2012/6/2

短歌二首  時々短歌

短歌二首

年毎に来る鴛鴦に沼さびてただ静かなる午後のさざなみ
千年の時を超えたる少女いて夢を語りぬ「更級日記」


タグ: 短歌

2011/3/11

無題  時々短歌

    短歌四首

むかしなら小町か式部音楽も
            語学も出来て何をのぞまむ

朝霧の入り江をゆっくり横切って
            海賊という優雅な暮ら

真夜の窓開け放ち見る天体の
            新墓(にいぼ)のごとき星の輝き

黒革のかばんの底に潜めたる
            人形の髪絡む指先

*あまりにまとまりのない詠みぶりなので題のつけようがない。
タグ: 短歌

2011/2/20

「鏡よ鏡」  時々短歌

         「鏡よ鏡」

  婆汁というものありと子に語る  
            昔話はかくも恐ろし

  イソップのあまたの癒しその中に 
            猛毒潜む心して聴け

  女王は白亜の城に住むという  
           「鏡よ鏡、私はだあれ」

クリックすると元のサイズで表示します


画像はサイト「帰ってこいよ紙芝居」からお借りしました。心よりお礼申し上げます。
紙芝居のほか、歳時記、童謡など楽しいサイトです。

http://blogs.yahoo.co.jp/pripri5884
タグ: 短歌



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ