2009/9/27

十五句、十六句  独吟「鳳仙花」

十五句 フラスコで酒を温める宴なり   温め酒 、秋
十六句 田子ノ浦まで雪を見に行く    雪 、冬

ボーっとしていて十七句目の花の座の準備が間に合わなくなってしまった。
ここは急いで冬の一句を出して雑の句をパス。

昔、単身赴任の男がめんどくさいのでコーヒー用のフラスコとアルコールランプでお酒の燗をつけていた。
少し酔った勢いで田子ノ浦まで雪の富士山を見に行く。
アパートから歩いて10分ほどである。
田子ノ浦には有名な
「田子ノ浦にうち出てみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ」
・・・という山部赤人の歌碑が建っている。
私が静岡県富士市に単身赴任していたときの実話である。

2009/9/25

十四句目  独吟「鳳仙花」

十四句 絶対逢えんと夜学子唱え 、夜学子 、秋

ziは亜鉛の化学記号(だと思う)。「絶対(zi)亜鉛」と語呂合わせて覚えた。

とにかく物理と化学は苦手であった。高校時代は赤点すれすれで切り抜けた。
そういえば当時「地学」という科目もあった。あれは絶望的だった。
音楽の用語(楽典とかいったか?記憶が定かではない)「フェルマータ」を「さるまーた」と覚えてそのまま答案したことがあった。
フェルマータの意味は未だによく分からないが言葉だけはしっかり覚えられてよかったとおもう。

思えばこんな勉強法でよく学生時代を切り抜けたものである。

他にも

二次関数に悩む二学期

2009/9/24

十三句目  独吟「鳳仙花」

月光に迷うことなき亜空間  秋、月の座

SF調のつもり・・・。

久しぶりにヤフーの掲示板を覗く。
とてもレベルの高い掲示板があるのに驚く。
お題を出し合いながら句歌を作っていらっしゃるのだが、その中に言葉の使い方がとても美しい方がおいでになる。

私にはとても真似が出来ない。
今日の句はその方に対する挨拶もこもっていたりする。


2009/9/23

十二句目  独吟「鳳仙花」

十二句  地デジアンテナそびえ立ちたり  雑

総務省から手紙がきた。
「地デジ移行に関する説明会のお知らせ」だそうだ。
あちこちの公民館やら何やらで説明会をするらしい。
ご苦労な話である。

少し前に私は地デジ化に反対するため「テレビ追放宣言」妻子に対して出した。
まあ、私自身テレビは一ヶ月の内でも十時間も見ていないのでなんでもない・・・。

しかし、妻と息子は違うはずである。
結局アンテナを替えたりテレビを買い換えたりした。
私にお声がかからなかったのは言うまでもない。
(しかし最近のテレビはインターネットまで出来るので驚いた。光ファイバーにしておいてよかったと思った)

2009/9/22

十一句目  独吟「鳳仙花」

十一句  夢の世に千年大国万歳と  雑


家庭があって国があるとでもしておこう。

今日したこと。
草むしり、墓参り、買い物、昼寝。
目がさめたら夕方。
なぜか目覚めたとき「千年大国万歳」という言葉が頭の中に残っていた。
夢を見たのだろう。
しかし、なんの夢なんだろうか?少しも覚えていない。
夢は跡形もなく消えて言葉だけが残ることがある・・・。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ