2011/5/31 | 投稿者: 鹿苑院

ほっほう、イケメンではなくてもしてくれたら嬉しいことランキングか。

なになに、
11位「荷物を持ってくれる」
12位「食事をおごってくれる」
14位「プレゼントをくれる」
15位「車で送ってくれる」
17位「イケメンの友人を紹介してくれる」
19位「あれこれかまわず、放っておいてくれる」

なめてんのかてめえら、コラ。
これではただ良い様に利用されているだけである。19位は「イケメンでなきゃ近付くな」と言ってるのと同じだし、17位に至ってはふざけているとしか思えない回答である。このアンケートを掲載した責任者は、世の非モテ系男子がこれを読んで「そっか〜、イケメンの友人を紹介したら女の子に喜んでもらえるようになるのか〜」とばかりに無邪気に実行に移すとでも思ったのだろうか。だとしたら正真正銘のアホである。よくこんなアンケート結果を掲載する気になったなお前。非モテ系を甘く見るのもいい加減にしろ。
0

2011/5/31 | 投稿者: 鹿苑院

たまには珈琲でなく紅茶もいいもんだ。ティーバッグだがスリランカ産で、ぜひストレートでお楽しみくださいなどと強気な説明文が添えられていた。オレは1杯目は素直にストレートで飲んだが、なにか物足りなくて2杯目はミルクティーにした。良いお茶は出が悪いというが、そのせいか2杯目はいやに薄かった。

クリックすると元のサイズで表示します

タイトルに挙げた獅子の子の島とはスリランカを指す。
伝説では昔インドでライオンがどこかの人間の娘をさらい、これに子を産ませたが、その子は人間の里に帰りたがる母親を連れて父ライオンの留守中に逃亡する。ライオンは怒って人里に降り、妻子を探しながら多くの人を襲うので、国王は賞金を掛けてライオンを殺す勇士を募る。子はライオンが乱暴しているのは自分のためであるから、自分がこれを討伐せねばならぬとして出て行ったところ、ライオンは彼の姿を見た途端におとなしくなり、黙って討たれた。事情を知った王は約束だからと彼に莫大な賞金を与える一方で、父を殺した不義者を我が国に置くことは出来ないとして追放を命じる。追放された彼が海を漂流して辿り着いたのがスリランカで、彼はその国の祖となる。ゆえにスリランカ人は獅子の末裔を称するのである。
0

2011/5/30 | 投稿者: 鹿苑院

鹿苑院が「私は愛国者である」と自認する時、その愛する「国」とは国家や政府のことは指していない。私が愛するのは日本の歴史や文化である。聖徳太子が礎を築き、足利義政が完成させた物のことを指す。

「俺には愛国心なんて無い」という人に関しては、それはそれで良いんじゃないかと思う。そういう人間とはオレは関わらない、という突き放した無視ではなく、その考え方も理解できるからだ。自国だけを愛する心は他国を憎む心にしばしば繋がる。愛国心は戦争の元になることもある。だから愛国心なんて持たないという考え方にも私は敬意を表するし、外国文化にも興味を持つようにしている。
0

2011/5/29 | 投稿者: 鹿苑院

ああ、釈尊がここにいる──そんな思いに襲われながら、映画「手塚治虫のブッダ」を見た。全体的に残虐なシーンが多いのが少し気になるが、若き日の釈尊・シッダールタの苦悩、絶望を表すにはあのくらい描かなければいけないかもしれない。強い厭世観がなければ王子の位を捨ててまで出家しようとは思わないだろう。だからあのくらいの描き方でいいんだ、多分。

なお、水樹奈々さんのミゲーラも光っていた。声の張りが、顔に霰がポンポン当たるように心地良い。これがあのスマギャンのヘッドかと思うほどの迫真の演技である(←おい)。
眼を潰されたミゲーラは盲目のままで運命を受け入れ生きていく。キリスト教ならイエスが手を触れた瞬間に眼が見えるようになったとかいう話にしそうだが(新約聖書にそういう話がたくさんある)、そういう展開にしない辺りは奇跡を説かない仏教らしい。他の釈迦伝にはミゲーラに関する記述はないので手塚治虫氏の創作だと思うが、そういう仏教のなんたるかを心得た展開にしてくれたのは良かった。
0

2011/5/26 | 投稿者: 鹿苑院

オレは愛国者を自認しているが、それでも言う。橋下徹知事の、君が代で起立を強制する条例案は明らかに前時代的であり異常である。

やはり政治に関心を持つというのは大事なことだと実感する。紳助の番組に出て有名になっただけの弁護士しかり、日活俳優の兄しかり、「知っているから、有名な人だから」というだけの理由でどんな政策ビジョンを持っているかもろくに調べず一票を入れるのがいかに天下国家にとって有害であることか! 愛国者だから余計にそう思うのだ。
0

2011/5/24 | 投稿者: 鹿苑院

ニュースで、福島原発への海水注入をやめるように指示したのしなかったので揉める国会の様子と、それを見た地元の方々のしらけた反応を見た。「言った言わないなんてどうでもいい」という地元の人の言葉に共感する。

この論戦で一番男を下げたのは自民党の谷垣総裁ではないだろうか。与党も野党も協力してこの国難に対処すべき時だというのに、つまらんことを口実に噛み付いて政府の事態収拾活動の足を引っ張っているようにしか見えない。天災まで自分に都合良く利用して民主党を叩いて、そこまでして政権が欲しいですかと聞いてみたい。一言で言えば浅ましい。
0

2011/5/22 | 投稿者: 鹿苑院

今日は休日出勤で大阪(号泣)。セミナー会場のビルの窓からは大阪城が見下ろせる。個人的には日本有数の城の近くにそれより高いビルを建てるのはいけ好かない。岐阜城を見ろよ、誰もあれより高いビルなんて建ててないじゃないか。山の上にあるからできないだけだけど。

しかし大阪城も大阪のシンボルとしてよく頑張っている。大坂冬の陣での外堀破却、夏の陣での炎上、鳥羽伏見の戦い後の炎上、ゴジラとアンギラスによる破壊、ゴモラによる破壊…。そして今回は節電のためか、ライトアップが控えめである。ちなみに、同じセミナーの仲間に「節電のせいか寂しいライトアップですねえ」と言ったら、「大阪がケチなんでしょう」などと身も蓋もないことを言っていた。豊太閤もお嘆きであろう。
0

2011/5/22 | 投稿者: 鹿苑院

サコミズ隊長は珈琲の中でも特にエスプレッソが好きだった。もちろん真似をして過去一度飲んだエスプレッソは私には苦すぎて、普通の珈琲を愛飲しているのだが、今日は隊長を偲んでエスプレッソを飲んでみた。駅の売店で売っている安物だからなのか、ちゃんとしたカフェのものより少し薄かったのかもしれない。私にはこれがちょうど良く、美味しかった。これからはエスプレッソもありかもしれない。なんといっても隊長が愛した味なのだから。

ちなみに、エスプレッソは豆を深煎りしているため、それによってカフェインはほぼ揮発して失くなっているらしい。つまり胃には優しいが目覚まし効果はない。平日の朝に飲むには不適かもしれない。
0

2011/5/21 | 投稿者: 鹿苑院

仏像というのはどこまでも親しみ深く、それでいて宇宙の真理を表しているように深遠で荘厳な、そういう姿が最高である。言うのは容易いがこれほど難しいこともない。

オレが思う、それを達成している仏像。初めて出会った時は小学校の修学旅行だったが、まだ仏像ファンではなかった当時でも見入ってしまった。ある意味一目惚れのようなものである。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/17 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


おお、これぞ歴史的発言。我が主君が「徳川贔屓になびきそう」と!
0




AutoPage最新お知らせ