とが混在しているのは目をつむるとして、NTTもなかなか粋なことをしてくれるじゃないか。
0

2012/12/26 | 投稿者: 鹿苑院

フジテレビ「とくダネ!」、またも偏向捏造報道。韓国にノロウイルスは無いとの放送。

クリックすると元のサイズで表示します


ちなみにちゃんとしたニュースではちゃんと報道されている。朝鮮日報にすら書かれている。

日本国内でウイルス変異株出現・韓国ではノロウイルス汚染、キムチ751トン
年末年始が怖いノロウィルス・パンデミック
リアルライブ 2012/12/23
http://npn.co.jp/article/detail/16589588/

西安東農協・豊山キムチ工場が先月9日から今月4日にかけて生産したキムチや調味料751トンが
ノロウイルスに汚染された可能性があることが分かった。このうち50トン余りのみが回収できた。

朝鮮日報 2012/12/6
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/06/2012120600765.html



これって非常にヤバイことなんじゃないかな? これ見て安全だと思って韓国産キムチ食った人が死んだらどうするの? 韓国をかばい続ける偏向報道もここまで来たらもう犯罪でしょ。
だいたい、反韓とか嫌韓とか関係無しに、日本と中国がノロウイルス出ててその間にある朝鮮半島が何も無いとか普通に考えておかしいと思わんか?

ちなみにこの番組、ノロウイルスにかかったら病院に行くなと言い出して2つの大学病院から反対のコメントが出ている。

小倉さん、ちゃんと謝罪してくれ。もちろん謝罪する時はかぶりものをちゃんと取ってからだ。この前みたいにカツラをかぶったまま頭を下げるなよ。
0

2012/12/25 | 投稿者: 鹿苑院

NHK大河ドラマ「平清盛」、最低視聴率は記録したものの終わってみれば良作だったと思う。なんでああも低評価なのか不思議なくらい。
「画面が汚くて見づらい」という苦情が多くあったらしいが、福山雅治の「龍馬伝」でも同じ様式の画面で、その時は「古い映画みたいで感じが出る」と評判が良かったのだから、世の中勝てば官軍なんだと思う。

見ていない父親に「結局どこまでやったんだ?」と聞かれてハタと困ったが、ちゃんと描かれていた「壇ノ浦まで」と答えておいた。本当はダイジェスト風に主要登場人物の末路まで紹介されていたので、時系列的には源義経の自害のシーンが一番最後になるか。

前にもちょっと書いたが、一般的な人気とは逆でオレは義経にはあまり魅力を感じず、頼朝の方に魅力を感じる。それはオレの平将門好きに理由がある。
将門公が成し遂げようとしていたのは東国に朝廷の力が及ばない武家王国を築くことで、後の時代ならそれは征夷大将軍とか幕府という言葉で上手く説明できたのだけど、その当時の語彙ではその言葉にそういう意味はなく、従って代わりに「新皇」を名乗らざるを得なかった──というのがオレの将門認識である。頼朝は将門公の理想を実現してくれた人なのだ。

その観点に立つと、義経が後白河法皇から勝手に官位を貰ったことの重大さも解る。オレも子供の頃は義経贔屓だったので「官位くらいでガタガタ言うなんて頼朝って心の狭いやつだなあ」と思っていたのだが、朝廷の力が及ばない武家王国の樹立を目指しているのに、あろうことかそのトップの弟が思いっきり朝廷の臣列に取り込まれているんでは武家王国も何もあったもんじゃない。頼朝以下、坂東武士団が積み上げてきたものを全部崩壊させかねないとんでもない失策である。すぐに義経が辞官してごめんなさいしちゃえば許してくれたかもしれないが、そのことに気づかず「何が悪いの? 源氏一族の誉れだからいいじゃんよー」なんて言ってたのだから頼朝のイラつきも相当な物だったろう。察するにあまりある。

徳川家康も頼朝贔屓で、「義経殺しちゃうなんて頼朝って残酷だよなー」と口走った家臣を叱責している。彼も頼朝同様に武家王国を築いた将軍なので、ここのところの道理が他人事でなくよくわかっていたのだろう。
0

2012/12/25 | 投稿者: 鹿苑院

日本人がクリスマスにチキンを食うのは海外から見ればかなり異常なことらしい。

チキンを食う理由は七面鳥の代用品なんだろうけど、いかんせんそんじょそこらに売ってないからなあ…。
「例えるなら、外人が日本を真似て年越しにペヤング食べるキャンペーンして「なんで大晦日にペヤングなんだよw」と俺らが失笑する感じ」
という指摘が的確かもしれないと思った。

それ以前に、「クリスチャンじゃないのにどうしてクリスマスを祝うの?」と心底不思議がる海外からの声もあった。本当にどうしてなんでしょうねえ。八百万の神の国だからキリストもイベントの神様として定着しているのかもしれない。


追記
昨日のローストチキンは美味かった。
0

2012/12/22 | 投稿者: 鹿苑院

マヤ暦の世界滅亡云々で、どこぞの専門家が世界中で名古屋だけは大丈夫。みんな名古屋に逃げろと呼び掛けをしていたが、結局世界は滅びていない。辻褄が合うように解釈すると世界中が名古屋化したというわけか。「世界が終わりになる」のではなく「世界が尾張になる」という落ちなのかもしかして。
2

2012/12/22 | 投稿者: 鹿苑院

最近の中日新聞は変だな…と薄々感じていた。なんか朝日と同じにおいがするのだ。
そのことを言ったら、「新聞ってのは中立だからいろんな意見を載せるんだ」と父親に言われたが、オレは納得できなかった。そもそも新聞が中立だなんて、これだけマスコミの偏向が叫ばれる今、信じている人の方が少ないだろう。その証拠にこんなにたくさんの人が怒りの声を挙げているのだ。



もし中立だというなら我々安倍支持者の側に立った記事もあるはずだが、見たことが無い。「そんなのは少数派の極端な右寄り意見だから載らないんだ」という言い訳も通用しない。だってわずか1週間前の選挙で右寄り路線を掲げた安倍自民は大勝したんだから。

で、中日春秋(朝日でいう天声人語に相当するコラム欄)に失笑してしまったので紹介しておく。以下、引用。


明治憲法が制定される際、枢密院議長の伊藤博文と文相の森有礼(ありのり)の間で論争があった。草案にある臣民の「権利」を「分際(責任)」と改めるべきだとの修正案に伊藤は「そもそも憲法創設するの精神は、第一君権を制限し、第二臣民の権利を保護するにあり」と反論した

▼臣民の責任を列挙するなら制定の必要はない。主権者である天皇の権力を制限し、国民の権利を守ることが憲法創設の精神であると明言したのだ

▼憲法の役割は、国家権力に歯止めをかけることである、という立憲主義の精神を、明治憲法の起草者が正確に理解していたことは新鮮な驚きだった

▼衆院選で圧勝した自民党の安倍晋三総裁は、改憲の手続きを定めた憲法九六条を日本維新の会などと連携して見直す考えだ。強い反対が予想される九条を後回しにして発議の条件である「三分の二条項」から手をつける戦術のようだ

▼自民党がかねて主張してきた九六条改正案を、憲法学者の小林節慶応大教授は「何をするか分からないのに危険なピストルを渡せるだろうか?」と自著『「憲法」改正と改悪』で批判しているが同感だ

▼国防軍ばかりが注目された自民党の憲法改正草案は、基本的人権を守る姿勢が大きく後退し、憲法が国家権力を縛る道具であることをまるで理解していないと思わせる条文が並ぶ。明治時代に戻って勉強し直してほしい。



「同感だ」とか「ほしい」という言い回しが使われている時点でこれはこの新聞社の立場を表している文だと受け取れる。断じていろんな意見を複合した中立的観点ではない新聞社の「個人的意見」である。
で、何が失笑に値するかというと、9条改正に反対する旨の文のくせに明治憲法を引き合いに出していることだ。国防軍どころか大日本帝国陸海軍の時代の憲法である。もしかしたらこの記事の筆者は戦後に明治憲法がスポイルされて日本国憲法に変わったことを知らないのではないかとさえ思われる。おまえこそ明治時代に戻って勉強し直せと言いたくなる。

ちなみに、中日新聞の東京版である東京新聞は、韓国産キムチに寄生虫が混入していた騒動の時に「なあに、かえって免疫力がつく。」と書いていた事実を付け加えておく。
児ポ法改悪問題でアグネス・チャンやらがはしゃいでいた時、中日新聞は反対の記事を載せてくれたからまともな新聞だと思っていた。なのにこんなことばっかりしてるとオレ、ドラゴンズを嫌いになっちゃうよ?

ついでに朝日新聞社が中立でない証拠も載せておく。3年前と今の週刊朝日の表紙。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


さらに歴代表紙。
クリックすると元のサイズで表示します

福田元総理は自民党だが親中派である。
1

2012/12/21 | 投稿者: 鹿苑院

今日はマヤ暦による人類滅亡の日らしい。きっと明日にはみんなで「何も起こらなかったじゃん」と笑い合っているのだろう。まったくお気楽なことだ。でもみんなは知らなくていい。人知れず地球の平和を守るのも我々ウルトラ戦士の仕事なのだから。

あ、ゾフィー隊長からのウルトラサインが空に浮かんだ。
「決戦に備えて各自警戒を怠るな」か。
よし、今のうちに鋭気を養っておこう。人々から笑顔が失われそうになった時、光の巨人は現れる──。
0




AutoPage最新お知らせ