2011/3/20

メタボラ  お題

大地震以後、何となく毎日が落ち着かず、テレビやラジオにかじり付いていた。
読書の習慣がどんどん遠のいてゆく。
そんなわけで何か面白い小説でも読もうと思って桐野夏生の「メタボラ」を読んだ。

この小説は、2005年11月〜2006年12月 朝日新聞に連載されたものなので、それなりの分量がある。
でも私は2日間で読み終えたので、面白かったのだと思う。
「思う」というのは、多くの桐野の小説には人間の業の深さが描かれていて、それ故不快な気分になることがある。
ネット自殺、家庭崩壊、風俗産業、若者の低賃金労働、不法労働、価値観の多様化から生まれる性の倒錯。
しかし、それは荒唐無稽な作り話ではなく、私たちの平穏な生活の中のすぐそばに横たわっているものである。
そんな不快な現実をみせつけられた時どうしてもページをめくる指先が鈍ってしまう。
また、桐野夏生の小説でよく言われることだが、終わり方がなんとなくサッパリしない。
この小説もまったくサッパリしない。でも、私にはラストシーンは泣いていた。
「ズミ、ズミ、上等」(ズミ=済み)
ジェイクのこの言葉の通り所詮不条理な悲しみや憎しみは、深く追求せず乗り越えてゆかなければ生きていけない場面も沢山ある。

クリックすると元のサイズで表示します

朝日新聞社刊¥2000(古書¥100より)

2011/3/5

春の雪  お題

お題は春の雪。

俳画の描き方に「匂い付け」と「べた付け」の二通りの描き方があるという。
たとえば「雛祭」という題の俳画を描く時、お雛様の絵を直接描くのが「べた付け」でそれ以外の物を持ってきて「雛祭」らしさを出すのが「匂い付け」である。
俳句には使わぬ言葉だけれども分かりやすい言葉だと思う。
さて、今回のお題は「春の雪」・・・これはべた付けの利かぬ季語であると思う。
たとえば梅の花と雪を持ってくれば「春の雪」になるが、明らかに悪い季重ねの例である。
「春の雪」という季語はうまい匂い付けを要求される季語だと思う。
ただ一つ落とし穴がある。
それは「天文・気象に属する季語はそれだけでなんとなく俳句になってしまう」ということである。
春の雪とい5音とあと何か12音を持ってくればなんとなく俳句になるという危険な季語である。
私が俳句を始めたころ「天文気象の季語は何でも俳句ぽくしてしまうのでなるべく使うな」と教えられた。
何となく俳句になってしまう危険を乗り越えて独特の「春の雪」らしさを出せたらよいと思う。

春の雪の例句

解けて行く物みな青しはるの雪   菊舎尼
夫の墓濡れつつあらん春の雪    今井つる女
籠さげて畦ゆく人に春の雪     野村泊月
くれなゐに仏の暮れる春の雪    吉田鴻司
手習のいろはを三度春の雪     山崎安子
土に木に深き爪痕雛の雪      森ちづる
日を浴びて春の雪舞ふ金閣寺    浜田智恵

例句は日外アソシエーツ刊「俳句嚢」より抜粋。

2011/2/25

最上の贅沢  お題

15時のおすし屋さんで好きなものをたのめる・・かなり贅沢です。
「とりあえず、海老からはじめて」なんていう、ぼけたことを言ってもおすし屋さんはそのとうりにしてくれます。
何しろ15時という時間はおすし屋さんも暇ですから・・・。



2011/2/12

糸遊  お題

クリックすると元のサイズで表示します


              糸遊

       糸遊や鏡よこぎる猫その他
       切り株に思索する猫春淡し
       草摘んで一人遊びの上手な子


*お題は「何でもよいから描いてみよう」とのこと。

フリーソフト「peint」とウインドー標準の「ペイント」を使ってお絵かきをしました。
フリーソフト「paint」を使うとわりとそれっぽいデザインが簡単にできて楽しいです。
ただ、開発途中なのか少々動きに癖があります。

2011/2/9

春浅し  お題

お題です。
春浅し

手ぬぐいに福寿の模様春浅し・自句


今朝は雪が少し降りましたが、昼頃らからお日様が出てきて暖かくなりました。
名ばかりの春ですが、午後からのおだやかさを思うと早春を感じられます。

この時期は春とは名ばかりで俳句を作るにも春の感じは出しにくいものです。
この時期を表す季語として私の好きな言葉に「春浅し」があります。

季語「春浅し」は立春が過ぎたばかりで、まだ降雪もあるし風も荒々しい頃の様子を表した言葉です。
新版・俳句歳時記によると『「早春」とほぼ同じだが、語感としては「春浅し」の方が情緒的である』そうです。角川の季寄せには傍題として「浅き春・浅春(あさはる・せんしゅん)春淡し」などがあげられています。
手ぬぐいを持つにしてもまだ、春らしい物ではなく温かみのある色や柄の物の方が合うような気がします。

その他「春浅し」の例句(俳句嚢より)

剥製の鳥の埃や春浅し   柴田宵曲
美しき人を見かけぬ春浅き 日野草城
猛獣にまだ春浅き園の樹々 本田あふひ

クリックすると元のサイズで表示します

福寿文字亀甲繋ぎ(インプレス刊・「和風コレクション」より)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ