2010/6/6

三昧境9  三昧境

三昧境9

餅つきの大臼とどろ据えにけり
産みたての温みがいとし寒玉子
軍手ながら穿ち馴れして右左
枯柳夕べを炊ぐ舫い船
畑埃立て寒鴉地に弾む
芋鉋焚火の序(ついで)作りもし
水洟の落つると見えて吸はれけり
毛糸玉編む娘に遠く転びつつ
繭玉に触るれば揺れのいつまでも
初富士をまなかひに見つ晴れ着きる
飼兎逃げたるそ庭のちちろ虫

          以上昭和28年

                「三昧境」俳句編完

クリックすると元のサイズで表示します

          大鵬子
タグ: 俳句

2010/6/3

三昧境8  三昧境

三昧境8

ひまわりや手打ちうどんを奢りとす
紫陽花のむつけき虫憎みけり
扇面に俳画乞われぬ句座の果て
短夜の大戸下せし老舗かな
かたわれの野茨朝な出勤す
昼厠児に伽き(とき)睡魔遂に来る
稲妻や閃き交はすふたどころ
持ち出づる月大杉の秀に得たり
稲妻に雨戸の穴を見つけたり
大の蛇児がなぶり居りひでり道
読みさしの花屋日記や芭蕉の忌
くずの花たそがれ永き杣の宿
農休のて手打ちうどんや蝉の昼
野周りのくわえ煙草や稲の出来
寝そびれて虫滋ければ人恋し
正座疲れに起ちて月を得たり
蜩や屋根にタールを刷き急ぐ
秋晴れの丘に建つ家見て過ぐる
虫の声いつしか灰に書き居たり
芋掘りの腰伸す電車また通る
障子操ればコスモスに置き郵便夫
花屋日記桃青の忌の机(をしょうき)

        以上昭和26年
タグ: 俳句

2010/5/31

三昧境7  三昧境

三昧境7
香によれば木犀なりし無月かな
たまゆらの風にあそべる葛の花
芭蕉忌や現世(うつしよ)の句風あきたらず
読みさしの猿蓑集や桃青忌
爽やかに箒目踏んで出勤す
嗅ぎよりて犬の去りたる夜番かな
草家戸に師走さまなる灯を洩し
宿下がり母の老けしが寂しかり
やぶ入りの髪伸ばし足る倅かな
初大師昏れて紙屑ふかれ居り
初髪の衿を抜きたる姑かな
かはたれの鰐口ひびき初大師
五月雨る戸走りに蝋引かせけり
大石斑魚(おほうぐい)料る五月の出刃を研ぐ
公園や五月の氷菓児は欲りて
今年亦孫に撹綱(あみ)買う皐月かな
真ん中に篭り老鶯独りきく
老鶯や正門は鎖し人住める

            つづく
タグ: 俳句

2010/5/29

三昧境5  三昧境

三昧境5

僚船は時雨に入りし港の灯
土間隅の茗荷が匂ふ夕時雨
病む社舎(いえ)に白きもの干す紅葉かな
喜多院の深山さまなる落葉かな
たばしりて木の実相倚るところかな
撞いて去る鐘いまだ鳴り木実降る
実を降らす幹の太さを抱いてみる
終日を縄なう簷(ひさし)駆菜かな
           以上昭和25年
タグ: 俳句

2010/5/28

三昧境4  三昧境

三昧境4

萩活けて坊のしじまに足る心
外風呂や高黍丸き月を懸け
秋晴れの島に物焚く煙かな
霞む島舟この内海(うみ)を瀬戸と言ふ
ダイヤルは予報に厄日ものものし
常の日の常の陽たりし厄日かな
病む牛に医を待つ厩夜寒の灯
杣曰くそは毒茸よ是もとや
秋晴れや山雀(やまがら)に擬す鵙の声
秋の灯が燭條を生む留め涙
朝霧の一番渡舟解かれけり
朝霧やはれて行く浮き澪標(みおつくし)
秋袷射垜(しだ)にゐ向ふ肌を脱ぐ
曼球沙華極まる朱に親しめず
秋袷去年の日記なつかしむ
厳選に我が句落ちたり柿を食ふ
我尿(わがゆばり)水に届かず冬の川
榾圍み(ほだかこみ)稲盗人のうはさかな

               つづく

タグ: 俳句



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ