2009/12/17 | 投稿者: みーこ

締めに持ってきたのは、そうです

クリックすると元のサイズで表示します

まふりゃ〜です

毛足の長いふわもこマフラーを仕上げにくるっと。
こいつも今までのものと同じように作成

なぜ、マフラーか、おわかりですねw

マイブームになったものを、年賀状のモチーフとして入れることがあるのですが、
今年はイナイレにどっぷりハマってましたので、
ふぶたんのま〜ふらぁ〜〜だぁ〜〜〜

ちなみにFLOWにどっぷりハマッタ年には、
「Around the world」のPVをモチーフにしましたハート

とりあえず、次男坊の衣装は完成

続いて、長男坊やります♪
1
タグ: CG 3D 年賀状

2009/12/15 | 投稿者: みーこ

同じように、耳、腕輪も作成♪

クリックすると元のサイズで表示します

FiberFXはオブジェクト毎の設定なので、
耳は中と外で分けて、別レイヤーにして親子付けしておきます。

外はトラ柄のテクスチャ、中はテクスチャなしのカラーミックスに設定。
耳、腕輪はちょっと毛足を長く、「もこ」というか「ふわ」寄りにしたいので、
FiberFXのパラメータを毛が長くなるよう設定し直しました。

で、例によって、レンダリングして合成。

クリックすると元のサイズで表示します

耳の方は髪の毛となじむように、ちょこちょこマスクを描いてゆきます。
腕輪の方はブーツと同じく、前のみレンダリングで合成。

影とハイライトを衣装、肌、共に入れて完成

全体を見ると、素材の色味がなんか淡いので、
彩度、明るさ、コントラストなどをいじって、
衣装となじむように調整しました。

とりあえず、トラ柄部分は以上

続いて、衣装のアクセントというか肝というか、目玉というか…
とにかくそんなんを作ろうと思います

お楽しみに〜〜ウフフフフハート
0
タグ: CG 3D 年賀状

2009/12/15 | 投稿者: みーこ

年賀状制作の続き…

次は、トラ柄パンツを作ります♪
次男用に用意したのは、かわいいカボチャ型のパンツ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

こいつはボーンを入れました。
しっぽの部分はまっすぐ作ってボーンで曲げた方がキレイです

これをシーンに持っていって、素材をアタリに変形していきます

クリックすると元のサイズで表示します

で、ブーツと同じように、FiberFXを適用し、レンダリング

クリックすると元のサイズで表示します

ブーツとは少し違うテクスチャを作りました。
縞模様がちょっととぎれとぎれになってるカンジ。

ちなみに縞模様作成の参考にしたサイトはこちら
http://az-gazou.sakura.ne.jp/new/133new/new133.html

誰でもカンタンにトラ縞模様ができます

で、最後にブーツと同じく、体より前に出る部分を別にレンダリングして合成。
影とハイライトを加えます。

腰にあてた手はトリミングして上からかぶせました。
肌にも少し影を置いて、完成

クリックすると元のサイズで表示します

肌の影は、素材の肌の一番暗い部分を持ってきて、乗算すれば色味はカンタンです。
0
タグ: CG 3D 年賀状

2009/12/13 | 投稿者: みーこ

2000HITありがとうございます

いつも見に来てくださる方々から、いろいろ励みになるお言葉をいただきまして、
感謝の気持ちでいっぱいですハート

これからも、どうぞよろしくお願いします

いろいろと慌しくしているうちに、あっという間に年末になってしまいました。
年賀状作成の時期ですねぇ

今年は比較的時間がとれそうなので、
子供たちを使ったお遊び年賀状を作ろうかと思います

しかも、寅年
コスプレしがいがあるじゃあないのハートハート

お遊び年賀状は2007年以来はあまり凝ったのは作っていないんですが、
今回久々のCG合成バリバリばカンジでいこうかと思います。

ちなみに、2007年のお遊び年賀状はこちら
http://www2.ttcn.ne.jp/~meako/24.html



まずは、素材撮り。
子供たちをパンツ一丁にして(笑)、写真を何枚も撮ります。
素材写真が決定したら、フォトショップで丁寧にトリミング。
これが実は一番しんどい、特に髪の毛のトコが・・・

んで、続いて衣装作り。
といっても、お裁縫じゃなくCGですウッシッシ

クリックすると元のサイズで表示します

ブーツのモデリング。
今回はふわふわもこもこな、トラ柄の衣装にするので、
ブーツの毛の部分と、底の硬い部分をレイヤー分けしておきます。

レイアウトに持っていってFiberFXを適用。
トラ柄は「Color」タブでテクスチャを貼っておきます。
クリックすると元のサイズで表示します

さんざんいじってなんとか最適なふわもこ具合になったパラメータはコレ
クリックすると元のサイズで表示します

「Scale」が大きすぎると元のブーツの大きさからかけ離れてしまうので、
大きさがなるべく変わらず、毛も貧相に見えないバランスに調整。

「Dynamic gravity」は、変なグラディエント影ができるので、
チェックをはずします。
ついでにレイアウトの影も全てはずし、スペキュラも10%まで落とす。

真ん中らへんはどんだけカールするかとか、飛び出すかとか、
先細りするかとかなんだけど、ちょっとずつ入れてランダムな
カンジになるようにしました。

ちなみに地のサーフェイス色は黒1色にしました。

で、このままだと足入るとこの処理が面倒なので、
足よりも前にくる部分だけの画像をレンダリングします。

板ポリゴンを用意して、ちょうど足の入るあたりに置きます。
クリックすると元のサイズで表示します

板ポリゴンはマット(自己発光度100%、拡散レベル0%)な黒。
この板ポリのアルファチャンネルを黒にしてレンダリングすれば、
ブーツの足より前の部分だけがレンダリングされるわけです。
クリックすると元のサイズで表示します

これをフォトショップで合成。
最初のレンダリング画像、素材写真、足より前のみの画像の順で置き、
影とハイライトを手描きで加えて完成

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに影は黒じゃなくて、濃いオレンジっぽい茶色を乗算すると、
キレイになります。黒だと、ちょっとキタナイ感じです。

長くなりましたが、LW初心者さんにもわかりやすく説明できたら…
と思ってのことなので、お許しくださいませ〜

今後も制作過程をアップしてゆきます♪
完成をお楽しみに
4
タグ: CG 3D 年賀状




AutoPage最新お知らせ