2013/4/28

愁ふ春  詩歌

旧暦3月19日

室内庭園(「邪宗門」より)
                 北原白秋
 
晩春の室の内、
暮れなやみ、暮れなやみ、噴水の水はしたたる……
そのもとにあまりりす赤くほのめき、
やはらかにちらぼへるヘリオトロオプ。
わかき日のなまめきのそのほめき、静こころなし。

尽きせざる噴水よ……
黄なる実の熟るる草、奇異の香木、
その空にはるかなり硝子の青み、
外 光 のそのなごり、鳴ける鶯、
わかき日の薄暮のそのしらべ、静こころなし

いま、黒き天鵝絨の
にほい、ゆめ、その感触……噴水に縺れたゆたひ、
うち湿る革の函、饐ゆる褐色、
その空の暮れもかかる空の吐息……
わかき日のその夢の香の腐蝕、静こころなし。

三層の隅か、さは
腐れたる黄金の縁の中、自鳴鐘の刻み……
ものなべて悩ましさ、盲ひし少女の
あたたか匂ふかき感覚のゆめ、
わかき日のその靄に音は響く、静こころなし。

晩春の室の内、
暮れなやみ、暮れなやみ、噴水の水はしたたる……
そのもとにあまりりす赤くほのめき、
甘く、また、ちらぼひぬ、ヘリオトロオプ。
わかき日は暮るれども夢はなほ静こころなし。

返句
妖木の甘き香りに愁ふ春

※「愁う」ことも「迷う」ことも生きていることの証である。
そこから詩が生まれるのだと思う。


2013/4/11

鈴  詩歌

二夜月

『鈴の歌T』(新潮文庫版阿部保訳「ポー詩集」より)

鈴つけた橇の音を聞け、
銀の鈴。.
彼等の歌は何という独楽の世界を先触するであろう
いかに鈴の音は夜の冷氣に
りんりんと鳴ることであろう
満天にふり撒かれた星屑は
澄んだ歓喜に
煌いていているかのよう。
鈴、鈴、鈴、鈴
鈴、鈴、鈴、※
鈴のさやかに鳴る音から
美妙に溢れ出るちりんちりんと鳴る音や
古北欧派の韻をふみ、
拍子、拍子も面白う。

(私注・※どう考えても不自然なので「から」という二文字を抹消。ここの「鈴」の七文字は「りん」と読むべきだと思う)

辺句として

鈴蘭の花揺れ止まぬ夕べかな




2013/4/9

4月  詩歌

二十九夜月

聖なる淫者の季節(「白石かずこ詩集」より導入部の一連)

『すでに
わたしは 入っていた
聖なる淫者の季節  4月に
没入する神の 失落に満ちた顔を
わたしは 太平洋の西でみた
彼は わたしの前にあり
声を とどかない一本の
電話線にねかせて
永遠へ 去っていこうとする
永遠とは 消滅であった』


辺句として
春愁や充電コード絡みあい

*白石かずこの詩集はどれも好きであった。でも愛読したのは20歳と21歳の2年間だけであった。彼女の難解な長編詩は意味は良くわからなかったが、青春の日の哀愁を感じた。それは遠く離れた恋人同士であったり、異文化への憧憬であったりした。この頃、私もまだ青春の中にいたのであろう。

2012/6/29

雲  詩歌

十夜月

たちのぼる南のはてに雲あれど
              照る日くまなきころの虚(おおぞら)

                           藤原定家



外寝して雲の流れを見てゐたり     修司


クリックすると元のサイズで表示します

2011/3/19

花桃  詩歌

                花桃     
         
吾が葬はこの花桃を燠とせよ


クリックすると元のサイズで表示します


*今の家に入った時、妻が桃の木を植えた。
大変立派な樹になって毎年きれいな花を咲かす。
彼女の一番の手柄だと思う。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ